ノエルのブログ

文学、映画、ガーデンを巡る雑記帳

ある日の日記

2018-01-17 21:01:51 | 日記
このところ、毎日雑用があり外出する日々。 
外出すると、疲れる。  それで、家に帰るとしばらくぼんやりしているのだが、ふと窓の外に目をやると、屋根の上に茶と黒のぶちの猫が一匹ゆうゆうと歩いている。

いつのころからか、うちの屋根の上に住んでいるらしい猫である。廊下を歩いていたら、中庭にいたり、キッチンで朝食を食べていたら、窓の外の坪庭にある木を突然、彼女(もしくは、彼?)が下りてきてびっくりしたこともある。

裏庭の小屋が開いていて、そこにあるノエルのご飯やおやつの袋が破られていて、猫が食べた形跡もあったり――お腹すいているんだろうなあ。かわいそうに。

といっても、野良猫はどんな感染症を持っているかわからないし、飼うことは無理。

でも、猫が気になる……と思っていたら、今街の映画館で、トルコのイスタンブールで、野良猫たちが近くの住民に愛されて、生き生きと生活しているさまをドキュメンタリーで撮った映画を公開しているのだそう。 ああ、見たいなあ。
以前行った、イスタンブールのエキゾチックで魅力的な街なみをもう一度、スクリーンで見ることができるし。

それにしても、あちらの人は、日本人より野良猫とのつきあいが上手‼ 昔、ローマの遺跡に猫がたくさんいるのにびっくりしたのだが、そばの絵ハガキスタンドでは、可愛らしい猫が遺跡のあちこちで、ポーズ(?)をとっているポストカードが色々売られていたもの。

ウィルスとか感染症の心配さえなかったら、いいのにねと思いつつ、猫を見ています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハナムプトラ

2018-01-17 20:47:48 | 映画
  以前、話題になった古代エジプトを舞台にしたハリウッド映画。
といっても、この場合、現実のエジプトではなく、時空を超えた摩訶不思議な古代ファンタジーというべき世界が出現している。


時代考証がちょっとね……というわけかどうか知らないのだが、見ごたえのある物語というよりB級の作品といっていい。
1920年代だか、30年代を舞台に、発掘ブームが盛んだった頃、ひょんなことから伝説の古代エジプトの都市ハナムプトラへの鍵を開いた主人公たち。
古代エジプトにいた前世に、ファラオの側室のアクナムスンと恋に落ちたため、呪いと共に葬られた神官――彼が、現生によみがえり、永遠の恋人アクナムスンを再生させようと
する――というストーリー。

思いっきりドラマチックな設定といい、私好みの物語のはずなのだけど、時代考証や美術考証が?な上に、ストーリー作りにも粗さが目立つので、一応続編も見たけれど、どうして人気映画なのかわからないなぁ


  でも、観客に壮大な物語を見せようという心意気、さすがはハリウッド! と思わされた作品。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青い花――瀬戸内寂聴少女小説集

2018-01-12 19:43:10 | 本と雑誌

「青い花」 瀬戸内寂聴 作 小学館


 思いっきり、レトロな装丁に「少女小説」というタイトルが、昔むかしの物語を連想させる本であります。
実は、この本、母の年上の友人の方から、かしていただいたもの。 「寂聴さんから本を送っていただいたのだけど、今ちょっと本が読みづらいから、おたくのお嬢さんに先に読んでもらえたらいいと思って」とおっしゃったというのですが、ありがたく読ませていただくことに。
もちろん、これは寂聴さんが現在書かれたものでなく、ごく若い頃、書かれた初期のもの。

タイトルの「青い花」がとても素晴らしかった!のです。ああ、いにしえの(戦前とか戦後まもなくとか)女学生って、こんなに夢見る乙女然としていたんだなあ。
美しい女の先生への憧れとか、親友の女の子とのちょっと同性愛めいた感情(これって、当時はSとか言っていたらしいのだけれど)……私が小学校のころ、図書館で借りた昔の少女小説も、こんな風に美しいロマンチックな雰囲気だったもの。懐かしいです。


本をかしてくださった方は、寂聴さんとは女子大学時代の親友で、以来ずっと親しい関係が続いているというのですが、よく考えたら今95歳として――80年近くも友情が続いてきたことになるのですね。 これも、凄いなあ……。

