古墳:探訪

全国の前方後円墳を中心に訊ね歩いています。

長野県飯田市・塚原二子塚古墳

2017-07-14 14:17:00 | Weblog
長野県飯田市桐林3046の河岸段丘にあります。
「塚原1号墳」とも呼ばれています。

全長約73m、 後円部径41.5m・高さ6m、 前方部先端幅44.5m・高さ6.5m  二段構築の前方後円墳です。
飯田市内で2番目の大きさです。


                    (左側が後円部、右側が前方部)






                         (後円部)


                         (前方部)

墳丘の周りには二重の周濠があります。
墳丘には葺石が施されていたようです。
円筒埴輪や蓋型埴輪などが採取されていて、墳丘に埴輪の配列がなされていました。
後円部にある埋葬施設は、竪穴式石室とみられています。



武具や馬具類が出土しています。

古墳時代中期・5世紀後半頃の築造と推定されています。

この古墳の周りには、かって16基の古墳があったそうで「塚原古墳群」と呼ばれています。
現在は6基(二子塚古墳・内山塚古墳・塚原3号墳・鏡塚古墳・鎧塚古墳・黄金塚古墳)が残っています。

昭和43年11月19日、飯田市の史跡に指定されています。
史跡指定を受ける前は、墳丘上を含め周りは桑畑だったそうです。

平成28年10月3日、飯田古墳群を構成する1基として国の史跡に指定されています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長野県飯田市・大塚古墳 | トップ | 長野県飯田市・飯田鎧塚古墳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL