いつもカバンに2冊の本を

刺激を受ける本を探し続ける終わりのない旅をしています。
みなさんに共感してもらえる素敵な一冊が見つかれば嬉しいです。

頭を使わないと理解できないところが難

2016-08-28 18:17:16 | 読書

ぼくは明日、昨日のきみとデートする 七月隆文



本の評価ポイント本の評価ポイント

「読書メーターで大反響!!」の帯の文字につられて、つい。
(本の抽選に当たらず、最近更新を止めてしまいましたが。)

これは難しい。
著者の仕掛けた謎解き?に大いに頭を悩ませてしまいました。
一度は真剣に”からくり”を考えてみましたが、途中で放棄です。
(書きたいのですが、これから読む方の邪魔をしてはいけませんので、あれこれ書かないでおきます。)

私だけかもしれませんが、どうもしっくりこなかったというのが本音です。
純愛過ぎませんか。

できれば二人をつなぐ決定的な何かが欲しかったと思ってしまいます。
(子どもとか、子どもとか、・・・。子どもしか思い浮かびませんが。)

有名人の不倫ニュースが後を絶たない昨今。
純粋過ぎて、年を取った人間には、あまりに美し過ぎて、納得感がありません。
(中年男のひがみが入っています。)

ところで、この手の物語って何だか切ないです。
特段のゴールが設定されていない物語を読んでいると、クライマックスで「一人じゃなくてよかった」、「家族がいてくれてよかった」と思います。
なぜだか急に老後の寂しい生活が頭をよぎり。(若かりし頃にはなかった感覚です。)

だから、やっぱり、読んでいても気持ちが暗くなることがない、気楽な「ビジネス書」を選択してしまいます。
こんな現象、やっぱり、私だけでしょうか。

----------------------
台風はどれくらい暴れるでしょうか?
我が子たちは、夏休み明けに再度休みにならないか、ワクワクしています。
そんな程度で済むとよいのですが。

応援よろしくお願いします。
    ↓
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本探しの一助に

2016-08-21 11:54:43 | 読書

読む価値のある本を探す手として、こんなアイデアに行きつきました。
ビジネス書作家が「紹介」、「引用」、「参照」する作品は、読書価値が高い一冊ではないかと。
そこで、コツコツ調べてみました。
私が読んだビジネス関係書籍で、紹介、引用、参照されている本です。
登場回数の多い順に並べています。
見たことある本ばかりになっています。

全80冊から拾い出しています。
http://www.geocities.jp/nokozowo/honkau/honkau.htm

 順位

 登場回数

 書籍名

 著者

 登場した本

人を動かす

デール・カーネギー

 ・私はこうして外資系トップとして仕事をしてきた(新将命)
・起業家のように企業で働く(小杉俊哉)
・遊ばない社員はいらない(髙島郁夫)
・本のある生活(財津正人) 
・ お金が教えてくれること マイクロ起業で自由に生きる(家入一真)

4 

孫子

孫子

・ハイパフォーマー 彼らの法則(相原孝夫)
・疑う力(西成活裕)
・競争力(三木谷浩史、三木谷良一)
・私はこうして外資系トップとして仕事をしてきた(新将命)

4 

ハイ・コンセプト

ダニエル・ピンク 

・お金が教えてくれること マイクロ起業で自由に生きる(家入一真)
・人を感動させる仕事 ソニー、ディズニー、アップルで学んだこと(前刀禎明)
・ハイブリッドに考える思考の技法(高津尚志)
・小さく賭けろ!(ピーター・シムズ) 

ビジョナリー・カンパニー2- 飛躍の法則

ジェームズ・C・コリンズ

・ハイパフォーマー 彼らの法則(相原孝夫)
・あなたの職場のイヤな奴(ロバート・I・サットン)
・ゴール(ブライアン・トレーシー)
・小さく賭けろ!(ピーター・シムズ)

論語

孔子

・バカの知恵(藪考樹)
・競争力(三木谷浩史、三木谷良一)
・なぜ、中高一貫校で子どもは伸びるのか(柳沢幸雄)
・私はこうして外資系トップとして仕事をしてきた(新将命)

エクセレント・カンパニー

トム・ピーターズ

・ハイパフォーマー 彼らの法則(相原孝夫)
・起業家のように企業で働く(小杉俊哉)
・小さく賭けろ!(ピーター・シムズ)

3 

ビジョナリー・カンパニー ―時代を超える生存の原則

ジム・コリンズ

・企業家(藤田晋)
・私はこうして外資系トップとして仕事をしてきた(新将命)
・小さく賭けろ!(ピーター・シムズ)

3 

7つの習慣-成功には原則があった!