後年は、よく知られているように、華やかな文体で、様々な歴史上の女性の伝記小説などを数多く書かれている瀬戸内寂聴さんですが、ここには、まだ原石のみずみずしさが感じられるのであります。私も、ひととき、昔のロマンチックな女学生の世界にワープ!  この頃の時代のムードって、あまりにも変化が速く、人の情感もドライになりつつある現代から見ると、別世界の趣で、憧憬さえ感じてしまいそう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ある日どこかで

2017-12-25 00:20:06 | 映画
  
映画「ある日どこかで」を観ました。実は、これも子供の頃から、ずっと見たいと思い続けてきた映画。

内容も、おぼろげには知っていたのですが、実際に観てみると想像以上にロマンティツク! 主演が何と、「スーパーマン」で知られるクリストファー・リーブ。
相手役の美女エリーズを演ずるのは、ジェーン・シーモア。この人も、かなりの美女であります。


1972年、劇作家のリチャード・コリアーが初舞台の成功を、仲間たちと共に喜んでいた時、会場の隅にいた上品な老女が、いきなりそばに、近づいてきます。そして、リチャードに古めかしい懐中時計を預けて、ささやいたのは「私のもとに帰ってきて」という謎の言葉。
数年後、私生活に行き詰まっていたリチャードは、ふと訪れたホテルの資料室で、若く美しい女性の肖像写真を見ることになります。ホテルのボーイに聞いたところ、それは1912年、このホテルで公演をした、当時の人気女優のエリーズ・マッケナという女性――そして、リチャードは、彼女が、1912年を最後に活動をやめ、1972年に亡くなったことを知ります。

では、数年前話しかけてきた老女は彼女だったのか…? それからというもの、エリーズの美しい面影が頭から離れなくなってしまったリチャード。彼は、時間旅行の極意を知り、ついに1912年に旅立つことに。
そこで会ったエリーズも、やがて彼に愛情を抱きはじめ、二人の愛は成就するかに見えたのですが――というのが大体のあらすじ。

どうです?スゴーク、ロマンチックな話でしょう? おまけに物語の舞台となる1912年というのが、二十世紀初頭の優雅な時代で、当時のファッションやホテルの雰囲気にもうっとり!
クリストファーも、ジェーン・シーモアもこの時空を超えたロマンスを演ずるにふさわしく、若く美しく、それが映画の魅力をいやが上にも高めてくれるのであります。

ただロマンスというのは、悲劇に終わる方が、より一層美しいのですね。はい、だから、リチャードにもエリーズにも苛酷な別れが待っていました。身に着けた現代の硬貨一枚のため、自分の属する現代に戻らなくてはならなくなってしまったリチャード。彼は、エリーズのいる過去に戻ろうとしますが、もはや時間旅行は不可能になっていたのでした。

食事もとらず、命も危険な状態になっていた彼を、ホテルの人達が見つけ、蘇生措置をほどそうとします。しかし、その時の彼はすでに、肉体のくびきを離れて、愛しいエリーズと再会を果たしていた……というエンディング。

小品なのだけれど、とっても心にしみるラブ・ストーリーでした。こんな映画を見られたなんて、幸せ
あれ? ということは、意外にも私もロマンティックなところがあるのかも?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プチ・クリスマス

2017-12-23 20:20:43 | 日記・エッセイ・コラム
  
明日は、クリスマス・イブ――あっという間に時間が、過ぎてしまいまする。

上の写真は、お手洗いの棚の上に飾った赤い実の籠と、クリスマスツリーの形をした室内用フレグランス。
クリスマスツリーの形をしたボトルの中に緑の液体が入っていて、金色のトナカイのイラストが描かれているデザインが気に入って、「アフタヌーンティー」で1000円で買ったのだけど、これで十分クリスマスっぽいムードに。

ああ、トイレの中でも、ちょこっと飾ると楽しいなあ


         
 離れのテーブルの上には、真っ赤なシクラメンを。  寒い冬には、赤が一番、魅力的な色に変わる気がするのですが、皆さんはどう思われますか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いのちの姿

2017-12-23 19:50:32 | 本と雑誌
  
ここのところ、しばらく疲れていて、文字を読んだり、何かに集中することが困難だった。 読書もなかなかできないので、しばらくぶりにカリグラフィーの練習をしたら、1時間が精いっぱいというところ……でも、何とか持ち直したようなので、これも久しぶりにブログを書くことに。

