特定非営利活動法人牧場跡地の緑と環境を考える会

柏市南部に何とか残っている小さいけれど貴重な雑木林を保全し、次世代に受け継ぎたいと活動中。

最後の一本

2016年08月19日 16時25分24秒 | 林のこと

8/19 午後2じ最後の一本が倒されました。
そうしたら幹にスズメバチの巣があったらしく、ぶわ~っと蜂が一気にわき出てきて、チェーンソーの人もシャベルカーの人も大慌て!!「逃げろ!逃げろ!!」
最後の自然界の叫びだったのかもしれません。

この記事をはてなブックマークに追加

盛夏

2016年08月19日 11時43分59秒 | サスティナ実験広場
8月も中盤を迎えました。この夏は本当に雨が少なくてたいへん!!
林から移し換えてみた植物に連日水やりをしなくちゃなりません、夕立があればいいのになぁと思います。
8/14はお盆中だったので、サスティナ作業会は開店休業状態。そろそろ猛威をふるい始める(??!!)ワルナスビ退治をしました。

広い広場にあちこちぼつぼつと出ているのを刈って行きました。


これがワルナスビ。なんともすごい名前の植物です。茎全体にとげがあって痛いのなんのって。そのうえ小さい時から茎も根もしっかりしていて取るのが大変です。

WIKIで調べてみたらスゴイ、いいこと何にも書いてない(*_*;
「茎や葉に鋭いとげ、垂直および水平に広がる地下茎を張ってあっという間に繁茂 耕耘機などですきこむと切れた地下茎の一つ一つから芽が出てかえって増殖 一度生えると完全に駆除するのは難しい」ですと!地下茎のどこからでもまた芽がでてくるなんて最悪ですね。
「花は白または淡青色で同科のナスやジャガイモに似 果実は球形で黄色く熟し、プチトマトに似ているが、全草がソラニンを含み有毒であるため食用にはできず、家畜が食べると場合によっては中毒死」あらら怖いわ。

「ワルナスビ」という和名はたちが悪い生態から、かの有名な牧野富太郎博士がつけたそうです。英語でも「Apple of Sodom(ソドムのリンゴ)」、「Devil's tomato (悪魔のトマト)」ですって!!
ナスやジャガイモなどの作物の害虫であるニジュウヤホシテントウの温床、外来生物法により要注意外来生物にも指定されているそうです。
いつも根がすごく硬いので結局釜で刈り取ることしかできないけど、また来年いっぱい出てきちゃうなぁ・・・・


花壇の花たち

ヒマワリも種がびっしりですっかり頭が重くなってしまいました。


タチバーベナの花には虫たちがいっぱいきます。



こぼれダネから伸びた朝顔が可愛く咲いていました。


茶色くなったバッタ


これはデモルフォセカでしょうか?はっきりした色がきれいです。


ケイトウが元気いっぱい


この記事をはてなブックマークに追加

お盆明け工事再開・・・

2016年08月19日 11時12分04秒 | 林のこと
8/17台風一過の朝、お盆休み明けの工事が再開。

この時は道路側にわずか1本残ったシラカシの木が影を作っていました。
夏、自転車でこの林の脇を通る時が一服の清涼剤だったのに、もう見る影もありません。


無残に横たえた木

8/18いよいよ最期の日かと思ったが、午後雷雨があって作業が中断したのか?
午前

隣接する住宅が道路側から順にあらわれてくる(このとき2.5軒くらい見えてる)
前日の道路側の最後の一本も既にない。


カッター付きシャベルカーでバリバリ切っていく


公園から見た感じ↑午前中。↓夕方雨あがりに見にいったらこんな感じだった。

木々のラインの中央のこんもりとしたのは、公園にある大スズカケノキ。ここが牧場だった時からあったシンボルツリー
この大スズカケノキの左側の木のシルエットも削られた


ついに家は4軒分くらい見えるようになった。最後の一角は19日の作業でなくなるな。


この記事をはてなブックマークに追加

8/11朝日新聞千葉東葛版「柏の雑木林 伐採開始 市民団体、保全運動実らず」

2016年08月15日 11時16分22秒 | 林のこと
これまで活動を取材してくれていた朝日新聞の柏地区の担当の記者さんが、隣接林伐採を見にって記事にしてくれました。

画像をクリックすると、大きくなって読めます。

この記事をはてなブックマークに追加

8/2から隣接林は開発工事が始まりました(またまた涙)。

2016年08月14日 01時11分31秒 | 林のこと
すでにお伝えしています通り、中原ふれあい防災公園隣接林の保全はかなわず、私たちも地域の皆さんもなんだか心にぽっかり穴があいたような8月を迎えることになってしまいました。
これまで地域に愛される林になるようにといろいろ苦心して、でも楽しく整備活動もしてきたフィールドであるこの林が、いよいよなくなると言うので、筆者はいかにして木々が切り倒されていくのかを、林への今までの感謝の気持ちをもって(かつこんな林を切ってしまう人間の行為に対する怒りも込めて)見届けたいと思い、暑い中せっせと通いました。11日から工事はお盆休みにはいっていますが、2~10日までで大半の木が切り倒され、いままでみずみずしい葉っぱの生い茂る枝枝から垣間見えていた空が、大きく広がって見える様になってます。夏の強い日差しが容赦なく地面に照りつけ、ちっとも雨も降らないので、チェーンソーと重機によって木が倒されるたびに、ものすごい土埃がもうもうと立ち上ります。毎日数えきれないほどいたであろう蝉のワシャワシャと響く蝉時雨もだんだん音量が少なくなってます。とまっていた木がなくなったせいで、残っている木や公園の木に蝉が競ってとまり、その木だけをみるとまるで蝉の大発生のようなようすに心が締め付けられます。まだ土の中でいつか地上に出る日のために育っていた蝉の幼虫たちもいたのになぁとか、まだ夏の終わりころに出てくるツクツクボウシの声を聞いてなかったなぁとか、いろんなことを思いながら伐採工事を見つめていました。
チェーンソーの威力や今時のショベルカーにはカッター付きのものがあって、大木の枝をつかんだまま切り取ることができたりしちゃうのは、本当に、道具それも膨大なエネルギーを使って動かす「文明の利器(なのか?)」を使う光景は、人間の尽きない欲望を見ているようで、こんなことがいつまでも続くと思ったら大間違いだろう、地球にとっての最大の脅威はやっぱり人間だろうなぁ、などと考えていました。やっぱり人間は、もっと「足るを知る」ことが必要なのではないかなぁ。。と・・・

そんな思いで見つめた工事。何箇所か定点で写真を撮ってみました。

光ヶ丘中学校前の道路側かどから。
8/3まだほとんど木がのこっているので緑が濃い
8/4中の木が切られているので、木々の間がすでにスカスカしてきている
8/5
8/6手前大きな木が切られ風景が一変
8/9奥の木々も切られシルエットが変わっていく
8/10道路側の大きな木も切られた

林内に重機が入る












奥に見えるのはこの林の中で一番大きい木の一つのエノキ
大きなエノキの木は立派な板根だったのにずたずたに・・・(T_T)




公園から見た隣接林
7/30工事前
8/6右側に少しくびれがついている
8/9右側大きく欠如
8/10






この記事をはてなブックマークに追加