タブレットな日々

IT系小物と戯れながら過ごす日々を綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中華タブレット まとめ《Colorfly E708 Q2編》

2014-09-13 21:37:00 | Colorfly E708 Q2
Colorlfy E708 Q2を手にして,約4日が経過しました。一度,確認を含めて,今までの作業をまとめておきます。

(1)画面はきれい。操作感もとくに不自然な動きは感じない。
(2)WifiのWPSによる接続は,相性というか,不完全な感じ。
  手持ちの3種類のWifiルータで試したが,どれもWPSでうまく接続できず。
  iPhone5や手動でパスキーを設定した2台(1台は,パスキーがわからなくなったので断念)と接続できた。
(3)公式ファームの更新は,とても簡単。
(4)フロントカメラの映像が,緑がかってる。残念。
  一度,公式ファームを更新したらきれいになったのですが,
  その後,「ネットワークアップデート」で何やら更新されたファームがあり
  それをインストールしたら,また緑に戻ってしまった。
(5)付属の液晶保護シールは,サイズが合わなかった。残念。


さて,ここでいろいろとお世話になったサイトを紹介しておきます。
・アンドロイド少女隊
このサイトには中華タブレットの情報が集まっています。とてもありがたいサイトです。

もう一つ。
PhoenixSuitで同梱のUSBドライバを Windows8 64bit環境でインストールすると
失敗します。その対応がこちらのサイト(英文)です。
・Collection installation PhenixSuit & usb drivers in win8

単純に書いてしまうと,
1)Google サイトからAndroid SDKを入手してインストールする。
2)インストールした中から,USBドライバフォルダを見つける。
3)2)のファイルをPhenixSuitをインストールしたフォルダ内にあるADB_Driverフォルダに
 上書きする。
4)PhoenixDrvInstall.exeを実行する。
という手順です。手順を省略していますので,詳しくは上記サイトを確認してくださいね。

正しくインストールすれば,以下のようにタブレットと接続できました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中華タブレットとご対面2 | トップ | Colorfly E708 Q2のその後 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。