今夜の本は、宮本輝のエッセイ「いのちの姿」(集英社文庫)であります。宮本輝の若い頃書かれたエッセイ「二十歳の火影」とかがスゴク良かったので、何十年ぶりかで、このほど出た「いのちの姿」を期待十分で読んだのだけど、やっぱり良かった!(といっても、この本を読んだのは、大分前)

何しろ、内容が凄い。 彼の子供時代や、若い頃の思い出がふんだんに散りばめられているのだが、戦後まもなくの大阪ってこんなんだったんだ……。


デビュー作となった「泥の河」の舞台となった川で船に乗って生活する貧しい人達や、シルクロードでの旅の思い出。一つ一つが、珠玉のような体験というべきもので、「深い人生体験」ってこういうのを言うんだなあ、と、とても感動してしまった。

中でも、深く印象に残ったのは、「トンネル長屋」の章。宮本輝氏は、十歳の時、その長屋に住む叔母のところに、しばらく預けられるのだが、ここがとんでもないところ。何せ、建物自体が道路をはさんで二階でくっついていて、凹の字を逆さまにしたような、違法建築なのだ。

そこで、繰り広げられる人間模様を、幼い宮本輝は見聞きすることになるのだけれど、闇の金貸しだとか、キャバレーで働いていたり……と住人の姿も様々。ある日など、二階の部屋で一人暮らしの老人が亡くなっていたりするのだが、発見者は何と、彼。どうしてかというと、この長屋では、部屋と部屋の押し入れが、自由に出入りできるようになって、幼い宮本輝は、そこを抜けて遊んでいたというわけ。


また、ある時は、もと教師という中年男に「自分の部屋の鍵をかけてくれ」と頼まれ、そうすると、後日、その教師の自殺死体が部屋で見つかった――というかなりすさまじいエピソードも。 駆けつけた警官に「また、お前か。お前に行くところ、事件ばかり起こる」とどやされたりする後日談も待っているのだが、本当、凄いなあ……こんな体験をしてきたんだ。貧民窟といっていい世界で、幼い宮本輝氏は、人生の縮図とでもいうべき世界を「見て」来たのに違いない。
 彼の小説の面白さの秘密が、わかったような気がするのでありました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスリース

2017-12-11 18:44:13 | 日記・エッセイ・コラム
   
昨日、植物園のワークショップで作ってみたクリスマスリース。
 思ったより、大きくて35センチくらいの大きさがあるんだって。


「作った」なんて言っているけれど、ドーナツ形の輪になった芯の部分にヒノキの葉を巻きつけていく作業がうまくいかず、ボリュームのないペタンとした貧弱な形にしかできない……。

見かねた講師の方が、後ほとんど全部作ってくれたのであります。以前から思っていたけど、私は紙の上とか二次元のデザインならまだなんとかなるとしても、三次元という立体的なものとなると手も足も出なくなってしまうなあ。

リースも、ボリュームや立体感がなければ、クリスマスらしい華やかさなんか出ないですね。
写真は、持ち帰ったリースを母が「こうしたら、リボンや鈴なんかの飾りがよりはっきり見えるわよ」とさらに、いじって直したもの。

 でも、このリース――本物の植物の葉を使った「生のリース」にしかない魅力があると思いませんか?
 生の植物とは言え、一か月くらいは持つそう。飾って、楽しもう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々つれづれ

2017-12-09 21:03:07 | 日記・エッセイ・コラム
毎日さぶ~い 疲れ気味もあって、ここのところ、おうちで過ごしている。
     
 
これは、しばらく前、庭に実っていた赤い実を皿に飾ったもの。 葉っぱって、緑や茶がまだら模様に溶け合って、不可思議な風情になる。


そんなこんなで、こないだはじっくりTVを観たのだが、これは古代ローマの皇帝ネロを取りあげたもの。この「プロファイラー」という番組は、岡田准一が進行役を務めているのだが、今さらながらに知ったネロの生涯――とんでもない奴もいたもんだ

こんな奴が、ユリウス・カエサルの、またアウグトゥスの血を引く正当な皇帝だったなんて――でも、同時代ではなく、もうはるかな古代に属する人物だから、「面白い」とお気楽に楽しめてしまったりできる。暴君の古代ローマ皇帝というのは、それだけで一つの魅力。
でも、石像や絵画に残っているネロは、まだ若い青年とは言え、太って、二重あごで、全体に鈍重そうな体つき。
名だたる美青年だったアウグトゥスの孫とは思えないし、同じ狂気のローマ皇帝と言われた叔父のカリギュラや、後代のヘリオガルバスも皆イケメンだったのに、このネロは……という訳で今まで、あんまり興味がなかった。


