至らないアタシの日々

食べること、韓流ドラマ、旅行を主に計画

もはや日本は超高齢化社会です。病気になった

2016-03-05 00:46:05 | 日記
介護士という仕事に就いている方の中では、勤務する時間が不規則な上にキツい仕事だということも原因となり、まったく違う仕事に移る方も少なからず存在するそうですが、案外、介護士資格は違う職種の現場においても有益であるケースが多いのです。具体例として、人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、もしも未経験でも、保育に関係する仕事やリラクゼーションサロンのようなところへの就職は容易に可能でしょう。多くの介護士に共通する悩みのタネと言えば、対人関係の問題や夜勤で体調を崩すといった問題があります。一般的に介護士の多くが女性なので、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場もよくあります。また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。転職し、人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのもひとつの選択として、覚えておきましょう。意外に思われるかもしれませんが、介護士には細かな階級が存在するのです。階級のトップからいえば、職場によっても違うのですが、大抵は総介護士長や看護部長と呼ばれている人たちです。具体的に、どのように階級が上がるのかというと、勤務年数を長くして、信頼を得られるように努めることが重要でしょう。もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ高い収入を見込めます。介護士と一般の労働者全般の平均収入を比較すると、平均収入なら明らかに介護士の方が多いです。介護に関わる職場においていつでも人手を求めている、という事情により、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような点も、人気職である所以かもしれません。さてそんな介護士ですが、給料は良いものの、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、介護士を取り巻く仕事環境は、あまり良いものとは言えないようです。介護士が働ける場所というのはクリニックや介護施設の他にも存在します。それはどこかというと、介護施設です。そのうちのグループホームでもまだまだ介護士は足りていません。このグループホームにいるのは、認知症の問題を抱えている方、というのが条件なので、そのことを心に留めて介護することが重要です。介護関係に携わりたいという介護士の方は、勤務先にグループホームを選択することも考えてみると良いでしょう。
宮城県伊具郡丸森町 丸森駅 社会福祉士求人
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近頃、夏が楽しみなんです。... | トップ | 民泊が人気ですが問題も »

日記」カテゴリの最新記事