nobutaと南の島生活inさいたま

ブログ「のぶたと南の島生活」の写真容量がオーバーしそうなので、食べ歩き用に開設した新ブログになりますよ!!!

見た目は悪くないリブアイステーキランチなのだが・・・肉系居酒屋肉十八番屋虎ノ門店

2017-06-14 08:03:47 | 東京食べ歩き

虎ノ門食べ歩き25店舗目は肉ランチを食べようとリブアイステーキランチを1,000円で提供している肉居酒屋「肉十八番屋」さんに直行しました。店内は奥に広く7割くらいの入りですね。
今回は残念なことに評価をnobuta史上最低値にしています。これはたまたま私に提供されたリブアイステーキが・・・・だっただけで、たぶん100人に1人くらいの不運だったのだろうと思います。だって、多くのお客さんがリブアイステーキを注文していましたからね。

他のランチもてんこ盛りの量で運ばれていたので、ガッツリ食べたいサラリーマンには、ハズレを引かなければ満足できると思われます。
さて、nobutaに提供されたリブアイステーキですが、写真の通り、見た目は何ら悪いありません。反対に良いのではと思うくらいです。


ただ、冷えてました(T_T)
そう、生温かさを若干残しているかもとも思いたいところですが、冷えてました(T_T)
冷え切っていました・・・ステーキなのに・・・

これまで、色々と、ステーキを食べてきました。レアであろうとミディアムレアであろうと、冷えて出てきた事は一度たりともありません。
一瞬、こういうステーキにして提供するのが流行りなのかと疑いましたが、もし、これが流行りであればステーキ料理の末期ですね(笑)
こちらのリブアイステーキはレアで焼かれていますが、この自宅の食卓で30分くらい放置されたような、妻の恨みを買ったような仕打ち的な冷たさは、私の口には合いませんでした(笑)

食べながら、このリブアイステーキは、私に提供されるまでどれくらい白い皿の上に乗っていたのだろう?どんな展開があれば、こんな状態で出てくるのだろう?と不思議でしたね。だって、次々とリブアイステーキが注文されていましたからね。
あれ全てが冷えた状態で提供されるのか分かりませんが、nobuta食べ歩き史上で残念度が抜きん出る肉料理でした。
一応、最初にも書いたとおり、たまたまハズレを引いただけだと思いますよ。そんな事もあると気を取り直してお店を後にしたのでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜に期待、ランチは温そうめ... | トップ | 牛ハラミステーキランチ980円... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

東京食べ歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。