ノエルのブログ

文学、映画、ガーデンを巡る雑記帳

ルパン三世 カリオストロの城

2017-05-03 16:50:20 | 映画

前から見よう見ようと思っていた、「カリオストロの城」をやっと 観ることができました。
といっても、小学校の低学年(と思う)の時、初めて観て以来、何度も観たことのある映画なのだけれど……。

多分、ルパン三世が長編アニメになった第一作ではないかと思われる、この作品――思い出しても、いい作品だったなあ。
と、追憶にふけりながら、昼間のキッチンで「おひとり様ロードショー」を開いたのであります。

相変わらずハチャメチャなルパンがやってきたのは、カリオストロ公国。ここで秘密裏に鋳造されている偽札を狙ってのことですが、おりしも、公国のプリンセス、クラリスがカリオストロ伯爵との婚礼を嫌って、逃走するシーンに出くわします。
実は、クラリスがいつも指にはめている紋章がほられた青い指輪。それが、同じく伯爵のはめている赤い指輪と対になった時、隠されていた秘宝への扉が開くのでした。

クラリス姫と秘宝をめぐって、ルパンとカリオストロ伯爵との攻防戦が繰り広げられる――というおなじみのストーリーなのですが、今あらためて見返しても、つくづく感嘆するのは、ヨーロッパの小国を描く、宮崎駿の手腕。 城の中の調度、紋章、村の情景……等々、古き良き時代のヨーロッパの雰囲気が匂い立つようなのであります。

昔、わたしが小学生だった頃も、このアニメ映画は大人気で、ヒロインのクラリスは、ポスターがクラス内に出回るほど、「美少女アイドル」の扱いでありました(「機動戦士ガンダム」のセイラ・マスやララア・スン、なども懐かしいなあ)。
この映画を今、見直しても、白いブラウスに簡素なボウタイ、スカートというシンプルな服装に、大きな青い瞳がきらめくクラリスは、「高貴な汚れなき美少女」のオーラが漂っています。

あんまり有名な映画なので、ストーリー紹介などは、もう省らせて頂くことにしますが、題名にも使われているカリオストロ、という名前にもピンとくる人は来るはず。そう、アルセーヌ・ルパンの物語にも出てくる、ルパンの宿命の敵である女盗賊カリオストロ伯爵夫人から、取ったものであります。
カリオストロ伯爵夫人は、のちの怪盗ルパンがまだ二十歳の時出会った、美しい盗賊なのですが、ルパンと愛し合い、のちに仇敵になるという役どころ。青年ルパンの生まれたばかりの息子を誘拐し、それが二十八年後まで行方知れずだというエピソードを生み出すほど、その執念は長く、ルパンに絡み続けます(ポプラ社から出ていたアルセーヌ・ルパンシリーズの「ルパン 最後の冒険」にこの経緯が明らか。ああ、このシリーズも挿絵や文章が好きで、子供の頃、何度読み返したことか!)。



そして、映画の最後、カリオストロ城が崩れ、水門から濠の水がすっかり抜かれてしまいますが、そこに姿をあらわしたのは、なんと古代ローマの町の遺跡だった……という光景。
映像の美しさもさることながら、あまりのドラマチックな情景に陶然としてしまいますが、これもアルセーヌ・ルパンの物語からの焼き直しなのですね。
ルパンシリーズの「緑の瞳の令嬢」を読んだ読者なら、ご存じのように最後に湖の底から、古代ローマの町が現れます。 数多いルパンシリーズの中でも、比べるもののない、豊かな想像力と美しさを持つ結末でしたが、私もこの本を六歳の時読んで以来、すっかり物語のとりこになってしまいました。

思うに、サン・テグデュペリの「星の王子様」と並んで、私が物語の美しさに目覚めた、最初の本になるのでは?
よけいな、思い入れをダラダラと書いてしましましたが、多くの人に愛されてきた「ルパン三世 カリオストロの城」。今見直しても、往年の日本アニメの実力と面白さがいっぱいに含まれています。ぜひ、ご覧あれ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 騎士団長殺し | トップ | 塔の上のラプンツェル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。