ノグブラックの『超色鉛筆』ノグブログ

色鉛筆画の紹介と自転車の事など…。

超色鉛筆テクニック!木枠補足

2016-12-08 10:00:33 | 日記
またかよ…(´Д`)

いやいや、ここは『超色鉛筆』の
魅力を語る上で欠かせない項目ですので、しっかりマスターして頂きたいところなのです…m(_ _)m

①木枠のラインに“ねずみ色”で木目を描き込みます。
*塗り潰さずに『描く』事を意識して、暗くならないように注意して下さい!(^_^)/

②更にこげ茶色で木目を描きます。
*ここも少し濃いめの『線を描く』感じで!

③水色を全体に薄く塗ります。
*ここは描くのでは無く、力を抜き(パウダーを乗せるような感じ)全体のトーンを下げます。
④黄土色で『木』そのものを描きます。
*下描きの木目や、下塗りの水色を活かしながら調子を整えます。
⑤肌色をうっすら
⑥橙色を少し
⑦完成
左側半分が色鉛筆のみ、右は修正液を投入。
どちらがの方が良いか?
…と云うより、好みの問題だと思いますが『超色鉛筆テクニック』で
作品の幅が広がるのは間違い無いと思いますので、よろしければ是非一度お試し下さい m(_ _)m

札幌市中心部の商業施設、駐車場側から撮影
華やかな表通りとは違い、煌びやかな照明も看板も無く、煤けた壁の擦れた文字、夕闇に沈む窓明かり、この窓ひとつひとつに、それぞれ必死に生きている人々の生活が映し出されているようで泣けます。
人も建物も他人に頑張って見せている顔の陰に、やるせない哀しみが…みたいな(T_T)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金魚報告です! | トップ | オス🚹メス🚺・アイテム📍✒📎✏✂📌📐 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。