ボクの奥さん

ボクの奥さんは、甲斐よしひろさんの大ファン。そんな彼女との生活をお話したいと思います。

人は見た目が何%?その1

2017-07-11 17:51:00 | 日記
これは、新聞の特集フォーラムのタイトルですが
このタイトルの元になったと思われるドラマについて
主演の女優さんの美しさゆえ、役柄に説得力がない…と触れられたメールに
甲斐さんが「僕も全く同じこと思ってました」と話されてましたよね?

あのドラマでは「100%」になっていたけど
フォーラムのアンケートによれば…
「人を見た目で判断することがありますか?」には
604人中「よくある」が、228人
「たまにある」が、289人

「今の社会では、人は見た目で判断されていると思いますか?」には
「強くそう思う」が、228人
「ある程度そう思う」が、319人…となっていて

「あなたは、自分の見た目を気にしていますか?」も
「とても気にしている」が、149人
「ある程度気にしている」が、349人…という結果でした

個々の解答を見ると…
「太っていた時と痩せた後で、周囲の対応が激変した」とか
「若かりし頃、細くて青い顔色だったので、気分が悪いと思われがちだった
あれからウン十年、ガタイがしっかりした現在
本当に気分がすぐれない時にも、なかなか心配されなくなった」と
同じ個人の方が「見た目の違い」を体験なさっていたり

「若い可愛い痩せ型の女性に仕事上の注意をしたら
上司から『君は大きくて威圧的だから、言われた方は萎縮する
君から注意をしないで欲しい』と言われ
仕事が出来なくても『あのコは弱いから』
私が体調悪くても『君は強いから』で済まされて来ました」という女性がおられたり

「友人から紹介された男性と電話でやりとりし
相手はとても親しげにしていたが
実際に会ってからは音信不通に…」とか
婚活中の30代女性が「まずは写真でイエスかノーになります
やはり見た目が大きなポーションを占めることを痛感しています」と記され

就活中の20代男性が「やはり、人気企業の内定を貰った人は
美男美女が多い気がします
見た目がすべてじゃないかも知れませんが
良くて損することはないと思います」とおっしゃっている一方で

「容姿はかなり良いと言われますし、自分でもそう思います」という
20代前半の女性は「通勤で、顔や胸元などをジロジロ見られますし
休日に出かけると毎回のようにナンパされます

大学在学中の就活では、周りが何十社と受けてやっと内定が貰えたと話す中
私は受けた会社のほとんどから内定を頂いたし
私の学歴では到底内定を貰えないような企業からの内定も貰うことが出来た」そうで

「やはり、他人を評価する際は
人の顔やスタイルなどを重視していると感じましたし
特にこの現代の日本では、女性は顔やスタイルがすべてと言っても
過言ではないのでしょうか」と考えておられ

また、ある50代女性は「若い頃から容姿には恵まれていると感じています
特に何もしなくても人が寄って来て
自分の中身より高い評価をしてくれます
仕事が出来なくても怒られることは一度もありませんでした
容姿にはずいぶん助けられたと思います」と振り返っていらっしゃいます

慶応大学(心理学・脳神経科学)川畑准教授によると…
「私たちは、見た目を手がかりに
人の性格や経済力、健康、能力などを無意識に読み取ります
そのため、見た目で判断するということが生じます

見た目の良い人は、コミュニケーション能力や説得力が高いとみなされ
就職では有利に働きます
見た目の良い教師の授業の方が判りやすいと評価され
生徒の成績も高くなったり

また、見た目の良い生徒は、教師の期待が高くなる傾向にあり
その期待に応えようと頑張るために成績が伸び
更に教師の期待が高まる…といった研究結果もある」らしく
アンケート調査にお答えになった方々の言葉の裏づけになっています

でも「あまりにもだらしない服装をしている人を見ると
『本当にこの人に任せて良いのだろうか』と思ってしまうことがある
しかし、自分の見る目のなさを反省したことも実際にあった」という方や

「臨月の時に病院に行くのに電車に乗っていて
『あの、どうぞ座って下さい』と声をかけてくれたのは
近くに座っていた真面目そうなサラリーマンでも
優しそうなおばさんでもなく、金髪の高校生だった」とおっしゃる方もおられ

また「長い目で見たら、性格が重視される」とか
「見た目の印象もある程度必要だと思いますが
コンプレックスに対してどう向き合い、行動するかが大事
きれいになろうと努力することで
自分の内面に自信がついて来る」との意見もあり

川畑准教授も「見た目を重視する現実がある中で
人と関係を上手く築くためには、自らの見た目を受容し
『どんな自分になりたいのか』を考え、見た目にも気を使って行けば
性格や能力を変えて行くことが出来ると思います

魅力は外見だけでなく、振る舞いや言葉遣いにも反映されます
また、関係が長期に渡ると、見た目の影響は減って行き
夫婦の見た目は時間が経つに連れ似てくるとの研究結果さえあります」

…と、おっしゃっていて、必ずしも「見た目が100%」ではないようだけど
やはり、就職の面接やお見合いといった
限られた時間の中で自己アピールする場合には
容姿の良い方が有利なのかなあと…(汗)

余談ですが、川畑准教授によれば…
顔や体に、人の様々な情報が表れることが研究で明らかになっていて
例えば、男性ホルモンのテストステロンの分泌量が多い男性は
顔の横幅が広がるらしく、企業の経営者に多いとされる顔立ちで

『成功しそう・積極的』と評価されやすい一方で
『支配的・暴力的』とも見られ
実際にそうした顔の男性の性格を調べた研究では
攻撃性の高い傾向がみられたとのことだけど
これを読んで奥さんは、ある方のお顔を思い浮かべたんだとか…(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 甲斐よしひろ BEAT HARD WORK... | トップ | 人は見た目が何%?その2 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。