スティーブン・コヴィー

・ゴール(ブライアン・トレーシー)
・ずるい考え方(木村尚義)
・一瞬で心をつかむ文章術(石田章洋)

 もう少し母集団が増えると面白い本が出てくると思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬に乗る人の気持ちを理解できた気がします

2016-08-20 10:52:57 | 読書

騎手の一分 競馬界の真実 藤田伸二


 本の評価ポイント本の評価ポイント本の評価ポイント

GⅠレース、かつ、東京競馬場(府中市)での開催時のみ馬券を購入する、なんちゃって競馬好きです。

馬が走る迫力と、馬券購入者の一体感が気持ちよくて、会場に足を運んでしまいます。
もちろんギャンブルをしている興奮、ドキドキが最大の要因ですが。

著者は、フェアプレーを信条とした往年の名騎手のようで、GⅠレースでも何度も勝利を手にしておられます。
(重賞93勝。通算勝利数も歴代ベスト10入りするような方みたいです。)

本書ではJRAを痛烈に批判します。
なんだかんだ言って、悪いのは「JRAだ」という結論です。

終章の最後の一項目のタイトルも「悪いのはJRA」。
そんなに悪い組織なのか?と思いはじめました。

・武豊さんが勝てない理由(春の天皇賞での勝利は想定外?奇跡?)
・外国人騎手が増えてきた理由(よく勝つ理由)
・レースの駆け引き(若い人には無謀なレースをしてほしくない)
・馬を大切にする思い

知らないことばかりで、いちいち興味深かったです。

競馬をかじったことがある人なら、一度読んでみると、思いのほか面白いかもしれませんよ。

一時期、藤田菜七子騎手が注目を集めていましたが、そんなニュースももっと楽しめるようになる気がします。

----------------
関東は、あいにくの雨ですね。
おまけに、台風も接近中の様子で。
今週末が夏祭りという地域が沢山あるでしょうに・・・。
明日は晴れるといいですね。

応援よろしくお願いします。
  ↓

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お手紙形式で語り掛けます

2016-08-14 07:25:24 | 読書

起業家のように企業で働く 小杉俊哉

本の評価ポイント本の評価ポイント

マッキンゼー、アップル、慶応大学大学院准教授。
華々しい職歴を持ち、ベンチャー支援事業もしておられるようです。

ただ、ご自身の過去の挫折(コンサルティング会社では自分の能力が足らず、辛さから逃げ出した)も披露、全てが順風満帆ではなかったことを告白してくれています。

本書の主張は、このような内容と理解しています。

 実は企業に勤めているということは、ものすごいパワーやリソースをふんだんに使えるということ・・・。
 ・・・受け身でやらされ感をもって毎日を過ごしているのは、あまりにもったいない・・・。
 ・・・君がそのことに気づき、行動を変え、行動を起こしたら、・・・君の可能性は無限に広がり、どこまでも活躍できるのだ。

印象的だったのは、「会社の売り上げを従業員数で割ってみると?」という考え方で、
その値が、個人で稼げない金額であれば、会社に所属する意味がある。(集団化に伴うシナジー効果あり)
とのこと。

自分の会社に当てはめてみると意外なほど大きな金額になり、”ありがたや”と思えてきました。
もっとも私は普段から会社に感謝し、組織の和を乱さないことを大切にしている人間と思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リオオリンピックも後半戦に突入なのですね。
開幕直後はあまり気にしていませんでしたが、日本人選手の大活躍で興味が高まってます。
平和に終わってほしい。
これまでのところ、先進国と言われる国よりむしろ安全なのではとすら思えてきます。

応援よろしくお願いします。
   ↓

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

結局、私利私欲だったのでしょうか。

2016-08-13 07:04:05 | 読書

鈴木敏文の「統計心理学」―「仮説」と「検証」で顧客のこころを掴む 勝見明



少し前に大いに話題になりましたね。
最近の「お家騒動」といえば、1位が「大塚家具」。
2位が「セブン アンド アイ」という印象です。(「ロッテ」なんてのもありましたね。)

ただのわがままなのか、深い考えがあってのことか。
凡人には到底察しがつきません。

古い本です。
2002年に刊行された本を文庫化(2006年3月)したもので、鈴木氏も当然、小売業の神さま的扱いを受けている時代と思います。

こんな話が出てきます。
2002年、セブンイレブンの出店計画を前年458店から900店に倍増したという話が紹介され、

・・・前期は七〇〇店だった出店数を七二〇店にすべきかどうかといった議論を毎年繰り返すだけでは、次第に誰も奮い立たなくなり、創造性も生まれにくくなる。これに対し、九〇〇店の大量出店となると、これまでと同じ仕事の仕方ではそう簡単には達成できない。・・・達成が困難な水準に目標をあえて置くことにより自己変革を促す。

このくだりを読んでいると、先般のお家騒動が、組織に強烈なインパクトを与え、大きな変革を促すものだったと思えなくもないです。

ただ、鈴木会長がいなくなった後のセブンイレブンを変わらず利用し、便利さを享受する私としては、今のところ何の不都合も感じていません。

会社のトップがいる場所とは、色んな思惑が渦巻く大人の世界なんだと想像します。
ドラマか小説のネタになりそうですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お盆+リオ五輪。
ちょっと贅沢ですよね。
得した気分です。
 
応援よろしくお願いします。
  ↓ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加