野田さゆりのつぶやき日記

日々の暮らしの中で思うこと

鳩山町議会 共謀罪法案反対請願 討論の概要

2017-06-18 00:01:42 | 議会や町の委員会の動き

議会ホームページの速報版が配信されています。
議案審議など、閉会1をクリックすると討論が出てきます。
来週には速報版でなく「本会議を聞く」に移動するかもしれません。
要旨だけまとめてみました。


<中山議員(公明党)反対討論>1:45:50あたり
・TOC条約締結に不可欠。
・テロを防止するために国際協力が必要・
・一般国民は対象でなく、処罰範囲も明確化されている。
・組織的犯罪集団とかかわりがなければ処罰されない。
・監視社会になると言われているが、電話・メールなど裁判所の令状が必要。
・計画だけでなく、構成員であること、準備行為の実行がなければ処罰されない・
・テロを防ぐためにこの法案は必要。

<石井計次議員 賛成討論>1:51:16あたり
・定義が曖昧。
・担当大臣の答弁には一貫性も説得力もない。
 担当大臣が分からない法案を国民に理解しろと言われても無理がある。
・プライバシー権の担保もない。捜査機関の乱用も危惧される。
・国民の理解がないままに法案を通すのは将来に禍根を残す。
・自由と民主主義を危うくする法案を次世代に残すのは一議会人として看過できない。

<大賀議員 反対討論>1:53:28あたり
・TOC条約の締結のために必要。
・テロを未然に防ぎ、処罰することができる。
・何かが起きてから動くのでなく、警察に力を与えることができ、捜査機関にテロ対策を推し進めてもらいたい。
・廃案ありきでは先にすすまない。
・ISが日本を標的にすると言い、今の北朝鮮の状況もある。
・一般市民の安全を守って欲しい。

<日坂議員 賛成討論>1:58:01
・TOC条約締結のために刑法原則を変えなくてもよい。
・対象犯罪、対象範囲が曖昧。
・行き過ぎチェックのしくみづくりがなく、不安。
・捜査権の乱用が心配。
・この法案を成立させるのは時期尚早。

<森議員 反対討論>2:00:24
・オリンピック、パラリンピックを控えてテロ防止は必要。
・テロ対策を強化し、国際社会と連携し責任を果たすべき。
・国民の安全確保、万全を期するために早期に成立させるべき。

<根岸議員(共産党 賛成討論)2:02:59
・総がかり行動が3月から2ヶ月間で153万筆を超える反対署名を集めた。
・鳩山においても438人の署名が集まった。
・憲法を変えると安倍総理は言っているが、それに向けて市民団体や政党の
 反対世論を抑えるために共謀罪を成立させたいとしている。
・国連からも警告の文書が来ている。

<石井徹議員 賛成討論>2:05:03
・曖昧な部分が多く、法案が成熟されていない。
・署名がたくさん集まり、テレビ、新聞など報道も意見が拮抗している。
・法律は必要だと思うが、強行的に決めるのでなく審議をきちんと尽くすべきである。

断片的にメモを取って書きました。
細かなニュアンスが違っていたらごめんなさい。
配信を聞いていただければバッチリです。
賛成・反対の意見はそれぞれありますが、自分でいろいろ調査し、意見をまとめ、
文章を書き上げた方がほとんどで、とても充実した本会議でした。

にほんブログ村

よろしければクリックをお願いいたします。
お読みくださった足跡があると励みになります。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共謀罪反対請願の採択 新聞4... | トップ | だれでもチャレンジステージ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。