ノグリの穴

映画をのぞいたら、プイプイっときた。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

THE 有頂天ホテル

2010-02-03 14:21:07 | Weblog
鬼は外、福は内。。。ですね。

外にいった、鬼。。。どうするんでしょうね?

何処、いくんでしょ?

野良化、する?

野良鬼。

外には、出てった鬼が、明日から、うようよ、いっぱいいますから、

気をつけましょうね。

なんなら、かわいそうだと、お思いなら、飼ってみてはいかがでしょうか?

ノグリの家で?

ノグリの家はペット禁止なので。。。

などと、「望みが絶える先生」ネタです。

朝から調子も良くなくて、一日鬼の面をかぶり、全裸で、オ○ニー。
テレビをザッピング。

野良化しそうですね。

野良ノグリ。

人は鬼にもなるし、畜生にも、ブスにも、最低にも、なれるんですね。

だからって、外に出ない訳には行かないです。

鬼、畜生、ブス、最低の反対にも、なれるんだって、信頼を持つことですね。

外に信頼を持てなくても、内に信頼を持たなくっちゃね。

でも、持てない時もあるんです。

何かを待ってる人は、力を持っていないのではなく、
自分の力を、内を信頼してないのかな?(それは自分)

ああ、嫌な話の流れになってきましたね。

新興宗教くさいですよ。

信頼されなくなっちゃいますよ。

でもね、言わせて下さいねー

今年も何とか、年を越せて、ここまで生きてこられたんですよ。

けど、鬼がいっぱいです。

福は待っても、探しても、鬼に食われるだけ、

福の面をつけた、鬼が来るだけです。

大切なのは、「自分自身に対する信頼」を持つこと、維持すること。

プライドとか、自尊心、自負心とも、ニュアンスが違うんだけれど、
その大切なことをする、日々でありたいなと、思う訳です。

気づけば、ヨウが仕事から、帰ってきたではありませんか。

手作り太巻きを丸かじりながら、
ヨウが昨日作ったぶり大根をつつきつつ、
太巻きロールをデザートにカフェオレをすすり、
「さよなら某先生」のアニメDVDをふたりで、見て過ごしましたよ。
節分の夜。
見終わると、ぐったり、しました。

ノー残業デー&休みです。

世の中、「つぶやき」が多くなっていますが、ノグリは、ブログ。

前回、一年ぶりの、ぶり大根でしたが、一週間もたたない内の、太巻きです。

密かに今年は、豆に、年の数だけでも、更新をしよう、映画もみようと、
決意はしている、いたんですがね。。。。

鬼は外!!!って感じ。すでに鬼が内にいます。

更新さぼりの、めんどい鬼が。

てか、なんの為?

まあ、満たされないんですかね。いろいろ。

休みが二日以上の時は、ネタがなくても、映画はみて、更新したいです。

て、いうか、なんの為?

みんな、何の為につぶやいてんの?

なんの為でしょうか?

自分自身に対する信頼を持つ為、維持する為です。

たぶん、書いて、鬼は外、福は内を、したいんですよ。

【THE 有頂天ホテル】2010.2.3
 脚本と監督:三谷幸喜 (2006)

「糸色望先生」と一緒に借りてきたヤツ、何で借りて、のぞいたのかな?
たぶん、前回の【1980】の監督のバンドが「有頂天」って、言うのとか、
部屋の片付けしていたら、前買った「一流ホテルのつくり方 (エイムック 1686) 」の本を
見てしまったとか、そんな理由。

別に三谷ファンとかでは、ありません。

と、わざわざ、ファンではないと書くあたり、
自分の中に鬼がいるんでしょうね。

もちろん、面白いです。三谷作品ですもの~
某国営放送の人形劇も録画してますよ。

一話見て、たまってるけど。(鬼)

「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために。」ですか?

この映画も、そういうのに通じますよね~

出演者もすごいです。
そして、上手いです。

ホテルのスイートルーム名が、【グランドホテル】の出演者名になってると、
ホテルの副支配人役の役所広司が説明がしていましたが、
当然、そのあたりのお勉強と、面白くする努力は惜しんでいません。

良質です。

でも、三谷映画をわざわざ見に行く気にならないんですよ~(鬼)

面白そうだな、見たいなと、思うんですけどね。

ドラマや舞台と違って、今見なくたって、
フジテレビでその内やるだろうって、思っているからでしょうかね。

だったら、ジブリアニメだって、日テレでやるし。
でも、そっちは、行ってますね。

面白いんですよ、三谷映画。みなさん、行って下さい。

でも、自分は行ったことがないんですね~

自分自身が信頼できないわ~

鬼は外!福は内!

何にしても、客が入るのが大変なように、福が内に来るのはも、大変ですね。

また今度。

ジンジャーエール!!!(@三谷)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1980 | トップ |   

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事