ボクの奥さん

ボクの奥さんは、甲斐よしひろさんの大ファン。そんな彼女との生活をお話したいと思います。

ハロウィン

2014-10-31 17:32:25 | 日記
昨夜は、ソフトバンク・ホークスが決めましたね
苦しみながらも日本一おめでとうございます♪

そのせいばかりじゃないけど
今日がハロウィンだということをすっかり忘れてました(笑)

ここ数年、存在感を増して来たとは思いますが
でも、ボクにはカボチャのイメージしかアリマセン(苦笑)

まぁ、元は大晦日の行事だったようだけど
USJやら、コスプレやら
参加型のイベントってトコがウケてるのかな?

奥さんいわく…
地蔵盆みたいなもんでしょ(笑)
…んー、どうでしょう…?

それはさておき…

今月も読んで頂いた皆さま
ありがとうございました!m(_ _)m

今月は、豊洲PITの柿落としイベントや
甲斐さんの俳優デビューもあって

それで閲覧ページ数が増えてるのかな?と思っていたら
公式BBSにこのブログのことが書かれてたんだとか…(汗)

奥さんもビックリしたらしいんだけど
ボクはヘンな汗が吹き出しました(苦笑)

奥さんの主観とボクの偏見に満ちた内容ですし
そんな真っ当なスタンスに立ってませんし(汗)

甲斐さんや甲斐バンドの皆さんについても
少し…イヤ、かなり失礼なことも書かせて頂いてるので(苦笑)

不快に思われた方がいらっしゃったら
本当に申し訳ございません!m(_ _)m

…といっても
そう思われた方が引き続き読んで下さってるとは思えませんが…(苦笑)

この先『芸風』ならぬ『ブログ風』を変えるほどの文才も器用さもないので(笑)

相変わらずゆるゆる書かせて頂くことになると思いますけど
また、お暇な時にでも覗いてやってください

余談ですが…
さっき、ロック・シンフォニーのチケットが届きました♪

席番は、奥さんが帰宅してからのお楽しみですが
本人は『参戦できたらいい』くらいの期待しかないようでした(苦笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秋の連ドラおまけ

2014-10-30 14:57:06 | 日記
我が家のイチオシ『ごめんね青春!』についてもう少しだけ…(笑)

ボクは共学校だったので
質実剛健をモットーする仏教高校(男子校)も

愛・謙遜・純潔を掲げるミッション系女子校も
全く知らない世界なんだけど

某芸人さん演じる男性体育教師が
『この程度でも人気があるのは女子校ならでは…』(苦笑)
と解説されているのを見て

そういえば、男子校に進学した同級生が
初めてのHRで担任の先生から

『今までなら絶対パスだと思ってた女子でも可愛く見えてくるぞ』
と言われた話を思い出しました(苦笑)

『さんじょ』の卒業生でもある蜂矢先生(満島ひかりさん)が
『とんこー』の男子生徒の半裸を見てしまい大声を上げると

生瀬勝久さん演じる校長いわく…
夏に『脱ぐな』って言うのは
ヘビに『脱皮するな』と言うようなものです(笑)

居眠りしていた生徒に『立ちなさい!』と命じた途端
股間に視線が釘付けになり
小さな声で『座りなさい』(笑)

『戸惑うことも多い』とおっしゃる蜂矢先生ご自身も
男子校での初めての授業で
『私は処女です!』宣言(爆)

『その純潔を神に背いて奪う覚悟がおありなのかしら!?』との言葉に
『それ、最初に言うことかしら?』と『ドンマイ』先生(爆)

ドラマの世界だから、若干の誇張はあると思うけど…(笑)

医療関係のクラスで初めて『女子校』を体験した奥さん
第一印象は『男子がいない』(爆)

でも、この当たり前な事実が
そのクラスの実体を表現するのにピッタリだったんだとか…(笑)

まあ詳細には触れませんが(汗)
『女性専用車両』をもっと大げさにしたカンジ…かな?(苦笑)

