のほほん村村長日記

あみぐるみと菜園と二胡のある暮らし。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「賽馬」を弾く二胡おばさん<2005.4.18記>

2005年06月06日 | 二胡
その後も懲りずに中国二胡サイトの冒険続けてます。
http://www.art-school.zj.com/tianhua.htm
の「名曲欣賞」にもいろんな曲がリンクしていました。

「賽馬」の音楽祭版というのをダウンロードしたら、
テレビ番組から録った映像(少々ボケ気味)でした。
市原悦子をコワモテにしたような、かっぷくのいい
おばさんなんだけど、何かに取り憑かれたように
「賽馬」を弾く姿に、思わず見入ってしまった。
演奏に魂入ってて、むっちゃかっこよかったです。
こんなふうに弾けたら気持ちいいだろうな~。

中国音楽といえば、ラジオ中国語講座のテーマ曲
「北風吹」くらいしか知らなかったけど、
でも二胡を始めたのも何かの縁。今後もぼちぼち
中国音楽に馴染んでいきたいです。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっぱりカボチャ | トップ | 歯治療中につき(1) <2005.4.1... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
comments (friends+Liz(村長))
2005-06-06 22:31:38
2005年04月26日

22:41



田岡

二胡の「賽馬」格好良いですよねえ。

私も一度馬頭琴で挑戦しようとしたことがあるのですが、

やはり二胡の調弦に合わせた曲なので無理がありました(苦笑)。



ちなみに馬頭琴にも「賽馬」って曲があります。

一応私のレパートリーなのですが、

伴奏が無いと様にならないので

人前で弾いたことはありません(^^;;)。



2005年04月27日

20:59



Liz

ホント、かっこいいですよね~。

私の持ってる楽譜には書いてないけど、

おばさんは、最後に即興で馬のいななきを入れてました。

これがまたかっこいいのなんの。

おばさん、馬になっちゃったよ~! と思ったくらい。



でも私がマネしたら貧相きわまりなく、

いななきというより、すすりなきになります。

そう言えば本物の馬のいななき聞いたことないもんなぁ。

うまく弾くコツあったら教えていただけませんか?



馬頭琴の「賽馬」も、やはり軽快な曲なんでしょうね。

伴奏はどんな楽器が担当するんでしょう?

いつか田岡さんの「賽馬」、聴いてみたいです。



2005年04月28日

22:43



田岡

馬のいななきですか。

ニ胡弾いたことがほとんど無いもので(^^;;)。

馬頭琴だといななきは

既に確立した技術の一つになっています(本当です^^;;)。



馬頭琴の場合には高音に行くには速すぎず遅すぎず、

音が振動する部分は弓ではなく手の方を動かします。

そして振動させながら少しずつ低音に移動、

って感じですかね?



馬頭琴の「賽馬」はやっぱり軽快な曲ですよ。

CDでは伴奏はピアノですが、

弓奏楽器でなければなんでも構わないでしょう。

私はギターとかの方が合う気がします。



2005年05月01日

21:30



Liz

>馬頭琴だといななきは

>既に確立した技術の一つになっています(本当です^^;;)。

そうかぁ、騎馬民族の楽器だもの、当然といえば当然ですね。

でも、説明聞いた限りでは、いななきマスターするの難しそう。

馬頭琴の「賽馬」、こんど聴いてみますね!

ちなみに、二胡の「賽馬」も、ピチカートのとこは二胡オンリー

だとちょっとさみしい。普通は揚琴と合わせるみたいです。



2005年05月31日

00:00



Liz

その後、賽馬を弾く市原悦子似の二胡おばさんは、

二胡界の大御所、閔恵芬さんと判明いたしました。

素晴らしくて当然でした。ああ無知って恐い……

わが心の師匠・閔先生の演奏はこちらからどうぞ↓

http://mp3.baidu.com/m?f=ms&tn=baidump3&ct=134217728&rn=&word=%E3%C9%BB%DD%B7%D2&lm=-1

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む