のぶたと南の島生活inさいたま

関東圏へ2年限定の武者修行中

怪獣映画というレベルではないハイレベルの娯楽映画「シン・ゴジラ」

2016-10-29 | 映画等
昨日で映画館上映を終えた「シン・ゴジラ」
先週末に長男と見に行ってきましたが、日本映画のレベルがここまで高いのかと驚嘆しました。
ゴジラが上陸して、再び上陸するかもしれない危機的状況にある中でも日常生活をする都民の映像は、地震大国日本の有り様をよく示していましたね(汗)
内閣を含め、何かやるために時間が掛かるというのは現実ですし、霞ヶ関の姿が分かりやすく描かれていて純粋に楽しめました。
長男も「面白い映画だった!!」とべた褒めしてましたよ(笑)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒田のラスト登板が明日ですね! | トップ | 好調サンチェスにジルーも復... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画等」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
シン・ゴジラ   総監督/庵野秀明 (西京極 紫の館)
【出演】  長谷川 博己  竹野内 豊  石原 さとみ 【ストーリー】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)......