斉藤由貴さん演じる校長が共学化について
『異性の目を気にして、自分を着飾り、嘘をつき…』とおっしゃるシーンがあったけど

奥さんのいたクラスはそれがとっぱわれていた訳です(笑)
でも、異性の前でカッコつけるのは男も女も一緒ですよねぇ(笑)

もっとも、同性の前と異性の前であまりに態度が違うと
友達をなくしてしまうと思うけど…(苦笑)

ドラマの中でも…
男子校のメリットとデメリットを訊かれた男子生徒が
どちらも『女がいねぇ!』(爆)と答えたり

あべあまりさん(笑)が『とんこー』の彼に
共学になったら『ありのままの自分』でいられないと言ったりしてました(笑)

甲斐さんもずっと共学校に通っておられたようですが…

『俺は兄弟の中に女がいないせいか?女の子を特別視するところがあって
ちっちゃい時から異性として意識していたんじゃないかと思うんだ

俺に言わせたら、女の子は花みたいなもんでね
そっと見つめる、おそるおそる触れる
そういう感情が子供時代からあったような気がする

女の子に対して、いつもどこかで照れている…と甲斐さん(笑)

奥さんによると、サンストで…

女の子は、初デートにきれいなハンカチを持っていけとか
普段から裁縫道具をカバンに忍ばせておけと話され

好きな男子にナニかあった時にサッと出してあげると
男は絶対ホレちゃうから(笑)とおっしゃったらしいんだけど

突発事態に弱い奥さん(苦笑)は
それ以前から色んなモノを持ち歩いていて

たまたま、同じクラスの男子のボタンをつけてあげたら
ホントにホレられたそうだ(笑)

問題は奥さんがその男子を好きじゃなかったことです(苦笑)
奥さんいわく…
甲斐さんは女性に対して、幻想を抱いていたと思う(笑)

だから、同じクラスの女子が夏の制服になった時
半袖ブラウスの袖口からワキの毛が見えて(汗)

『いいのか!?おい、許されるのか!?』(爆)と
ショックを受けられたり(苦笑)

誰でも風呂場で手バナをかむと信じきっている(爆)
女性リスナーのハガキを読んで
言葉に詰まったりなさったんだとか…(笑)

それはさておき…

そういう女性もいる、女性だってそんな一面を持っていると
授業で教わる訳じゃないけど

学校に通っている内に自然と理解していくのが
共学の良さなのかなぁ…?(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の連ドラその4

2014-10-29 14:35:31 | 日記
今期のドラマ話が思いの外、長くなっておりますが(笑)
今しばらくおつきあいくださいね♪

武井咲さん、綾野剛さん主演の『すべてがFになる』
奥さんは、美男美女のお二人より
武井さんの叔父役の方が気になるみたいだけど…(笑)

原作は森博嗣さんのミステリー
事件に興味津々の女子学生に引きずられるように
重い腰を上げる准教授…って
そこはかとなく『ガリレオ』の香りが…(笑)

『Nのために』は湊かなえさんの問題作
山本未来さんの壊れっぷりがスゴイと奥さん
榮倉奈々さんも、かなりの演技力を要求されそうですね(汗)

三浦友和さんがイイ味出されてますが
見終わった後に『スカッとした~♪』とはいかないかなぁ…(苦笑)

コメディータッチながら、ちょっとホロリとする『信長協奏曲』は
官兵衛効果で『にわか歴女』の奥さん(笑)には楽しみな1本♪

まあ、そのおかげで家康役の濱田岳さんは
善助さんにしか見えないらしいんだけど…(笑)

『逃げクセ』のあるヘタレ男子が
戦国時代にタイムスリップし、信長と入れ代わり

…という時代劇モノといえば
他局の『お医者様』が人気を博しましたが(笑)

アチラは『自己評価が低すぎる』女性(笑)がいらしたけど
このドラマには『うつけ』呼ばわりする仮面妻が…(笑)

持てる知識を活かしてペニシリンを精製した先生に対して
一度失くした歴史の教科書は
道三に肝心なページが破られていて
明日が見えない信長さん(苦笑)

