野田さゆりのつぶやき日記

日々の暮らしの中で思うこと

給食の食器は・・・ときがわ はなぞの幼稚園に行ってきました

2016-10-12 23:27:12 | 研修報告・調査・その他

ときがわにある はなぞの幼稚園です。
給食の食器を見せていただき、お話を伺ってきました。
12時の約束で、ずいぶん早く着いてしまったので外から
子どもたちの様子を拝見してました。


先生に確認していないので、かなり遠くからあえて分かりにくい写真を。(笑)
年中さんは自分たちで、ひもかわうどんを作ったようです。
今日は園庭でお食事。

時間になったので職員室へ。
園長先生がにこやかに迎え入れて下さり、
5人ほどの先生方と一緒に昼食をご馳走になりました。(*゚▽゚*)
給食のお話をいろいろ伺いました。


地元の農家の方が作ったお米や野菜、生活クラブの消費材、自然食品店から購入したものなど
安心安全な食材で作られた給食です。
今日のメニューは、年中児が作ったひもかわうどん、かきあげ、小魚、サラダ、ごはん。
おいしくてボリュームたっぷり。かきあげがジャンボ!
汁椀は木です。卒園時には木の椀を子どもたちにあげるそうです。
食器保管庫で高温管理をすると木はいたんでしまうので、保健所の了解を得て
保管庫処理をしないそうです。
ほかは強化磁器です。
食数は200。
食器を割って、怪我をしたことはないそうです。子どもたちは、しかも裸足です。
子どもたちは大切に食器を扱うそうです。
ただ確かに磁器食器は重いとのこと。
ただそれでも本物の食器を使う意義があるから使っていらっしゃる。


給食室の様子です。


洗剤で予洗して、食洗機で洗剤分を流します。



安心で安全な食材を使って作られたおいしい給食を本物の食器で食べる子どもたち。
心豊かに育ちます。
心もカラダも大きく成長する時期だから、本物を与えたいですね。

あなたはプラスチック食器の食事と磁器に盛られた食事、
どちらを食べたいと思いますか。
子どもたちはどうでしょう。
9年間だと1500~1600回くらい食事することになるのだと思います。




子どもたちのぞうり。
そして裸足で走り回っています




この山道もよく子どもたちは上るそうです。



にほんブログ村

よろしければクリックをお願いいたします。
お読みくださった足跡があると励みになります。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大津ぶらぶら | トップ | あっ!あの座間宮ガレイさんが »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。