ノイバラ山荘

花・猫・短歌・美術な日日

今年はじめてのセミ――夏休みの準備、七夕飾り、藍染め

2017-07-12 00:01:41 | 日常

みなさま、おはようございます(*^_^*)


猛暑日が続きましたが
いかがお過ごしでしたか。


今年はじめて蝉の声をききました。


この欅のどこで鳴いているのか、
ぐるぐる回ってみましたがわかりません。


焼きあがった作品の仕分け。
裏に書かれた日付名前を読み取れないものが多く、
作業が進まずいらいらのし通し。
三時を回る頃にはぼーっとして頭ががんがんしていたのですが・・。


おやつの「白くまアイス」。
この一本で復活しました。
アイスの威力はすごいな~。


外の木陰でスタッフのRさんが藍染めを始めました。


今日はお休みなのですが、藍染めの仕方を
染めのスペシャリストYさんに習って・・。


天然藍を煮だした液に布を浸します。

 
この段階ではまだ緑色です。


引き上げたところ。


しばらく空気にさらすと青みがかって
きれいな青緑色になります。


もう一度液に漬けてノリを洗いおとすと、こんなにきれいな藍の色に。
息子さんとその剣道仲間のために20枚染めるのだそうです。

一枚一枚ノリを置くのでところどころはみ出したりして・・。
それも手作りの味ですね。

 
七夕さまには笹も立てました。

 
見本も夏バージョン。


絶滅危惧種のメダカさん。


かわいくできたかにゃ?

  


ガラス部門、夏休みメニューの万華鏡。
中に入れる三角の鏡部分を切り出す作業をしています。
これがものすごく大変・・(・ω・;A
一度では切り離せなくて何度もカッタ―で同じところを切らねばならないので、
一枚切り終えるだけでぐったり・・。


陶芸部門はいくぶん楽な裏面のシールはがし。
最近のシールは剥がしやすいものが多くなりました。

 
ウエスを使ってニス塗り用にテルテル坊主の小さいのを作ったり
絵の具拭きとり用に小さく切ったり。


時計キットを袋詰めしたり。

          
すっかり夏の日差しです。

     
木陰はいくぶん涼しいですが、熱風が吹いています。

  
ようやく決心がついて、スタッフYさんの18歳の黒猫ちゃんに
ネルのごはんと猫砂をあげることにしました。


これは消化管をサポートしてくれるぽりぽり。
最後の一年くらい、便秘がちだったのでお世話になっていました。

クロちゃん、気に入ってくれるかな?

手放す時に、ひとつひとつ思い出を捨ててゆくようで
言いようのない寂しさです。

でも、使ってもらった方がいいんだと自分に言い聞かせて、
妹とYさんにもらってもらいました。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017前川佐美雄賞、ながらみ... | トップ | 「星に願いを」にゃあにゃあ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む