若き日の甲斐さんが
『ツケの回り方には3通りある』とおっしゃって

ツケを恐れてホドホドに生きるか
逃げて逃げて逃げまくる人生か

どうせ回って来るなら
全部背負って前に進む生き方か

俺は3番目でありたいと話されてましたけど

ヘタレ信長さんも逃げられない状況に追い込まれるたび
『ヤル時はヤル男』になるトコがイイですよね♪

願わくは『本能寺の変』のシーンで
現代に戻ってしまうという展開に逃げないことを…(笑)

『玉川区役所』と『地獄先生ぬーべー』は
不定期に拝見しておりますので(汗)

1話ごとの満足感はあるんですが
ドラマ全体の流れはイマイチ把握できてません…m(_ _)m

そして『ごめんね青春!』
奥さんが最も力を入れて見てるドラマです♪

『あまちゃん』こそ見てませんが
クドカンさんのドラマは外さない奥さん(笑)

長瀬智也さんを愛する(笑)甲斐さんは
『IWGP』や『タイガー&ドラゴン』がお好きみたいだけど

奥さんは『木更津キャッツアイ』がツボだったようで
今回は『三島』を舞台としたご当地ネタに萌え~♪

『いずっぱこ』や『三島コロッケ』はもちろん
『さんじょ』『とんこー』など架空の校名にもワクワク(笑)

奥さんにとって三島は
伊豆長岡でのアコギライブの前に観光したこともあり
ちょっと身近に感じられる街みたいで

ナンといっても、その時のライブで
甲斐さんに『楽しそうな人』と言われたことが大きいんじゃないかと…(笑)

ともあれ、お馴染みの森下愛子さんは
錦戸亮さんの母にして観音菩薩兼ナレーター(笑)

父親役の風間杜夫さんは『エロ住職』で(爆)
兄役のえなりかずきさんも
元グラビアアイドルの妻の身体の『拝観料』を請求(笑)

『バカ殿』に腰元役で出演したこともあるのに(笑)
ありのままの姿が『3,000円(税込3,240円)』って…(爆)

『SAKURA』さんと同じく
DJの顔を持つ校長に生瀬勝久さん

『一方的に喋らないで!』とリスナーの話を遮るわりに
結構ナイスなアドバイスをするんだけど(笑)

高校時代の奥さんには
それがサンストだったんだろうなぁ…

『元マドンナ』の養護教諭に坂井真紀さん
『オモシロイ歳の取り方』をしてしまい(笑)

今は『なりすまし』を得意とする『ドンマイ』先生に…(笑)
木更津の薬師丸ひろ子さんを思い出し奥さん爆笑(笑)

そして、ナンといっても
『リサ・ブラックタイガー』満島ひかりさん♪

ボクは一目でファンになりました(笑)
…が、話が長くなりそうなので
続きは次回に…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の連ドラその3

2014-10-28 16:30:25 | 日記
前回は『素敵な選TAXI』だけで終わってしまったので(苦笑)
今日はサクサクッといきましょう♪

名づけて『女性が主人公のドラマ縛り♪』(笑)

まず『ディア・シスター』
…は、見てません!ごめんなさい!m(__)m

『さよなら私』
…は、見たいけど見れません(汗)
放送日時が『選TAXI』『女はそれを許さない』と一緒なので…(苦笑)

前者は予約録画して保存(笑)
後者は、帰宅していればリアルタイムで見る奥さん

1話完結で見やすい方を選んだようですが
やっぱり、寺島しのぶさんはウマイ♪とかなり気に入ったらしい

深田恭子さん演じる『ペーパー弁護士』にイラッとしつつも(苦笑)
大人しくて目立たないけど人間観察力に優れた
『こういう人いるよね♪』と奥さん

上川隆也さん、加藤雅也さん、竹中直人さんが
ヒロイン達の周りをかためておられ
今後の展開に期待が高まります♪

でも、奥さんのツボは
寺島さん行きつけのバーのマスターじゃないかと…

松重豊さんが演じていらっしゃるんだけど
このマスター、男性好きなんですよねぇ(笑)

