nobutaと南の島生活

旧ブログの写真容量が間もなく限界に近いため、食べ歩きなどはこちらの新ブログに移行したいと思っています!

塩ってデリケートだよねと今一度思ってしまう・・・TAKANE men&bar(我如古)

2016-10-19 23:07:38 | 宜野湾食べ歩き
洒落た名前のラーメン屋さん。たぶん、夜はバーなんだと思います。二刀流なのか夜訪問がないのでよく分かりませんが、琉大近くに塩ラーメン専門店が存在すると前々から聞いていて、やはり気になっていたので、宜野湾は宜野湾でも大山で彷徨いた後に立ち寄ってみました。理由は、高速道路の西原インターから帰宅するついでにってくらいだったんですけどね。なんと言っても、その日はランチをすでに食べていて、妻は車に残してわざわざ店内に入りました。
場所は、我如古交差点から琉大病院向けの通り沿いにあります。
実は、別のお店に向かっていたら、このお店の目の前にある交差点で信号に捕まり、車を一時停止しているときに目線に入ったというのが理由。ただ、お店の存在は書いたとおり知っていたので、思わずお店の前に車を停めました。
1台だけ停めるスペースが存在します(決して違法駐車ではありません)。
店内に入って、メニューを見ると

メインの塩は、塩清湯麺という名称で650円。それに煮玉子、海苔、麺大盛りなどが追加できます。値段も50円から100円となっているのでリーズナブルですね。
それ以外に、ジャージャー麺、煮干し醤油がありますが、あくまでも塩がメインのようです。
当然、塩清湯麺を注文しますよね。すでにランチは食べているので、大盛りなどにするはずもありません。
それで、出てきたのがこちらです。

まず、とても丁寧な飾り付けです。そして、飾り付けするだけの具材がしっかりと入っています。この具材からすると、650円という金額は非常に安いかなって気がします。
で、ここからですが・・・いつもラーメン屋のコメントでは記載していますが、麺という料理は、好き嫌いがはっきりします。それだけ千差万別だと思うんですよね。・・・それを大選定にして言えば、nobutaは駄目です(汗)
何が駄目かと言うと、具材で言えばチャーシューです。メインがチャーシューというお店は、そこに力を注ぎ込んでいると思うのですが、nobutaは、こんな淡泊なチャーシューは駄目です。もっとパンチが欲しいと思う部類の人種なので・・・でも、それ以外の具材は申し分ないですよ!
そして、やはり塩ですね。あっさりしているのは塩ですから分かるのですが、あっさりし過ぎかなって感じです。麺も含めて、「う~ん」、nobutaの舌とは違うんだよな~って違和感を感じる塩ですね。
レビュアーの方には、この塩を絶賛されている方もいますので、やはり人それぞれ味覚なんだと思いますけど・・・・

ちなみに営業時間帯は、こんあ感じです。夜は、お店の名の通りバーに様変わりするのかな。それでも塩ラーメンがメインだとは思いますけどね。
塩って、簡単そうでその分、料理人にとっては難しいんだろうな~って思ってしまいますね。
接客はとても良くて好感が持てるので、一度、味試しに行かれるというのは悪くないと思います。後は、それぞれの味覚次第ですね。
ご馳走様でした!!

宜野湾市我如古3-4-6
098-890-1323

タカネ メンアンドバーラーメン / 宜野湾市)

昼総合点★★☆☆☆ 2.7


『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近からランチ営業を始めた... | トップ | 琉大病院近くの美味しいパン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。