ELLの足跡

人は最後は一人だと言う・・・でも、今は妻が傍にいる・・・

やはりホンマやった?! 北ミサイル失敗は米のサイバー攻撃?

2017-04-21 | 日々のパソコン
最近の対北朝鮮に関して緊張感が高まっているんですが・・・

4月15日「最大の祝日」と位置付ける故金日成主席の生誕記念日「太陽節」の軍事パレード

その翌日の16日に北朝鮮が再び弾道ミサイルを打ち上げようとしました・・・がっ

発射直後の爆発により失敗に終わった・・・

この情報を聞いた時・・・やはりホンマかも・・・と


何がホンマかといいますと・・・実は以前から・・・

アメリカはサイバー攻撃により北朝鮮のミサイル発射実験を操作しているらしい・・・との情報なんですね

実際、最近の北朝鮮の発射実験は失敗が頻繁ですよね。

もし、これが本当の話なのであれば、もしもの時でも少しは安心できるんですが・・・


アメリカのメディアの間では、このアメリカのサイバー攻撃が話題になってきてるようですよ。

今朝は、このニュースを転載してみようと思います。

~以下、4月21日読売新聞朝刊より抜粋~

 【ワシントン=黒見周平】北朝鮮による弾道ミサイル発射で最近、失敗が目立つことから、「米国がサイバー攻撃を仕掛けて発射を妨害しているのではないか」との見方が、米メディアで出ている。トランプ米大統領ら政権幹部は一様に「ノーコメント」で否定も肯定もしておらず、憶測は広がるばかりだ。
 米紙ニューヨーク・タイムズは、北朝鮮が開発中の中距離弾道ミサイル「ムスダン」に着目。昨年行われた8回の発射実験のうち、成功とみられるのは1回で、失敗の確立が約88%に達したと、19日に報じた。その上で「妨害工作が要因になっていることが示唆される」と指摘した。

北ミサイル失敗

米のサイバー攻撃 ?

米メディアで憶測広がる
 すぐに爆発した今年4月16日の弾道ミサイルを含め、直近か3件の発射がいずれも失敗したとみられることも「米国関与論」を加速させている。同紙によると、オバマ米前政権は2014年、北朝鮮へのサイバー攻撃計画を本格化させ、トランプ政権がそれを引き継いだとみられるという。
 米国は世界最高レベルのサイバー攻撃能力を持っているとされる。0810年頃にイスラエルと協力し、イランの各施設にサイバー攻撃を行って成果を上げたとされる事例もある。

 ただ、最高機密に属するため、政権側の口は重い。対北サイバー攻撃計画の存在についても、公式には認めていない。
 「我が軍の電子的、技術的な能力についてコメントはできない」
 ペンス米副大統領は19日放送の米CNNテレビのインタビューで論評を避けた。トランプ氏も18日放送の米FOXニュースのインタビューで「それについてはコメントしたくない」と言葉を濁した。今後も真偽不明の状況が続きそうだ。

ジャンル:
ウイルス
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たかが飛蚊症・・・されど飛... | トップ | シングルマザーに手厚い支援... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL