NOKENOネコのカラオケランキングバトル研究

カラオケランキングバトルの点の出し方や、ニックネームの不思議。
ランキングの不思議を自分なりに考えて書いてみます。

ネトウヨ殺人組織

2016-11-08 05:29:33 | 日記
 ネトウヨ殺人組織
相模原の身障者大量殺人事件も、横浜の点滴大量殺人事件も、“殺せ!殺せ!”と叫ぶネトウヨ組織の考え方・主張通りの犯行です。植松容疑者に至っては(褒められると思った)とも供述しています。それは、同様の考え方の人間・仲間が大量に存在することを示しています。皆、ネトウヨ殺人組織の考え方に感化・洗脳されていると考えられます。
法を守らず、自分達の勝手な価値観で法や歴史を解釈して、事実・真実を捻じ曲げていくネトウヨ犯罪集団。
その考え方には、正当性も論理性も無く、我慾を押し通す為に勝手な主張を繰り返しているだけです。この組織内には、検察・警察権力・マスコミ権力に影響力を持つ者も多く含まれるようで、ネトウヨ犯罪組織の犯罪に関しては、(被害届を受けない。)(捜査をしない。)(起訴をしない。)(起訴をされても無罪にする。)(有罪でも執行猶予を付けるなど軽い刑で済ます。)などの傾向が見られます。また、マスコミも大騒ぎをしないで、うやむやにやり過ごしてしまいます。
自分達の犯罪は、事実を捻じ曲げ、“うやむや”に終わらせ、対立する者の不備は大げさに騒ぎ立てるのが、この情報犯罪組織の常套手段です。
アンネ本破棄事件のように、明らかに異常な(心神喪失)判断。それを追求しないマスコミ。現在、同じようなケースがたくさん起こっています。事件をうやむやに終わらせる検察。真実を伝えないマスコミ。日本の報道の自由度が72位と評価されるのは当然なのでしょう。
今後も社会的弱者(身障者・年金生活者・生活保護受給者・介護施設入居者・入院患者)などの方々が被害に遭う可能性が高くなっています。ネトウヨ犯罪組織の上層部の人間を共犯あるいは教唆犯として逮捕しない限り、犯行は繰り返されると考えています。
この組織の考え方に沿った発言を繰り返している人々は、この犯罪組織のおかげで現在の地位を得、財産を得て、仕事をもらっている人達だと考えられます。皆、金持ちで、地位もあるのでこの組織の力が分ります。ただ、その人達の発言を分析すると矛盾だらけな事や、論理のすり替え、嘘が多く含まれることが良く分かると思います。
点滴殺人がうやむやに葬られ、身障者殺人が精神異常で無罪、老人ホーム投げ落とし事件もうやむやに終わるーーそのようなことにならなければいいのですが。
同様の事件はこの先も起こります。十分な警戒を。

ネトウヨ犯罪組織により、不快感・不安感・恐怖感を煽る書き込みを繰り返されたので、現在、コメントは読んでおりません。申し訳ありません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カラオケのテレビ番組 | トップ | 反日本人的ネトウヨ情報犯罪組織 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コピペにはコピペで、ってか? (常識人)
2016-11-08 21:06:20
こんな駄文にはコピペで十分だわ。

何度もお聞きしているのですが、私をネトウヨ犯罪者と断定する根拠を説明してもらえないでしょうかね?
人が人なら名誉棄損で訴えられますよ。

携帯電話の情報やら何やら、具体的に自分がどういう被害に遭ったのかも答えられない。
「不快感・不安感・恐怖感を煽り」は誰がやっているのか、ランバトという娯楽の場に「犯罪」だの「殺す」などという文字を不特定多数の参加者に見せつけているのは一体どこのどなた様なのか、自分の胸に手を載せて考えてみてはいかがでしょうか。

要するにカラオケの点数を出せない悔しさを自分より点数を出す人を根拠もなしに犯罪者とみなし、私を含むあなたの思考の異常さを指摘するこのブログへの善意の書き込み参加者を貶めて自分の実力の無さを自慰しているだけではないですか?

人の話を正面で受け止めることも、まともに理解しようともしない、自分の醜い異常思考を顧みることもせず他人を傷つけても何ら気にもしない、その姿勢にあなたの人間としての欠陥が浮き彫りにされています。

これがあなたの姿とすれば、まともな人間社会で生きていくのが困難だと推測しますけどね。

いい加減に「まとも」になりませんか?
もう手遅れですかね?

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。