1日1時間の贈り物

高校一年生の長女と小学三年生の次女に贈る
1日1時間のお勉強 ~ 父との時間 ~

最後の高校入試模試

2017-02-13 | 日記
先週末には推薦入学資格を取得済みの私立高校の一般入試の受験結果が各中学校に通知となり
長女も担任の教諭より結果を渡されたよう。
195/200点ということで、担任より目指せと激励された1位合格を見事に果たす。
募集人員300名で競争率は7倍ということだから2100名の母集団となるのか。

そして本日、2週間前にあった某塾主催で全7回の最後の模試の結果が郵送されて来た。
志望校決定模試と名付けられた直前模試は難易度が大幅に上昇し平均点が下がる中
190/200といつも通りのスコアながら頭一つ抜けての1/3000位ということで危なげなし。
平均点の降下に伴い偏差値は72.4と過去最高を記録。
どうかこの勢いで志望校への合格をガッチリ決めて欲しいと願うばかりである。

親になってみて初めてわかる。
公立高校入試など眼中にない、などと強気なことを言ってはいたが
いざその日が近づいてくると、たとえ心配のない成績であろうとやはり心配なものは心配なものだ。
先週の水曜日には長女が生まれる時に安産祈願をお願いしたお寺に合格祈願をお願いしに行った。
ここまでくるともうしてやれることなど何もないから
そんな自分たちを慰めるために長女に頼まれもしない神頼みに奔走する哀れな夫婦である。
「ありがとう…」と、優しい長女はそんな僕らを笑いはしない。

さて今週の火曜と水曜は学期末テスト、いよいよ中学フィナーレである。
そして来月にはいよいよ入試本番!
ほんと早く終わってくれないかな…。




3月5日 追記

本日突然模試でお世話になった某塾より封筒が届く。
1〜2位をキープし続けた某塾の模試の結果を受け
長女は某塾の授業料全額免除の特待生資格を得たという通知だった。
長女には高校入試が終わったらゆっくり検討してみるように伝えた。
ただほど高いものはないという諺が当てはまるのかはわからないが
授業が自分のニーズに合わなかった場合に失う時間はお金では測れない。

一方、私立高校の方ももちろん特待生ということだったが
そちらのお世話にはなりたくはないところではある。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 英検1級 2次試験 対策中 | トップ | 1500日 »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
文で覚える単熟語 (ヒツジ)
2017-02-15 13:38:11
初めまして、ヒツジと申します。

今、英検2級の勉強を子供がしていまして
(2016年3回は、落ちてしまって)
文で覚える単熟語を使って
勉強しようと思っているのですが
どのように進めていけばいいか
教えていただけませんか。
宜しくお願い致します。
ヒツジさま (1日1時間のお贈り物)
2017-02-15 15:28:42
こんにちは
お子さん、残念でしたが、しっかりと準備をしていけばかならず大丈夫です。
まずは、どの分野が不得手で落としたのかを分析することが大切です。返って来た成績表をしっかりチェックしてください。もしreadingで落としているのなら「文単」は有効です。最初は精読による正しい解釈を、つぎにそれの音読を最低五日間は続けてみてください。毎日精読を1つずつこなしつつ、過去5日分をずらしながら音読していくというイメージです。60の記事があるのなら65日間の計画を立てて、毎日着実に進めることが肝要です。短期間で一気に英語力が上がります。
もし文法やリスニングが弱いのであればこのブログの2015年3月の記事「中学1年で英検準1級まとめ」をご参照ください。英検2級と英検準1級の差はざっくりすぎるかもしれませんが語彙力だけのような気がします。つまりはそこに書いてある内容から「速読速聴英単語opinion」という教材を引き算したくらいが次に繋がる英検2級合格レベルに必要な力になると思います。参考になれば幸いです。
訂正 (1日1時間の贈り物)
2017-02-15 16:14:39
すみません。記事の掲載月ですが2015年2月でした。
ご指導ありがとうございます。 (ヒツジ)
2017-02-15 16:42:23
『文単』の使い方良くわかりました。

英検で一番悪かったのは、writingでした。

雑にここまで来てしまったので
基礎がなってないのだと思います。
記事「中学1年で英検準1級まとめ」を
良く読んで頑張って行こうと思います。
ありがとうございました。
Unknown (1日1時間の贈り物)
2017-02-15 17:14:44
writingは音読を続けることで自然に向上していくと思います。頑張ってくださいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事