天下デブ日和

歴史のことからドラマ、マンガ、さらには日々のぼやきまで色々言いたい放題!肩の力を抜いた脱力系エッセイ風。

麗 ウクとの別れ

2017-05-18 20:46:27 | 韓国ドラマ
昨日「麗」での別れを確認しました。
さらに、他の方のブログを見たり色々しているうちに迷宮入りしてしまった私(笑)

結局、訳し方にもよるかもしれないなぁと結論づけたものの、でも私なりの解釈を。
皇帝にヘスとの関係を打ち明けた事を「純粋な善意ではなかった」と言うように、ヘスへの未練がなければ、わざわざカミングアウトする必要はないはずなので、命がけとはいえやっぱり未練があるんだと言う私の解釈。
そして、「私の気持ちはわかってるはずだ」も、「麗」ではしばし沈黙があり、閉じていた瞳を開けて何か決心したように話始める。ここで、気持ちの区切りを付けたと捉えることも出来るけど、でも肩に手を置いてから抱きしめるあたりはやっぱり未練があると思うんだよね。
「若㬢」に於いてはあくまで若㬢の方が飛び付きに戻っているのに対して「麗」ではウクからきてるからね。

そして、最後に「今生ではここまでだ」と言いながら別れる。「若㬢」ではさらに「来世でまた会おう」と続いていたのに、それを言わないところもまた未練があるように思えて(笑)

とにかく、ウクも「若㬢」の8皇子も好きでした。でも、やっぱ私は結局4皇子が好きなのさ〜(笑)
またゆっくり観直ししたいなぁ〜。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若㬢と麗 | トップ | 韓流キャラ 位置づけ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。