Lovely★Dog

愛犬たちの日常生活

ショックな結果

2017年03月21日 | ■つれづれ日記■
今日、まだ元気にならず、全く食欲のないフルールを心配していましたが、心配してくださった院長先生から様子を聞くために電話がかかり、まだ元気がないというと、もう一度他の検査をしようということになりました。
また血液検査から始め、色んな検査となりました。
炎症の値の検査では、最上限のあり得ない値となっていました。
エコーでは脾臓に腫瘍が見つかりました。
最悪の結果です。
取り敢えず腫瘍は置いておいて、今悪さをしている膵臓炎を治すことになりました。
お薬を飲ませてもまた吐くので、全く食べていないので栄養剤とともに注射と点滴。
痛みに弱いフルールなのに、昨日に引き続き血液検査の採血と、点滴、3本の注射と5本も注射針に我慢しなければなりませんでした。
点滴も毎日しなければならないようで、明日から毎日点滴通いになります。
腫瘍のことは考えないようにして、今、とりあえず吐き気を治め、少しでも元気になって、食べられるようになることを目指すことにしました。
もうすぐ14歳、高齢なので体力の回復が一番です。
どうぞ早く治りますように。
『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原因分からず(><) | トップ | 膵臓炎は良くなってきました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。