信州自由人

のぐケーンのぶろぐ

白駒の森

2017年06月17日 | 山野草

苔に包まれた原生林の神秘な世界、北八ヶ岳苔の森への入口「白駒の森」です。
今年は、苔にとって十分な梅雨の恵みがないのか潤い不足のような気がします。


コメツガやシラビソの樹幹越しに、満面に清水をたたえた「白駒の池」が広がります。


原生林の苔に包まれていくつかの植物が花を咲かせています。
これはユリ科のタケシマラン、下からのぞかないと花を見逃してしまいます。


亜高山帯の針葉樹林下にみられる繊細なスミレはウスバスミレです。
特徴は葉のギザギザ(鋸歯)、ぎょうざの皮を指でつまんだ状に重なり合います。


コミヤマカタバミが花盛り、本種は小葉の角が丸いことが特徴です。
ミヤマカタバミは小葉の角が角張り、オオヤマカタバミの角はいっそう角張ります。
明日は湯の丸レンゲツツジ祭、今年は花が遅めですがボランティアガイドで出ます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アツモリソウ連綿と | トップ | レンゲツツジ花情報 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。