今をときめく綾瀬はるかさん主演の『きょうは会社休みます』

奥さんいわく…
『干物女』もそうだけど
綾瀬さんだからドラマになる(笑)
現実にはちょっとねぇ…(苦笑)

自己評価が低く、男性との交際経験がないOLという設定に
『自己評価が低すぎるやろ~』(笑)という訳で

奥さんはその裏番組『ファースト・クラス』を選択(笑)
前作から4ヶ月での復活は史上最速なんだとか…

奥さんは前作も、その再放送も見てないはず…?
でも何の支障もなく女性版『仁義なき戦い』を楽しんでます(笑)

ボクには、あまりに壮絶な世界すぎて(汗)
ギャグみたいに思えるんだけど(笑)

奥さんいわく…
充分、リアリティあるよ(笑)

『女の怖さ、教えます』というキャッチコピーの映画
『悪いやつら』は、松本清張さん原作、片岡孝夫さん(当時)主演で

『都合のいい女』達から復讐される男が描かれているんだけど
イチバン悪いのは、主人公だから(苦笑)
因果応報というか、ある意味『勧善懲悪モノ』ですが

このドラマは、利害関係や権力闘争に加え
『女同士だから』という理由でバトルが展開(汗)

まあ、男同士でも足の引っ張り合いは
あるっちゃありますけどねぇ…(苦笑)

昔も今も女性ばかりの職場で揉まれて
今の奥さんがあると思うとフクザツな気分です(笑)

『SAKURA・事件を聞く女』は
番宣スポットを見て思っていたのとは少し違ってたと奥さん

テレビ雑誌等で事前に情報を得てなくて
『相棒13』に出演された仲間由紀恵さん

…みたいなイメージを勝手に抱いてたようで
コメディータッチの演出に戸惑ったらしい(笑)

『さくらが、しかと聞きました!』という決め台詞は
(TBS)月8の『水戸黄門』DNAかも!?(笑)とか

『花子とアン』繋がり!?と思ったら
駿河太郎さんだったとか(笑)
失礼なツッコミを入れる奥さん(苦笑)

甲斐さんは、花子…の女優さん方が皆さん痩せて
綺麗になったとおっしゃってましたが

仲間さんに関しては
田中哲司さんの存在が大きかったんじゃないかと…(笑)

それはさておき…
草笛光子さんは、スゴいコネクションを持ってそうだし(笑)

文音さんは、お母様(志穂美悦子さん)に
手ほどきを受けられたというアクションを披露されてるし

少し遅めの夕食を食べながら
ご覧になるには持ってこいです(笑)

余談ですが…

ボクは『さくら』といえば『寅さん』を連想してしまうんだけど(笑)

『俺とお前は違う人間に決まってるじゃねぇか
早ェ話が、お前がイモ喰ったって
俺のケツから屁が出るか?』(爆)という寅さんの言葉に

甲斐さんいわく…ヤったぜ、寅さん!(笑)
結婚も『男』と『女』は別の生きもんだって思わないと
距離感持てなくて破れさるから(笑)

当時の甲斐さんがおっしゃると説得力があったでしょうね(苦笑)

寅さんのセリフには名言が多いですが
上記のセリフは、葛西紀明選手が長野五輪で
出場メンバーから外された時に

同じ日本チームの仲間たちの活躍を祈れず
『失敗すればいい』と思ってしまったという心境にも当てはまります

でも、銀メダリストになられた時には

『あぁ、生まれてきて良かったなって思うことが何べんかあるじゃない
そのために人間生きてんじゃねぇのか』
…と、思われただろうと思います♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の連ドラその2

2014-10-27 09:12:21 | 日記
奥さんが楽しみにしていた1本『素敵な選TAXI』

バカリズムさんが脚本を担当され
枝分(えだわかれ)運転手には竹野内豊さん

乗客には毎回ゲストの方を迎え
『人生の分かれ目』となる時点まで
タクシーで戻ってやり直す…って

『IF もしも』というドラマに似てるような…(笑)
まっ、同じフジテレビだからいいんだけど…(笑)

