のだ

10年熟成(放置)していた自転車を復活させました。
運動不足の解消程度と思っていたのがハマッテしまいました。

奈良サイクリングロード ルートラボで作りました。

2011年06月26日 00時03分24秒 | 自転車 ルート

ユピテルの、ハンディGPSマップ ASG-CM21に 地図データ(GPX)として入れたかったので
ルートラボで描きました。

1、奈良自転車道
 名称: 奈良西の京斑鳩自転車道線
 奈良 西の京 斑鳩 自転車道で区切って読みます。

      ルートラボへ: 奈良自転車道(全線)

近鉄奈良駅前を起点とし、 東大寺 転害門、 奈良ドリームランド跡地前を抜け、
北側へ迂回してから、平城宮跡に入り、西の京(唐招提寺、薬師寺)の東側を流れる
秋篠川沿いに南下 大和郡山市から南西の 斑鳩(法隆寺)へ向かうルートです。

東大寺を起点として、法隆寺または飛鳥石舞台に向かうだけなら、奈良自転車道の前半部分は走りづらく
観光としても面白みも無いので 東大寺からJR奈良駅を目指し駅の北側を東西に抜け
三条通を西に進む方が、走りやすくショートカットすることが出来ます。
  ルートラボへ: 東大寺前から 奈良自転車道へ短縮ルート
(阪奈道路沿いより、 遷都祭に併せて整備された 三条通りが走りやすいです。)

 

2、飛鳥葛城自転車道
 名称: 明日香大和郡山自転車道線

      ルートラボへ: 飛鳥葛城自転車道(全線)

明日香村の石舞台古墳を起点に慈光院近くの富雄橋を終点とするサイクリングロード
(ルートラボは終点側から逆方向にプロットしています。)

2010年の正月に実走しましたが、かなり迷いました。
当時、法隆寺自動車学校付近が、工事中で
2011年6月25日現在、かなり完成に近いですが開通はしていません。
正規の迂回ルートは、西へ右折し畑の中を通るルートです。

 

3、大和中央自転車道
 名称: 大和郡山田原本橿原自転車道線

     ルートラボへ: 大和中央自転車道 (全線)

 起点(ファミリー公園前駅)から橿原神宮前駅へ向かうルート

起点も終点よく分からない自転車道 1回走ればもう良いかな? という感じでした

 

<おまけ>
京都八幡木津自転車道 から
奈良自転車道への 抜け道です。
  ルートラボへ: 木津から奈良自転車道への抜け道

 


<奈良サイクリングロード 3路線1日で走破>
2011年6月25日 自宅より、奈良県庁に向かい 奈良自転車道から出発!

途中、奈良自転車道は、大和郡山市の「小泉」交差点を右折
するのですが、飛鳥葛城自転車道へ直進して、明日香石舞台へ

石舞台からは、県道を走り岡寺駅を経由して橿原神宮前駅へ向かう
橿原神宮前駅の東口付近にある地下通路を使って中央口へ

大和中央自転車道は、終点側よりスタートする。

大和中央自転車道の起点(ファミリー公園前駅)からは、県道を使って
法隆寺へ向かう。

奈良自転車道の残り区間 法隆寺−小泉交差点区間を走破し帰路につく

 

 

ルートマップの元ネタは、奈良県庁のウエブサイト (かなり更新されていません)
しかも、飛鳥葛城自転車道と大和中央自転車道が間違って表記されています。
http://www.pref.nara.jp/toshi/walking_map/nara/bike/indexbike.html

と 奈良県の大規模自転車道の公式のページに有った紙ベースの
「ならサイクリングロード」3枚の地図です。
下記のリンク先にPDFにてマップがダウンロード出来ました。
http://nara-cycling.com/cycle.html (リンク切れ)


2011年6月2日にウエブサイトのリニューアル
奈良県自転し利用総合案内の方針転換でしょうか?
大規模自転車道 ではなく、地域観光に重点を置いた自転車道の
整備に変わるような気配が見られます。

全体の愛称が「奈良まほろばサイク∞リング」、略称「なら クル」として
全31ルート に成るようです。
  奈良県 自転車利用総合案内サイトへ


2014年10月29日 画像などを入れて大幅修正

この記事がお役に立ちましたら、応援のクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ロードバイクへ

ジャンル:
自転車
キーワード
リングロード 大和郡山市 リンク切れ ルートマップ 石舞台古墳 ドリームランド 自動車学校
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 滋賀県道 大津南郷宇治線 通行... | トップ | 奈良の 新しいサイクリングルート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。