1日1時間の贈り物

塾あり、公立、
中学三年生の長女と小学二年生の次女に贈る
1日1時間のお勉強 ~ 父との時間 ~

そして、公立高校合格発表

2017-03-16 | 日記
特に不安というわけではなかったが
勝手に合格だと一方的に思っている状態ではやはり落ち着かない。
本日12:30分にようやく向こう3年間
在籍させてもらえるのかどうかの結果発表ということで
家族4人で高校まで出向いた。
校庭では多くの生徒や父兄が発表の瞬間を待っていた。
長女は友人を見つけてなにやら楽しそうに騒いでいた。

そして12:30分、ロープが解かれ玄関に掲示された番号を覆っていた紙が取り除かれる。
皆が駆けだしその中で長女も掲示板へと急ぐ。
僕はというと番号など確認するつもりもなく
長女の表情を追いかけてカメラのシャッターを押し続ける。
掲示板を見上げる長女…パシャ、パシャ
長女の顔がわずかに紅潮する。
目を閉じる、口元を押さえる手、泣きそうな表情。
でも次の瞬間、目を開けた時には満面の微笑みが顔中をおおう。
その顔を見れば番号など確認しなくてもわかる。
合格おめでとう…。

僕は友人と合格を喜び合う長女たちをしっかりとカメラに収めたあとは
すっかり真新しくなった母校をしげしげと見つめなおす。
今年の東大合格者は1ケタ後半、京大合格者も1ケタ後半という。
往年よりはその数を落としつつも
長女の高校としては通学時間やカリキュラム、校風を考えれば
ここ以外に考える余地などない。

発表の場所で校長先生をお見かけしたので
これから3年間お世話になります、と挨拶をした。
期待していますよ、とおっしゃっていただいたので
「手みやげにこのあいだ、英検1級取ってきましたよ」とお伝えしておいた。
もはや3年後の東大推薦枠の競争は始まっている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 嗚呼、卒業式 | トップ | 春うらら »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます。 (いちごママ)
2017-03-20 10:59:49
合格おめでごうございます!
親としては責務を終えてホッと一息という気持ちでしょうか?
うちはまだまだこれからで考えるだけでげっそりしますが(笑)、同じような感動を味わえることを夢見て、日々積み重ねてい行くのみです。
いつも希望を与えていただいて、本当に感謝です。
いちごママさま (1日1時間の贈り物)
2017-03-21 01:25:16
ありがとうございます。
長女が旅行に行ったり、僕もホッとしたりで
ようやく巡ってきた春を実感しています。
そしてきたるべき大学入試に向けて
しっかりとネジを巻き直しています。
いちごママさんの言う通り日々を積み重ねていくのみですね。
これからも18歳での本当の春を目指して
親娘で頑張っていきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む