でも皇帝の座を追われ、自死する時、「世界は何と偉大な芸術家を失うことか」と慨嘆したというエピソードや、歌手になることが夢でいつも、竪琴を持っていたとか、色々面白い話は尽きない人なのでありました。

同番組には、尾木ママも出演していて、ネロのことにふれ「人に愛されない人の特徴というのは、自分が決して人を愛することを知らないんですね」とかコメントをしていた。
尾木ママって、いつも良いこと言うなあ~。  教育評論家として、絶大な支持があるのもうなずけるのであります。


 それから、夕方のニュースで、パンダの金貨が発売されたとのこと。「パンダの金貨?」と思わず、画面をのぞきこむと、この間上野zooで生まれた、パンダの赤ちゃんシャンシャン(香香)を記念して、値段にして何と100万円あまりもする金貨が作られたのだそう。 その金貨は、前が可愛くないパンダのイラスト、裏面がパンダのお尻を彫りこんだという、思いっきり凝った(?)デザイン。
こんなものを、高い値段を出して買う人もいるんだなあ……世の中、広いね。

とはいっても、私もパンダは大好き! 小学生の時、上野動物園にパンダを見に行った時のうれしさは今でも、忘れられないくらい。
シャンシャンも、機会があれば、会いに行きたいな


      
クリスマスリースを作るので、用意したハサミとペンチ。モノづくりは久しぶりなので、ちょっとワクワクするのだけど、どうぞ怪我しませんように。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カイの木とのお別れ

2017-11-25 21:19:45 | ガーデニング
   


 

 ノエルハーブガーデンで、ひときわ美しい木であるカイ。毎年秋ともなると、美しい紅葉が夕陽に映えて、そばのベンチに座って飽かず眺めていたいくらいだったもの。

上の写真は、ノエル葡萄小屋の裏手から撮ったものと、その天井のガラスの上に被さる様子を撮ったもの。どちらも、オレンジや黄に燃える葉が、溜息をつきたくなるほど、見事。

  
  温室内のガラス越しからは、こんな風に。初冬の今も残った葡萄の房が、ご愛敬であります。


        
今年は、とりわけ身にしみるような繊細な美しさがあるのですが、その分胸が痛みます。

 というのは、このカイの木をもうすぐ切り倒さなければいいけなくなったから。というのは、年と共に木は大きくなり、晩秋ともなると、無数といっていいほど多くの葉が、庭園や路上に降りしきるのです。  なかなか掃除しきれないし、両親も高齢になり、ガーデンを将来も維持できそうにない…ことから、すっぱりとした決断が必要でした。


 
 この紅葉とも、木の葉の間を透かして見える木漏れ日とも、今年限りでお別れなのか――とても淋しい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

金泥練り

2017-11-25 20:50:58 | カリグラフィー
芦屋の「スタジオレターアーツ」へ。

今日は、以前もやった金泥練りをすることに。
といっても、もう3年以上前くらいになり、記憶もあやふやとなっていた。

だから、ちゃんと記録しておこう! というわけでここにメモ。

 まず、ガムアラビックの粉をお皿に入れる。
     
 それに水を少量入れ、滑らかになるまでよく練る。

         


 金泥を入れ、練りはじめる。   


 これを何と1時間! 片手の人さし指だけで練っていたら、指がつりそうになる。 突き指とかしてしまいそうでごわす。
 
 先生に「もっと、水を入れたらずい分練りやすくなるのに」と言うと、「それだと、『練る』のじゃなく、混ぜるだけになってしまうから」だって。

 水をスポイトに1~2滴ほどだけ、垂らしてもらいそれを練る……水分がなくなって固くなり、指が動かなくなるので、また水を足してもらう。
 この繰り返しが、エンドレスか…と思ったところで、ようやく終了の合図。


     


  指についた金を流すようにして、皿のまわりにこびりついた金を水に溶かして、八分目まで水を入れる。

  上の写真が、それ。でも、このまま一晩置いて、上澄みの水を捨て、完全に乾かすことが必要なのだとか。これで、ようやく輝く黄金――金泥――が生まれるのだ


 来年は作品展。夏には、ギルド展もあるから、作品のアイデアを出しておかなきゃ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加