ELLの足跡

人は最後は一人だと言う・・・でも、今は妻が傍にいる・・・

昨日の高崎市で最高気温30.6度を記録!!

2017-04-19 | 健康タオル
ご好評頂いてます・・・
  和紙のシャリ感・・・
弊社オリジナルタオルを
 アウトレット価格でご提供!
品番[T_03]
健康タオル【和紙】
1枚  820円
2枚 1,555円
3枚 2,160円


この時期、外に出たら暑く感じるのですが・・・

家の中にずっといれば、午前中などは肌寒く感じることが多いです・・・


私の場合は、仕事を始める前に1時間半程度運動をやりますので、

汗がしたたり落ちるほど暑いのですが・・・

暫くブログを書いていたりすると、汗も引き・・・

今度は寒く感じてくることが多いですね。

だから、風邪をひくことが頻繁なのでしょうね。(~_~;)


昨日の関東地方は暑かったようで群馬県高崎市で最高気温が30.6度まで上がったようです。

この時期の体調管理が非常にやりにくいですよね・・・

ただ、この時期は体が気温に慣れてないために熱中症になることもあるようです。

毎日の気温を確認しながら、体調に気をつけましょう。


今朝は、この時期の熱中症に関する記事を転載してみようと思います。

~以下、4月19日スポーツ報知より抜粋~

30.6
春なのに真夏
高崎市
 東日本は18日、広い範囲
で晴天となり、強い日差しが照りつけた。群馬県高崎市で最高気温が30・6度に達し、沖縄・奄美以外では今年の全国初の真夏日に。関東地方で見ると昨年よりも16日早く、近5年で最速を記録した。
 東京都内でも、練馬区で午後1時ごろに27・6度を記録。都内は161725度を超えており、4月の3日連続夏日は19年ぶりだった。
熱中症
気をつけて
春の熱中症予防3か条
 気象予報士の酒井千佳さん(31)によると、気温の上昇は「南風と強い日差し」が原因。日本海を北東に進む低気圧に向けて南から暖かい空気が流れ込んだためという。
関東地方の近5年の初真夏日と場所


 気温が上がる時をつけないといけないのが熱中症。酒井さんは「今の時期は体が暑さに慣れる『暑熱順化』ができておらず、真夏よりも低い気温でも熱中症になる可能性があります」と指摘した。


酒井千佳さん
今後はこのまま夏に突入するわけではなく気温が下がることもあるとみられるが、近年は気候の変動が激しく、本格的な夏の到来前に暑さがぶり返すことも十分に考えられる。

 では「春の熱中症」で特に気をつけることは?酒井さんは①水分補給②予想最高気温のチェック③服装の工夫――を挙げた。「『暑い』と思わなくても日差しが強いと体温が上がり、水分が失われている可能性があります。また、今の時期は一日の中でも寒暖の差が激しい。出掛ける時に「涼しいな」と思っても自分の感覚だけに頼らず、日中は何度まで上がるのかを確認する意識付けをして下さい。洋服は、脱ぎ着しやすいものを選ぶのがいいですね」と呼びかけた。
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳥取県三朝町の国宝「投入堂... | トップ | たかが飛蚊症・・・されど飛... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL