Nokのワンルーム ひとり暮らし

10年のチェンマイ在住から本帰国。これからは、日本からの情報発信!

侘び寂び@華道展

2016-10-09 | 日記
華道展の開場前で忙しい時に、
出勤時間の合間を縫ってザーッと鑑賞させて頂いた。

二日前、お宅にお邪魔した時、
Aさんが花器を前に、葉を省くに当たってを語られた。
「なんだか、俳句みたいですね。」
その素材が彼女の手によってどう表現されるかを、
どうしても見たかったのだ。

会場には、舞妓の華やかさを醸し出しているような小笠原流、
粋な池坊などが並ぶ中、
Aさんの作品を目の当たりにして、
足していく生花と違う
引き算と足し算の絶妙な世界観に心が惹きつけられていく。
断捨離を繰り返して、物だけではなく
何が必要かを見極め始めた自分にとって、
心に沁み入るものを感じた。

柔らかな曲線の先に力強さを保ち、
大事なのは、添えられたもう1つの存在。
本体を際立たせている、このバランスが必要なのだ。
省くというのは、自分の人生にも通ずる。
そして、均衡を保つための、自分の存在を引き立たせてくれる
大切な存在を認識することなのだ。
人間関係に通づる。

昔、池坊をたしなみ程度に習った。
当時は独創性のある草月流の方がイイナなんて思ってた。
そして今、古流に関心が芽生えてきた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女子会は "たこパ"  | トップ | 伝統文化の残る町 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。