のどかなケイバ

一口馬主やってます

女神「橋本隊員奪回作戦!」3

2017-07-15 11:31:12 | 女神
 外はまだまだ青空です。今カマボコ型の格納庫からストーク号が出てきました。
 そのストーク号のコックピット。香川隊長と寒川隊員が並んで座ってます。その背後には前回までなかった補助席があります。今そのイスには女神隊員が座ってます。今の女神隊員はフルフェイスのヘルメットを被ってます。巷で噂されてるヘルメットレディになってました。
 フルフェイスのヘルメットで顔色は見えないのですが、女神隊員は何か複雑なことを考えてるようです。乗りたくもなかったストーク号に今こうして乗っている。そして地球上で一番嫌いな人物、橋本元隊員を救出しようとしている。嫌だ。とても嫌だ。でも、拒否できない。拒否したらテレストリアルガードクビ。クビになったら警察に連行され、どんなひどいことをされるのか?
 すべてを放棄して今ここで巨大化してしまおうか? いや、そんなことしたら、香川隊長まで殺してしまいます。私が生きながらえてるのは隊長のおかげ。そんなことはとてもとても。
「そーいや、倉見は?」
 その隊長の質問に寒川隊員が応えました。
「今日もお休みです」
「ふふ、そうか。あいつも辞める気だな。
 よし、離陸!」
 隊長の声のトーンが変わりました。命令モードです。
「了解!」
 ストーク号が垂直離陸しました。
 隊長が再び命令します。
「水平停止!」
「水平停止します!」
「認識ステルス機能作動」
「了解!」
 ストーク号の外壁に薄い光の膜が現れました。隊長は今度はオペレーションルームの上溝隊員を呼びました。
「どうだ? レーダーに映ってるか?」
 オペレーションルーム、上溝隊員がモニターを見ながら、
「隊長、ストーク号の機影が消えました!」
 再びストーク号のコックピット。
「よし! 出発だ!」
 今度はストーク号そのものがふっと消えてしまいました。

 別の上空です。ストーク号がふっと出現しました。真下にはプライベートジェット機が飛んでいます。ストーク号はプライベートジェット機の2倍以上の大きさがあるのですが、プライベートジェット機はストーク号の存在にまったく気づいてません。これは認識ステルスのせいです。認識ステルス機能を作動させると、レーダーでも肉眼でも認識できなくなってしまうのです。これもヴィーヴルのから供与された技術の1つです。
 ストーク号のコックピット。隊長は真下に見える機影を見て、
「あれに橋本が乗ってるのか?」
「100%とは言えませんが、運行記録から99%乗ってるのは確かなようです。どうしましょう? アームで掴まえますか?」
「いや、掴まえた瞬間自爆されると、こっちも墜落するぞ。それに99%乗ってるてことは、1%は乗ってないてこと。万一乗ってないと、国際的な問題になるな。さーて、どうするか・・・」
 隊長はちょっと考えました。そしてそのまま横目で後方を見ました。
「女神隊員!」
 突然呼びかけられ、女神隊員はびっくりです。
「あ、はい!」
「テレポーテーションであの飛行機に乗り移ること、できるか?」
「で、できますけど、テレポーテーションすると、どうしても向こうで大きな音が出てしまいます」
「じゃ、行ってくれないか?」
 その発言を聞いて女神隊員はびっくりです。
「ええ?」
 寒川隊員はこの隊長の命令に懐疑的です。
「隊長、向こうに行ったら女神さんはハチの巣になってしまいますよ!」
「ふっ、テレストリアルガードの隊員服は完全防弾服だ。アサルトライフルを何十発喰らっても十分防げるはずだ。それに女神隊員はバリアを張れるだろ」
 隊長さん、確かに女神隊員はバリアを張れますが、それは一方向だけ。同時に多方向に張ることはできませんよ。あなたは女神隊員と初遭遇したとき、それを見てますよね。
 敵のど真ん中に入っていくってことは、どこから銃弾が飛んでくるのかわからないってこと。テレポーテーションした瞬間、女神隊員はハチの巣になってしまう可能性があるのです。アサルトライフルを数十発も喰らったら、隊員服は無事でも、その中の人が無事であるはずがありません。
 女神隊員は著しい嫌悪感を感じました。この命令はほんとうに嫌です。死んでこいと言ってるようなものです。けど、女神隊員は命令を拒否できません。行くしかないのです。
 隊長は懐に手を伸ばし、レーザーガンを取り出しました。そしてその銃を女神隊員の目の前に突き出しました。
「もってけ」
「いや、いいです!」
 女神隊員は珍しく反抗的な言動を発しました。
「そっか」
 隊長はレーザーガンを懐に戻しました。
「じゃ、行ってくれ」
 女神隊員は5点式シートベルトを外し、立ち上がりました。次の瞬間、女神隊員の姿はふっと消えました。女神隊員が消えると、寒川隊員が隊長に喰ってかかりました。
「隊長、いくらなんでもひどいですよ! あれじゃ、女神さんに死んでこいと言ってるようなものです!」
「お前なあ、ジェット機の中で銃撃てると思ってるのか?」
「え?」
「ま、はねっ返りが2・3人いて拳銃を撃つかもしれないが、その程度ならなんとかなるだろ。
 あいつならなんとかしてくれるはずだ。オレが雇ったくらいだからな。もし失敗したら、オレ、この仕事、辞めていいよ!」
 大胆な発言に寒川隊員は言葉を失ってしまいました。

 ここはプライベートジェット機のキャビンです。電気イスのようなものものしいイスがあり、今そこに橋本さんが縛りつけられています。橋本さんは上半身裸です。かなり息が荒いようです。全身汗でびっしょりです。橋本さんの前には初老の男がいます。昨日中華料理屋で橋本さんに話しかけてきた男です。パチンコ屋で遭遇した巨大な男もいます。その他数人の男がいます。まず、初老の男の発言。
「ふー、なかなかしゃべってくれませんねぇ」
 初老の男は近くにいた別の男に命令しました。
「もうちょっと追加してやれ」
「はい!」
 男は注射器を手にし、橋本さんの左手に注射針を刺しました。
「や、やめろ・・・」
 男は注射器の押子を押しました。橋本さんの身体に衝撃が走りました。
「ぐぁーっ!」
「苦しいですか? 素直にしゃべればこんなことにならずにすむのに、あなたはほんとうにおバカさんですねぇ」
 橋本さんは泡を吹き、白目をむいて、がくっと首を垂れました。それを見て初老の男は慌てました。
「お、おい、死んだんじゃないだろうなあ?」
 注射を打った男が橋本さんの胸に聴診器を当てました。
「心臓は動いてます。気を失っただけです」
「ふーっ、焦らせおって・・・ どうもこのクスリはこいつの体質に合わないような。本国に帰ったら、別のクスリを使いますか」
 それに巨大な男が応えました。
「クスリなんかまどろっこしいや。オレのこの腕力で吐かせてやりますよ」
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キュイキュイが福島競馬に出... | トップ | 騎手はやる気があったのか、... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。