ボクの奥さん

ボクの奥さんは、甲斐よしひろさんの大ファン。そんな彼女との生活をお話したいと思います。

人は見た目が何%?その3

2017-07-14 14:44:00 | 日記
整形よりも手軽に印象を変える手段として、化粧が挙げられますが
「女性にのみ、化粧が奨励されるなど
外見を整えることに関する性差別が強い」というご意見もあり

現代では、ニキビやテカリを防ぐ化粧品を使う男性が増えているとはいえ
上司から「化粧くらいしろよ」と言われることはないでしょうし(苦笑)

在宅中のネット会議などのために開発されたという
(すっぴんでもメイクしているように見える)ソフトも
女性を対象にしているみたいだし

一般的に、女性にとっての化粧は身だしなみの一つ
…男性がヒゲをあたるのと同じような感覚で…
捉えられているんじゃないかと…?

その昔、甲斐さんは「ある一定の年齢までは
やっぱり、石鹸の香りがするような女の子が良いのよね
洗い立てのジーパンにスニーカーで
サラッとした色気を振りまいてるような、そんなイメージの子がね
男の言いたい放題のイメージでありますな(笑)

だけど、やっぱりそんな女の子も、ある年齢になったら
化粧の仕方も覚えるようになんないとダメだね
例えばOLになる。化粧をしなきゃなんないから、し始める

最初は、そんな風に世間の風潮に合わせるために
無理に、し始めるんでも良い
結局、それが、女の子が女の人に変わる一つの『きっかけ』になることだからさ

そりゃあ、すっぴんの魅力っていうのもあるこたぁある
しかるにこれには成長の度合いによる年齢制限つうモンがある訳だな
…これは、差別でなく区別っていうモンでアリマス

個人差はあるにしても、一般的に25歳を境にして
その頃には、生物学的に言って
すっぴんの良さっていうのがないんだから
やっぱり、人間、その年相応の美っていうのを
てめえ自身で認識して演出してく知恵を身につけた時にこそ
輝きもするし、成長もしてく訳だからさ

それじゃあ、化粧は他人のためにするのか?という反論が
ビシバシ矢のように飛んで来そうだけど…
そういう部分も確かにあることはある
だけど、それが全てではない!

だって、化粧した姿を見せる他人
(世間であろうが、恋人であろうが)がいると
化粧が上手くなることだけは、まぎれもない事実だからさ

ただ、女の人は化粧をすることが
一人の人間として、社会性を身につける意味合いがあるんだっていうことを
忘れないで欲しいね。ココはピッと押さえて…ね」とおっしゃってますが

これは、ご発言当時の風潮として、決して珍しいものではなく
「25歳はお肌の曲がり角」なんてCMもあったし
「高校を卒業したら社会人になる」ことも、ごく普通のことだったし…

もっとも、奥さんは、甲斐バンドのライブの時には
しっかりメイクして行ってたみたいで
当時は、それだけで「立派な不良」だったらしいけど…(笑)

先日、新聞の投稿欄に「高校生の化粧 なぜ校則で禁止」という
女子高生の方からの投稿が掲載された際に

投稿者と同じ女子高生の方は「顔立ちは良い方が得
魅力的に見えるし、自信も持てる
私は、化粧していない時は、うつむいて歩きがちだが
化粧をすると前を見て歩ける
人の顔を見て話す際に抵抗感が薄れる

義務教育の小中学生はさておき
社会に出ることが可能な年齢の高校生ならば
化粧をしたって構わないのではないか」と賛意を示され

「長年、重病の時以外は化粧を欠かしたことがない
でも、化粧をしないと人前に出られなくなってしまった」47歳の主婦の方は

「高校生だって、お化粧を楽しんでも良いと思います
(ただ)お化粧をすれば美しくなりますが
あなたの年代では、いわゆる『すっぴん』そのものも美しい
あなたの『今』を大切にしないと勿体ない」と記され

同じく47歳の会社員の女性の方は「長女が大学生になった時
元美容部員の友人に頼んで、メイクのレッスンをして貰いました
きちんとしたメイクは清潔感を感じられると思ったからです

化粧を楽しんで、青春を謳歌して下さい
一方で何かに打ち込み、化粧をしなくても前を向いて
堂々と歩けるほどの自信を持てば
更に素敵な女性だと振り向かれると思います」とおっしゃってます

他にも「就職や進学を控えた3年生女子向けに
メイクの講習を開く高校もあります」とか

「男子が肌の手入れを学ぶ機会はほとんどない
女性の化粧にしても大抵は我流
皮膚の新陳代謝が活発な時期から、正しいスキンケアをして
最初に化粧をし始める時期に、個性に合ったメイク法を学べればいいのに」
…といったご意見も掲載されてました

ただ…「趣味でアカペラグループに所属している」45歳の男性の方は
「目の下のクマを隠し、ハツラツとした表情に見せたいから
ステージに上がる時は、薄くメイクをします

でも、仕事の時に化粧はしません
『男性が化粧をして仕事をするのは有り得ない』と思うからです
『古い考えだ』と怒られるかも知れませんが
『高校生に化粧は不要』と考える人は多いと思います

学外でなら化粧しても良い
でも、周りから嫌な視線を受ける可能性もある
それを受け入れられないなら、やめた方が良い」と記され

また、駒沢女子大の石田教授は
「かつて女性が化粧を始めるのは、高校卒業時か、就職する時で
化粧は、女性が大人になった証であり
社会規範に従って生きることを示すものであり
『社会のための化粧』が中心でした

1990年代後半から、外見の美しさや心と体の健康のためなど
『個人のための化粧』という考え方が広がり
同時に化粧の低年齢化も進みましたが

『化粧は大人がするもの』という考え方は、根強く残っていて
中高生が化粧をすると、社会規範からの逸脱と受け止められる可能性があり
化粧は社会に対するメッセージだということを
理解しておく必要があります」とおっしゃっていて

日本では、10代の女性がメイクをすることに
まだ抵抗感が残っているようですね
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人は見た目が何%?その2 | トップ | 人は見た目が何%?その4 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。