信州自由人

のぐケーンのぶろぐ

畑起こしに集う野鳥

2016年12月31日 | 動物

家庭菜園の秋起こしの時期が遅れ、 “寒起こし” になってしまいました。
部分的に土の表面が5cmほど凍っており大変な重労働ですが、楽しみもあります。
畑を起こすと土の中から昆虫などが出てきますので、それを狙って野鳥が集まるのです。


起こし始めると早速、「ジョウビタキ」のメスが支柱の先で様子見です。
ジョウビタキは、メスもオスも人をそれほど警戒しないのか、近くまで寄ってきます。


愛用の除草ホーの柄は自家製、その柄に止まってくれるとは、可愛さもひとしおです。


好物の昆虫を見つけたのか、畑の中を歩き始めました。


年中見かける「ハクセキレイ」、畑を起こすと必ずと言っていいほどやってきます。
メスなのか、冬毛になったのか、かなり白みがかっています。


何枚かハクセキレイと思って撮影した画像の中に「セグロセキレイ」が写っていました。
両者の見分けは目の下の頬、白ければハクセキレイ、黒ければセグロセキレイです。
スコップでの畑起こしは大変ですが、野鳥たちの訪問に励まされて頑張れます。


柿の木の下に設けた野鳥の食事処は12月初旬に開店し、今年もにぎわっております。
お腹が満たされた様子のカワラヒワが日向ぼっこで一休みです。
明日になると年が変わり干支は酉、おだやかな年になりますように。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 光の花苑のXmas | トップ | 湯ノ丸山系のラン1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

動物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。