ノエルのブログ

文学、映画、ガーデンを巡る雑記帳

名探偵コナン

2016-10-08 21:37:07 | 本と雑誌

こないだ買ったマンガ、「名探偵コナン90巻」。

マンガというものを、あんまり読まなくなったなあ~と思うのだけれど(私説ですが、若者でないのに、マンガ好きというのは、心が若い証拠だと確信してます)、細く長く続いているのが、このコナンとの付き合い。 今を去る20年も前、喫茶室で毎度楽しみに、「少年サンデー」を開いて、お目当てのコナンを読んでいたもの。

あれから、私は年を取ったのに、コナンは今も小学1年生のまま。そして、コナンを子供の姿にしてしまった「黒の組織」の秘密もい~っこうに進展しないまま。それやこれやでもう90巻……おい、いい加減にしないとすぐ100巻来てしまうぞ、と作者の青山剛昌さんに言いたくなってくるぐらいなのですが、謎が謎をひっぱり、飽きさせない、このマンガ。

この魅力って不思議。大体、個人的には、長~い話や長編が苦手だというのに……。 「黒の組織」の謎の美女であるクリス・ヴィンヤード。その実体はアメリカの女優なのですが、その死んでしまった母親シャロン・ヴィンヤードも女優。しかし、実はシャロンとクリスは同一人物!
そして、クリスは20年前から少しも年を取っていない、という謎――う~ん、気になる。気になってたまらない! のですが、コミックが出るたび、飛びついても、子供になった名探偵コナンが謎解きをする、小さな事件ばかりで、なかなか大団円へと向かわないのであります。

色々、ミステリを読んできたけれど、こんなにじらされ、待たされる作品にはお目にかかったことがありませんわ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 素敵なお茶室 | トップ | イングリッド・バーグマン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本と雑誌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。