ノエルのブログ

文学、映画、ガーデンを巡る雑記帳

高階良子さんの世界

2017-06-22 22:26:34 | 本と雑誌
  
少女マンガは、ほとんど読まなくなってしまったのだけれど、今も熱烈に読み続けているただ一人の少女漫画家、高階良子さん。彼女の膨大な、といえる作品のほぼすべてを読んでいるといっても、過言ではありません。

思いおこせば、私がはじめて高階さんのマンガを読んだのは、まだ幼稚園の頃、友達の家ででした。少女マンガ雑誌「なかよし」(今でも、あるのかな?)の付録についていた「赤い沼」を、友達の家の二階のうらうらと日がさす窓辺で読んだことは、あれから長い時がたった今もあざやかなのであります。

この「赤い沼」……、今でいうホラーだったと思うのだけど、「かごめかごめのわらべ歌」だとか「鬼子母神」の伝説だとかが、たくみに練り込まれ、幼心にその面白さに時間を忘れたもの。
そして、小学校時代――当時、高階さんのマンガの黄金時代だったはずで、クラスでもそのコミックスが回し読みされていたものでした。
「地獄でメスが光る」とか「化石の島」、「修学旅行殺人事件」「交換日記殺人事件」……ああ、こうタイトルを並べただけでも、当時の興奮がよみがえりそう

それからずーっと四十年にわたるおつきあいであります(考えてみれば、40年以上も、現役の漫画家として活動しているなんて、スゴイ!の一言。さすが、ミステリーの女王というべきか)。

ちょっと目がさえて、眠れないなあなんて時は、高階良子さんのマンガを(数えきれないほど読み返しているにもかかわらず)、ベッドに持ち込むことにしています。
ミステリーや怪奇ロマンは、夜更けの静かな時間が似合うんだもの。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭のマロニエ―アンネ・フラン... | トップ | きつね寿司を食べる犬 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本と雑誌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。