ボクの奥さん

ボクの奥さんは、甲斐よしひろさんの大ファン。そんな彼女との生活をお話したいと思います。

甲斐よしひろ BEAT HARD WORK(11/2)その3

2016-11-05 10:36:00 | メディア
脇道に逸れてばかりで、一向に甲斐さんのトークが前に進みませんね(苦笑)
今回もそうかも知れませんが…(笑)

ともあれ、続いての投稿は「面白い車内アナウンス」について…
「線路内に野菜が入り込んだため(笑)遅れております」とのアナウンスに
「野菜が歩いてるのかと思った(笑)」と甲斐さん(笑)

これは、お年寄りが線路内に野菜を置いたまま
どこかに行ってしまわれたらしいんだけど(笑)
「まさか、その方が戻るのを待っていた訳じゃないよね?(笑)」と奥さん(笑)

以前、甲斐さんのライブ帰りに
「鹿が立ち往生しているため」と列車が遅れて
在来線の乗り換えに間に合わないんじゃないかとヒヤヒヤしたことが…(汗)

同様に、近隣の住宅から?干してあった布団が線路内に落ち
「布団が舞い降りたため…」とのアナウンスに
「歩く布団がいたのかと思った(笑)」や

窓越しに手を合わせて、別れを惜しむカップルに
「ドラマの中のことだけですので
実際にされますと迷惑です(笑)」に爆笑(笑)

甲斐さんも「この車掌さんイイですね(笑)」とおっしゃってましたが
こういうカップルが増えたのは
「シンデレラ・エキスプレス」ってCMがきっかけだったんじゃ…?(笑)

ただ、列車が遅れたことに苛立った乗客に詰め寄られた車掌さんが
制服を脱いで線路に飛び降りた事件を挙げられ
「外国に行くとよく判る、日本の時間の正確さが」と甲斐さん

「アジアは無茶苦茶だし、ヨーロッパもヒドイ
アメリカは、まだ良いんだけど」とおっしゃってましたが
アメリカの地下鉄って、そもそも時刻表がないんじゃなかったかな?(笑)

「日本は安全策もスゴイじゃないですか
盲目の方の(転落防止の)安全柵を設置するための話し合いをするとか…」
…とおっしゃる一方で、ご友人が電車の中に閉じ込められて
PTSDになられたらしく(汗)

「地下鉄なのに、真っ暗闇の中、30分アナウンスもなくて…
[原因を突き詰めております]とか言って欲しい」とも話されてました

2曲目は、レオ・セイヤーの【星影のバラード】
「前から買いたくて、ツアーのBGMのために買いたくて」と甲斐さん

奥さんは「この曲、流れてたっけ?(笑)」
ビートルズの曲ばかりが耳に残っているみたいで記憶にないようです(苦笑)

甲斐さんによると…この曲の原題は【More the I can say】なのに
邦題が「【星影のバラード】になっちゃう(笑)残念な結果(笑)」らしい

レオ・セイヤーは、甲斐さんがカバーされた
【吟遊詩人の唄】の作曲者ですが
「ヒット曲が1曲とかだと、ナカナカCDが出ないんですよね

これも日本で洋盤を探して買ったんだけど」とおっしゃってました
相変わらず「(レコード?)マニア」の道を進んでおられるのかなあと…(笑)

町田ライブで出待ちをなさった方の投稿が紹介され
「[甲斐さ〜ん!]というかけ声」や「自然発生的に起こった拍手」

甲斐さんが手を振られたことに
「[スゴイ神対応(笑)]の声」などデジャヴ感が満載(笑)

甲斐さんは「ホラね!僕のホンの一部ですから(笑)」と若干ドヤ声?(笑)
でも「毎回こうありたいなと思ってます
ということは、毎回そうじゃないってこと(笑)」と…(笑)

この投稿者の方は「生まれて初めての出待ち」だったそうですが
奥さん達にとっては、無愛想なことが多い(失礼!)甲斐さんが

たまあに(笑)にこやかに対応されると「物凄く高まる〜♪(笑)」らしく
「毎回そうじゃないツンデレ感がイイ♪」んだとか…(笑)

会場によって「出待ちしやすい所もあれば
奥の方に楽屋がある」こともあり
「町田は、なかなかイイ感じでしたね
僕も手を振りやすかったし…」と話されてました(笑)

余談ですが…
これまでも奥さんの色んな入待ち出待ち体験(笑)をご紹介して来ましたけど

古くは、楽屋口じゃない出入口で待っていた6人のファンの前に
「シィ〜ッ!」と口に人差し指を当てながら甲斐さんが出て来られた…とか

結構な人数で出待ちしていたにも関わらず
皆さん息を詰めて見つめておられ、その場の空気に耐えかねて
「甲斐さん!」と声をかけた奥さん達に
ホッとしたように(笑)手を振って下さった…とか

車に乗り込まれた後に「甲斐さん!」と声をかけたら
車の中で「ハイッ!」と小学生のように手を挙げられた(笑)…とか

甲斐さんがタクシーの運転士さんに何か告げられ
ウィンカーとは逆方向に曲がる際に
リアウィンドーから手を振られた…とか

楽屋口が遠い会場で、甲斐さんを乗せた車が目の前を通り過ぎる時には
車の窓に貼られたフィルムで何も見えないだろうと

会場前の通りを渡った所で、車が曲がるのを待っていたら
甲斐さんが後部座席から、フロントガラスの方に身を乗り出して
手を振って下さった…とか(笑)

イベンターの方が、ご自分の体で甲斐さんを庇うみたいになさるのを
「イイよ」という風に制され、手を振られた…などなど
枚挙に暇がございませんが(笑)

奥さんの中で一番の「神対応(笑)」は…
楽屋口にベタつきになった甲斐さんの車の
右の後部ドアが開けられていたため

多くのファンの方々がそちら側に並んでおられ
奥さん達は車を挟んで反対側で待っていたそうだけど

出て来られた甲斐さんが、その後部ドアを閉めて、車の後ろを回り
奥さん達が立っていた側のドアを開けながら手を振られ

更に、渋滞して遅々として進まない車と並んで
奥さん達が歩道を歩いているのを
車の中から笑ってご覧になっていたかと思ったら

窓を開けて「寒いから(笑)」と早く帰るように?
声をかけて下さったことが一番ビックリしたことみたいです(笑)

まあ、長い間ファンでいると
時にはこんなこともあるんでしょうね(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 甲斐よしひろ BEAT HARD WORK... | トップ | 甲斐よしひろ BEAT HARD WORK... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。