ノグリの穴

映画をのぞいたら、プイプイっときた。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プラダを着た悪魔

2006-11-19 13:40:09 | Weblog
映画を観にいったのは久しぶりです。
東京国際L&G映画祭以来か。
映画館に行ったのは…というか、今どき「えいがかん」って、言うのかしらん?
まぁ・・・、まあ、いい。
…【嫌われ松子の一生】以来だから、かれこれ、半年近く、足を運んでないのですね。
それらの「映画のぞいたよ~」のブログ更新もしてないですね。
まぁ・・・、まあ、いいか!
いつか、やるんじゃない?
自分のダメさ加減を
懺悔してるのか、開き直っているのか、誰に言い訳してるのか、
よくわからないけれど、
自分をわかって欲しいという気持ち、本当の自分ではない、でも嘘ではない自分をみて欲しいという気持ちが働くから、
こんな…こんなことを書いて、しまうんだろうなぁ…

むなしい。

これだけ、ありとあらゆる、情報があふれて、誰かを知った気でいても、
本当は何も知らない。
僕とは直接関係のない情報だけが能動的に受動される。

歩いてる人が、
エスカレーターに乗る人が、
同じ車両にいる人が、
隣にすわっている人が、
僕の顔を見つめている人が、
スクリーンを観る黒山の人だかりの
ひとつひとつ、
脳みそが、心が、
本当は何を考えているのか・・・わからない。

それは、大切にしまわれているのかしらん?

ブラックボックス?

麻酔は…麻酔は何故、麻酔が効くか、よくわかっていないんだってね。

ムツウ。

痛みを感じない。

・・・痛みを感じない?

情報は痛みを感じなくしてる?


ヨウが前、言ったんです。

「ノグリさんは、俺のこと、まだ3%しか、わかっていないよ。」

さ、3パーセント?

つきあい出して、お互いの部屋を行き来きしていた、
上手くいっているとおもった時期に、突然だったんです。

な、何?
ど、ゆうこと?


何を言いたいのか、深読みしそうな声で、理由を聞くと、
なぁんてことはない、
ヨウの生きてきた年数の内のノグリと付き合っ期間の割合だと言うんです。

自分は、ヨウのこと、知った気でいたんで、その具体的な数字に
軽くショックだったし、
あぁ、本当にその程度しか、知らないのかもしれないなと、
気を引き締めたものでした。


ノ:「ヨウ~、今度の土曜日、映画、観に行かない?」
ヨ:「何?・・・プラダを着た悪魔?」
ノ:「何で、何でわかったの?」
ヨ:「だって、ノグリさん、好きそうだもん。」
ノ:「うー、なんか、やだ。」
ヨ:「じゃ、やめる?」
ノ:「ううん、行きたい。行こう。」
ヨ:「う~ん、どうしようかなぁ~。」
ノ:「えー、行こう。久しぶりだし、休みなんだし、どうせ暇でしょ?」
ヨ:「そういう時は?」
ノ:「?」
ヨ:「(にらみ効かせて)そういう時は何て言うの?」
ノ「(即座に屈辱的に)一緒に映画を観に行って下さい。(ペコリとおじぎ)」
ヨ「いいよ。仕方ない。」

少しはパーセンテージが…
あがったかしらん?

【プラダを着た悪魔】2006.11.18
監督:デヴィッド・フランケル 出演:メリル・ストリープ アン・ハサウェイ

ヨ:「映画の前の夕食は勿論、ノグリさんのおごり。
ピザが食べたい。おいしい、ちゃんとした、かまどで焼いてある、ピッツァが。
店、探しといて。終わったら、スタバでテイクアウトすること。」
ヨ:「後、映画待ってる時間やだから、読むマンガ、買ってきて。
×××HOLiC⑩は私の図書カード。
岡崎京子の最近出た初単行本作品は全巻アンタが買ってるんだから、アンタのお金で。
あたしンち⑫も出ているから、中古で買ってきて。」
ヨ:「えっ、中古でなかったら?
新しいの買うのはやめて。なるだけ中古を探しなさい。あたしンち、面白くて好きだけど、
これに897円も払う気はないのよ。」

感想…感想は、
これから、ヨウのことは、ミランダって、呼ぶことにします!

“That’s all”


また今度。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 彼女と彼 | トップ | あらしのよるに »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事