nobutaと南の島生活

旧ブログの写真容量が間もなく限界に近いため、食べ歩きなどはこちらの新ブログに移行したいと思っています!

父から子へと引き継がれしイタリアンバルも美味しさは変わらず・・KOBA(大山)

2016-10-15 21:45:46 | 宜野湾食べ歩き
さて、昔から宜野湾市の伊佐交差点よりの大山の高台にある洋食屋「Koba's」。その場所に引っ越しする前は、那覇は沖銀本店裏手の雑居ビル地下でリーズナブルなフレンチのお店をやっていたんです。その地下のお店の時代に結婚式の二次会をやったnobutaとしては、この大山のお店が父から子へと代替わりして(父は那覇の安里でカレー屋さんに変身)、お店の名前も「Koba」に変わったと聞いていたんですよね。もう2年くらい前には、そんな状態になっていたんですが、ここ数年、南部に住んでいるので宜野湾市に行って食べる機会ってめっきり減ってしまっていて、行く機会に恵まれなかったんです。
訪問した日は、9月末の平日。夏休みを取って妻とドライブで訪問することになりました。妻が、「行ってみたい」と言うので、懐かしい宜野湾のパイプライン(狭い片側一車線)を伊佐向けに走り、更に狭い路地を普天間基地の柵に向かって登って行きます。相当、狭いので運転が下手な人には不向きな場所。そんな高台にあるKobaさんは、3階建て(1階が下駄履き駐車場)の2階にあります。宜野湾から北谷までの海が一望できて、晴れた日や夕日の綺麗な夜には最高なロケーションです。その日は雨だったんですけどね(苦笑)

11時30分のオープンに合わせて店内へ。nobuta達の後に夫婦が1組入り、20分くらいしてから女性3人組、女性2人組が入りました。その時点で店主が次のお客さんにお断りを入れていました。相当、時間が掛かるというのがその理由。それもそのはず、一人で切り盛りしているので、それは時間が掛かりますよね(汗)
それからすると、相当、ゆっくりお喋りしてランチを食べる人達向けのお店です。仕事の合間のお昼時間帯に食べるというスタイルのお店とはほど遠いですね。
さて、メニューはこんな感じです。

まず、お父さんがやっているカレー屋さんと同じようにカレーセットがあります。サラダ、デザート、ドリンクが付いて、プレーンが700円、チキンカレー850円、牡蠣カレー1,250円です。
洋食の方は、サラダ、パン、デザート、ドリンクが付いて、鶏もも肉ソテー1,230円、県産豚頬肉トマト煮1,300円、鮮魚のポワレ1,480円です。
nobutaは鶏さん、妻は頬肉にしました。
まず、サラダがやって来ます。やって来るまで時間が掛かります。一つ一つ丁寧な上、他のお客さんも接客し、他の料理も同時並行となるので、それは大変です(汗)

見ての通り、そんな状態でもとても丁寧な盛りつけのサラダが出てきます。生ハム美味い!
そして、パンとメインが登場。

nobutaの頂いた鶏もも肉のソテーですが、焼き加減が完璧です。恐ろしく味が良いんです。めっちゃ美味い!
相当な美味しさでしたよ(笑)
そして、デザートとドリンクが登場。

このデザートが素晴らしかった。写真では分かりにくいと思いますが、量が半端ありません。ココア系のシャーベットなんですが、美味すぎ・・・そう、美味すぎるのです(笑)
これには参りました。これで1,230円というのは安いです。また、カレーのプレーン。カレーにこのサラダ、デザート、ドリンクが付いて700円って、カレーなしでも700円取って良いんじゃないかって思うくらいです(笑)
親父さんから代替わりしたお店ですが、実は息子さんの方が美味しいかもしれませんね(汗)
そんな事を言ったら怒られそうですけどね。
妻曰く、お父さんそっくりだと話していましたよ。nobutaは奥さん似なんじゃないかと思いましたけどね。
美味しかったです。
またいつか訪問してみたいですね。
ご馳走様でした!!

沖縄県宜野湾市大山1-12-32
098-943-4341

KOBAフレンチ / 宜野湾市)

昼総合点★★★★ 4.1


『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 餃子が有名な東江そばさんの... | トップ | お母さんこれ以上料理出して... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。