つれづれに 

老いてゆく日々、興味ある出来事に私見を添えた、オールドレディーの雑記帳です。

世の中で一番嫌いなもの・・

2017-07-14 | どうでもいいことですが

 世の中で一番嫌いなもの、それは「ヘビ」と「ゴキブリ」。自分の干支が「巳年」なのに、もうどうしようもなくヘビが嫌い、というより怖いのである。
 ずっと昔、マレーシアへ行ったとき、現地ガイドに「ヘビ寺」に連れて行かれた。行かないという私を2人の友人はおもしろがって寺の入り口まで引っ張って行った。おそるおそる中を見たら、いるわいるわ。柱に巻き付いているもの、土間でドグロを巻いているもの、天井からぶら下がっているもの、もう絶叫寸前だった。
 だが不思議なことに、どのヘビもほとんど動かない。というのは、ヘビは線香の臭いが嫌いだから、線香をいっぱい焚いて動かないようにしているのだという。だから、観光客は安心して中に入って歩き回れるというわけだ。でも、私は「三十六計逃げるに如かず」、死んでも入りたくない! あの時のことを思い出すと、今でも鳥肌が立ってくる。 

 先日、プールの帰り道、赤穂城址の横の歩道を、友人と自転車を並べて走っていた。友人が「あっ!」と声を上げたので、見るとすぐ前をヘビがニョロニョロ、茶色の中指くらいの太さで歩道を横断中。慌てて急ブレーキをかけた。
 もし友人が声を上げなかったら轢いていたかも? 轢いてしまったらタイヤに纏いつかれたかも?。タイヤに巻き付いても、自転車は赤穂観光協会の貸自転車だから、放り投げて帰るわけにもいかないし…。なんて想像をたくましくして、腕に鳥肌を立てているおかしなババ。
 ヘビは横断し終わると川土手を下りて行ったが、2人ともヘビの姿が見えなくなるまで動けなかった。あれ以来、そこを通るたびにキョロキョロ見回すようになった。

 最近はヘビを見かけなくなった。越してきて間なしに、近くの郵便ポストへ手紙を出しに行ったら、その下にヘビがいてビックリ。今でも毎朝ウオーキングでその郵便ポストの前を通るのだが、そこへ差し掛かると、いつもあの時のことを思い出す。
 また数年前だが、マンションへの玄関横の植え込みで、住人の女性が何やら探している。「何をお探しですか?」と声を掛けたら、「ヘビがいたのよ。みなさんが怖がるといけないから捕まえようと思って…」という。それを聞いただけでもう鳥肌が立ってきた。「エッー、怖くないですか?」というと、「別に…」だって。すごい女性がいるもんだと感心した。
 その後も玄関横の植え込みのそばを通る時は、やはりヘビがいないか気にするようになった。いい年をして…、と笑われそうだが、すっかりトラウマになっている。ヘビの方が怖がって逃げ出すのに…ネ。
 昔から「怖いもの見たさ」という言葉があるが、私も嫌い、怖いと言いながら、テレビとかネットに画像があると、腕に鳥肌を立てながらでも見ている。これってやはり、私が「巳年」だから、何か惹かれるものがあるのかな? 

 2番目に嫌いなのは「ゴキブリ」。引っ越して8年目に入るが、最初のころ、一度だけゴキブリが出たことがあった。殺虫剤を持って追いかけて殺したのはいいが、さて後始末は…。ババは独居老人だからゴキブリ退治をしてくれる人はいない。ティッシュを重ねてつまむなんてことも鳥肌が立ってくる。そこで、ベランダからほうきを持ってきて、部屋の外へ掃き出してヤレヤレ。こういう時は切実に「男が欲しい!」です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男の手料理№20・・・ | トップ | 昔は良かった?・・・ »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この世で一番苦手 (suri-riba)
2017-07-14 12:08:56
「巳年」のくせに、とか「いい歳して」なんて言われるけど嫌な物はイヤ。ミミズとか
赤虫など脚もないのに地を這う奴ら。

嫌な者は何でも長い物を見るとヘビに見えてしまう。もう気絶しそう。そのクセ、ヘビ皮のバック使っていたなぁ・・。???
仇うちかなぁ。
こわいよ~ (sirousagi gamanoho)
2017-07-14 16:07:16
年を無駄に喰ったせいか、未だに怖いものは恐い。なんで巳年に生んだのかとこれだけは親を恨んでいるsirousagi
あの姿!想像するのも汚らわしい」と徹底的に毛嫌い。ごめんね。蛇に罪があるわけでなしと理性で言葉を綴ってもう~ん(へ び)は嫌。
財布に抜け殻を入れておくとお金がザックザックとか。suri-ribaさんのバックなら億万長者!此れだったのね。money bag
Unknown (オールドレディー)
2017-07-15 10:06:11
★suri-ribaさま
蛇皮のバッグなど、偽物でもぜったいダメ。財布の中に抜け殻なども、いくらお金がたまるといっても考えるだけで鳥肌ものです。
幼少のころはカエルなんて平気でしたが、今は怖い~って。ずいぶんか弱い女になったものです。でも厚かましさは人並みかな? 

Unknown (オールドレディー)
2017-07-15 10:13:47
★shirousagig-amanohoさま
亡母も巳年、でもヘビ皮のバッグを持っていたっけ。ヘビを見ても私のように大騒ぎはしなかったけど、母娘でも違うのですね。
ヘビ、ムカデ、ゴキブリにはお目にかかりたくないので、時々部屋うちを見回したりして…。恐怖の夏です。

Unknown (亀)
2017-07-16 08:59:34
沖縄で白蛇に触ってきたことあるけど、とっても暖かくて気持ちが良かった。おおきな蛇だったけど何もしなかった。
蛇って冷たいくてぬるぬるしているものとばっかり思っていたけど、子ネコを触っているようで可愛いかったよ。
人間のエゴで勝手に判断されてはヘビは可愛そう。
Unknown (オールドレディー)
2017-07-16 18:40:18
★亀さま
沖縄でヘビを首に巻いて写真を撮るのが500円でした。みんなやってたけど、私はそばへ寄るのもダメ。いくらお金をあげると言われても絶対やりません。
亀さんのコメントを読んでいるだけで鳥肌ものですよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む