竹野内さんの淡々とした語り口は
『IF』のストーリーテラー・タモリさんを彷彿とさせます♪

特に『タイムスリップ感』もなく(笑)時間をさかのぼると
怪訝そうな顔をする乗客に
『そういうのないんですよ、ごめんなさい』と枝分さん(笑)

初回ゲストの安田顕さんが
『前の車を追ってくれ!』という言葉を噛んでしまうシーンで

枝分さんいわく…惜しい!
一生に一度言うかどうかってセリフなのに噛んじゃうなんて…(笑)

奥さんも一度でいいから言ってみたいらしいんだけど(笑)
昔、甲斐さんの乗ったタクシーを追っかけたことなかったっけ?(爆)

確か甲斐さんは、昔々に口にされたことがあるんですよね(爆)

ともあれ、タクシードライバーといえば、ロバート・デ・ニーロ♪
甲斐さんも【イエロー・キャブ】のPVで、この路線を意識されてますよね♪

でも、このドラマはどっちかっていうと
鶴瓶師匠のアフロ・タクシーに近い?(笑)

ちなみに、アフロ・タクシーは
その昔、関西ローカルで放送されていた
『突然ガバチョ』の鶴瓶タクシーそのままです(笑)
髪型もリアルにあのままだったし…(爆)

それはさておき…

今のところ『歴史が変わってしまう!』
…といった深刻な事態にはならず(笑)
幸せな選択でエンディングを迎えているのは
バカリズムさんのお人柄かな?

でも奥さんは、番外編で
もし、初回の犯人たちが選タクシーに乗っていたら?みたいな
ブラックなオチも見てみたいらしい(汗)

もちろん、大好物の小ネタにもガッツリ食いついてまして…(笑)

バカリズムさん演じる喫茶『Choice』のマスターが
おすすめのドラマを挙げるシーンに出てきた

『デリカシーなき戦い』と『初老の惑星』に大爆笑(笑)
ホントに放送して欲しい!!と言ってたけど、じゃあ主演は誰!?(爆)

恋人たちの聖地?とされる恋愛スポット『はあと岩』が
実は、岩にカジリついてでも…
という男の執念がこもった『歯跡岩』だったとか(笑)

食べかけのような歯形がついたハート型の歯跡饅頭とか(笑)
ストーリー以外の部分にも時間と手間をかけておられます(笑)

ともあれ、正しい選択をしようと悩み過ぎて
かなり優柔不断な枝分さんですが(笑)

もし選択を間違えても、自分で運転すれば
いつでもやり直せると思うんだけど…(笑)

奥さんは、たとえ数時間とはいえ
毎回、乗客と一緒に過去へ戻っていて
枝分さん自身の『人生の時間』はどうなっちゃってるんだろう?とか

番組内で話題になっている『犯罪者であり刑事でもある』(笑)
『犯罪刑事』というドラマは

三谷幸喜さんがよく使っておられる
『頭に赤い洗面器を載せた人』の話と一緒で
最後までオチがないのが『オチ』なんじゃないか?(笑)とか

最初のシーンと『RETRY』シーンの途中までは先に撮影しないと
洋服が汚れたり、怪我をしたりして見た目が変わっちゃうから

役者さんは一度に両方の演技をしないといけないんだねぇ
…って、余計なお世話ですよねぇ(笑)

余談ですが…
もしタイムマシンで旅が出来るとしたら

奥さんは、40年前の甲斐バンドデビューまでさかのぼって
当時は行けなかった各地のライブに行きたいらしいんだけど

その頃の年齢に戻ってしまったら
小学生に全国ツアーは無理だし(笑)
今現在の自分のままだと
『甲斐さんのお母さん』状態になっちゃうんじゃ…(爆)

もし、年齢も若返るなら枝分さんは赤ちゃん!?(爆)
ヘタしたら生まれてないかも知れないし…(爆)

それより何より、この選タクシーの料金
30分で1万円くらいするんだけど…(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加