ノエルのブログ

文学、映画、ガーデンを巡る雑記帳

塔の上のラプンツェル

2017-05-03 19:04:10 | 映画

ディズニーアニメ「塔の上のラプンツェル」を観ました。 と~っても、面白かった
思うに、ディズニーアニメというのは、ハッピーエンドで終わることが、ほぼ鉄則なので安心してみることができるのですね。それと、技術の粋をきわめたハイテクニックな映像と、時おりはさまれるミュージカル調の歌やふりが、ディズニーの世界。

さて、この映画――タイトルからして想像がつくように、昔話の「ラプンツェル」が原作であります。 高い塔の上に魔女にさらわれた美少女が一人住む。彼女は、輝く金髪の長い長い髪を持ち、くだんの魔女が訪れる際は、「ラプンチェル、髪をおろして」と下から叫ぶ。すると、長い長い髪が、塔の上からするりと伸び、それをロープがわりにして、魔女は塔の部屋にやってくるというお話。もちろん、最後にラプンツェルを、とある国の王子様が発見し、二人は結ばれるというラブストーリーなのでありますが、このよく知られた物語をディズニーが料理すると、どういうことになるか?

まず、ラプンツェルは、何でもない可愛らしい赤ちゃんなどではなく、れっきしとした王国のプリンセスという設定になっています。原作では、妊娠中の奥さんが、魔女の庭に実っている美味しそうな野菜を食べたがったため、その夫がしのびこんで、泥棒しようとしたところを魔女に見とがめられ、生まれた赤ん坊を差しださなければならなかった――という展開になっていたと思うのですが…。

そして、ヒロインを救うヒーローも、ロマンチックな白馬の王子様などではなく、あらゆるところを渡り歩いてきた、お尋ね者の青年(でも、素晴らしくハンサムな)。彼と仲間が盗み出した王国の王冠を持って、逃走中、偶然、ラプンツェルの塔にやってきます。
初めて見た人間に、立ち向かうラプンツェルが武器として持つのは、なんと🍳フライパン! これが、まず笑えます。

隠した王冠を返す代償に、ラプンツェルが申し出たのは、城の方の夜空に見える無数の灯りを見に連れて行ってくれること。実は、国王夫妻は、いなくなった娘を悲しみ、毎年、彼女の誕生日に、灯りを飛ばせていたのです。おりしも、ラプンツェルの18回目の誕生日がやってこようとしていました……。


こんな風に脚色されているのですが、原作以上に起伏のあるストーリーに仕上げていることや、そのオリジナリティーには、「さすがは、ディズニー」と脱帽すること間違いなし。
       
物語の最後、ついに城にたどりついたラプンツェルと強盗の青年(フリン・ライダー)は、灯りが空へ放たれる場面にでくわすのですが、その灯りは、まるで東洋のランタンのようで、、うっとりするほど幻想的な美しさです。
まるで、まわりが、輝くランタンの船で満ち溢れ、ラプンツェルとフリンの二人を祝福してくれるかのようなシーンは、映画が終わった後も、まぶたの裏にくっきりと焼き付いてしまいました。

また、ぜひぜひ繰り返しみたい映画が、一つ生まれました。 これも、私の映画ライブラリーに、入れさせていただきませう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルパン三世 カリオストロの城 | トップ | 絵本の雑誌「MOE」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。