中国不滞在記 in 神戸

行って見て聞いて考えた中国のこと

これでいいのだろうか(2)

2017年07月17日 | 中国の大学
久々の更新であります。

前回、書いたことの続きです。前回といっても2か月以上前ですが。

担当クラスが替わって、それが、、、というところだったかなと思う。

そう、3月まで受け持っていた担当クラスは半分が中国人、半分がベトナム人でとても仲のよいクラスだった。休憩時間には2,3人の学生がお菓子を買いに行き、みんなに配ったりする。もちろん先生におすそわけも忘れない。ベトナム人学生は恐らくかなりアルバイトに精を出しているようだが、それでも授業ではほとんど寝ないで頑張っていた。

ん、前評判と違うじゃん。

どこの日本語学校もベトナム人学生には手を焼いていると聞いていたのだが。それは彼らがアルバイトに精を出さざるを得ない経済状況にあるからである。

片や豊かになった中国人学生は、親から学費(年間約70万!)を出してもらい、生活費の足しを稼ぐだけでよい。日本人学生よりよほど裕福かもしれない。

先日、米国に住んでいて日立に勤めている中国人と十数年ぶりに再会したときに聞いたことだが、最近の中国人留学生はみんな親から高級車を買ってもらって乗り回しているそうだ。
「私たちの時代は考えられませんでした。私が神戸で留学生だったときは学費も生活費も全部バイトで稼ぎ、余ったら国の親に送金していたんですよ。」と彼女は憤っていた。

さて、新しいクラス。う〜ん、前評判に近いぜ。
睡眠学習が目立つは、スマホを辞書以外に使うはで先生方は手を焼いている。
もちろんワタクシも例外ではない。

おやつ買ってきてもグループだけで食べていておすそわけはない。もちろんワタクシにも、ない。(フォンちゃん、ありがとう。)

to be continued

写真は十年ぐらい前に庭に植えた紫陽花。
紫、青、ピンクが混ざってきれいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これでいいのだろうか(1) | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (きのさん)
2017-07-24 06:27:18
お久しぶりです! いろいろご苦労が……(^^;) 
あじさいが美しいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL