片雲の風に誘われて

自転車で行ったところ、ことなどを思いつくままに写真と文で綴る。

7/20 ブロンプトン自転車とキャリアー

2016-07-20 22:00:10 | サイクリング

新たに手に入れた自転車とキャリアー


  英国でこれからの旅の新しい仕方を見付けた。
小径車ブロンプトンを使えば、公共機関の乗り物を上手に使うことが出来そうだ。
ただし長い旅になる場合、荷物の扱いが問題になる。
今回の英国では、バックパックを荷台に括り付けた。
これでも十分旅ができるが、テント・炊事道具までとなると荷物が大きくなりすぎる。
そこで見つけたのが今回購入したキャリアー、Burley Travoy と云うアメリカのブランド。
この会社は自転車でけん引できる、乳母車とかリアカーを出している。
ヨーロッパやアメリカ人が子供を後ろのキャリアーに乗せて旅しているのを多く見かけた。
けん引しないとき、電車内や空港まではこのキャリアーに自転車を乗せて移動できる。
飛行機の預け荷物にするときは、輪行バッグに自転車と同梱できる大きさに畳むこともできそうだ。


  来年の夏、妻が退職すれば本格的に長い旅をしようと思っている。
その前でも、車に2台積み込んで、京都などに出かけ市内観光を自転車でして回ることもできる。
それで、ブロンプトンをもう1台購入しようとネットで探した。
英国に行く前、英国のサイトで探したがうまく行かなかった。
今回ヤフオクで探した。
いくつか見ていると、台湾でライセンス生産していた時期があって、この台湾製は安いことが分かった。
理由は、英国製と細かい所が異なっていて乗り心地が違うと云われている。
台湾製は、現在日本で販売されていない。
販売されているときは、英国製の半額ぐらいで売られていた。
確かにオークションでも台湾製は当時の新車価格に近い6から8万円で落札される。
英国製は新車の7掛けほどの13万前後で落札される。
ヤフオクを覗いたとき、即決価格13万円で出ている1台を見付けた。
そのとき入札価格は10万円程度だった。
写真を見ると、相当程度が良い。
それに出店者は業者でなく個人だった。
即決価格で応札した。
今日届いてみると、ほとんど新車と同じほどだ。
ハブなどもにも何の汚れ錆もなく、塗装面に傷もない。
良いものを手に入れることができた。


妻の自転車とはハンドル形状が違うが、同じ6速だ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7/12 盆前

2016-07-12 11:46:25 | 庭仕事

柿の木に着いた風蘭。今が盛りと数株が咲き誇っている。

  8日朝成田に着いた。
帰りはフィンエアーだったが、預け荷物は無料は1個だけだという。
追加料金を取られた。
JALのチケットで買ったので、レギュレーションもJALのが適応されるといわれて購入したはずなのにだ。

  8日はそのまま家に帰る積りでいたが、9日土曜日妻が車で上京するというので娘のところに世話になることにした。
娘たちは仕事で不在なので、シャワーを浴びてソファーでうつらうつらして過ごした。
翌日は妻がランを連れて昼前に来た。
娘たちは午後から仕事で出かけ、妻もショッピングで出かけた。
ランと家で留守番だ。
部屋の隅で長く伸びて寝ているランは私が動くたびに頭をもたげてみる。
おいて行かれるのを警戒しているのだろう。
夜は六本木で娘の旦那さんにメキシコ料理なるものをごちそうになった。


ヒースロー空港まではヒースローエクスプレスを使った。
時間は15分ほどだ。その代り料金は地下鉄の4倍。

  家に帰ると、真夏のような暑さの中、庭の雑草が待っている。
バラの下やお墓、芝刈に追われる。
仕事できるのは半日が限度だ。


シベリア上空、調べると未だロシア個人旅行は敷居が高そうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7/6 大英博物館

2016-07-07 02:39:27 | 2016 UK
  朝一で宿を移る。
パディントン駅に更に近づく。
バーの二階だ。
やはり2千円以下で泊まれた。

  今日の予定は大英博物館、The British Museumが現地の名前だ。
これを日本で誰が何故「大英」としたのだろうか。
確かに大と言いたくなる程の収蔵品の多さと展示の広さではある。


正面ファサード。

昨日の美術館もこの博物館も入場無料だ。
このくらいの度量の広さを上野の各館管理者にも望みたい。

  相当時間がかかるだろうと、10時に入館した。
出てきたのは午後3時だった。
中で有料の企画展が行われていたがそれ以外の展示室は総て歩いたつもりだ。
特に、中東、エジプトからの採取品が多い。
今回は何が観たいということではなく、大英博物館とはどれほどのものかを観るつもりだ。

研究者や骨董屋からすれば垂涎のお宝が山のように並べられている。


ロゼッタストーン。

一番のお宝といえばロゼッタストーンだろうか。
ナポレオン軍がナイル川河口で見つけたものを、戦争で勝利した英国軍がロンドンに運んできた。
現物は縦1メートルにも満たない物だ。


エジプトのミイラケース。
中身も含め沢山展示されている。


エジプトのブロンズの猫。

一角に日本の古代から現代までを展示していた。他に有田の柿右衛門窯の紹介コーナーもあった。


アフリカの家族像、親愛さがよく現れている。


中国西域らしい仏像。仏像らしくなくて善い。

かなり疲れたが、宿に戻るには早いので、昨日のナショナルギャラリーの横にあるポートレートギャラリーに入った。
画かれた人が有名なのと描いた人が有名なのとある。
ロイヤルファミリーや政治家学者などどんな経緯で制作されたのか判らない。


ブロンテ三姉妹、エミリー、アン、シャルロットの肖像画。
四つに折り畳まれた跡がある。

探せばビートルズ等もあるらしい。





肖像画のコンテストでもやっているのか、カメラが数人の画家が一人のモデルを画くのを撮影していた。


  明日は早くに空港へ向かう積もりだが、夜はサッカーの試合があって、下の店は大騒ぎになるそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7/5 ソールズベリー~ロンドン

2016-07-06 04:44:40 | 2016 UK

マグナカルタ原本の写真。

  昨日見損なったマグナカルタ原本を観るために荷物を預けて出かけた。
開館の9時半に着いたのだがすでに多くの客がいた。
王といえどもコモンローには従わなくてはならず、自ずからその権力行使は限定されるとジョン王が制定したのだ。
近代社会成立には重大な契機となった出来事だ。


世界中の国家の政治的民主度が7段階で示されている。
日本は英米と同じ1、近くの半島の南の国が2、そのお隣とさらにつながる面積の広い国が7とされている。

  宿に戻り、自転車と荷物を持って駅に向かう。
チケットはなんとか自力で買えるようになった。
更に海岸線に出ようかとも思ったが、ロンドンでもっと見たいところが残っているのでロンドンに戻る。
宿は今回で一番安い千七百円程だ。
さすがにベッドは3段、幸い一番下だった。

  荷物を宿においてナショナルミュージアムに向かう。
2時近くなっていたが昼は抜きだ。
中世後期から19世紀までの絵画の収蔵ではパリのルーブル以上とか。


フェルメール、ヴァージナルの前に立つ若い女性。


フェルメール、ヴァージナルの前に座る女性。


レンブラント、水浴びする女。

現存するフェルメール作が30点ほどしかないといわれているのに2点ある。
レンブラントは沢山あるが、この絵は数年前日本で観た。
今回館内を観て回って貸し出し中につき空白とか、レプリカだとかの表示を見なかった。
その代わり新しく入手したとか借りているなどの表示はあった。
どうなっているのだろうか。

  6時近くなったので、美術館の北にあるチャイナタウンに入った。
取り放題、食べ放題の店に入った。
大陸だと、肉魚2種、野菜2種で10元というような店だ。
同じ量しか食べられないが、値段は十倍の13ポンドだった。
味は良かった。
昨晩の日本ラーメンまがいよりよっぽどまともだった。

  近くの土産物屋で見たTシャツの絵柄3点。








 ロンドン名物のタクシー、思っていたよりは小型だった。
  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7/4 ブリストル~ソールズベリー、ストーンヘンジ

2016-07-05 04:02:56 | 2016 UK

ブリストルの宿は町外れ、古い倉庫街の屋根越しエイヴォン川対岸にカラフルな住宅が見える。

   朝宿を発って、市内を少し自転車で回ってブリストル観光とする。
駅で自動販売機で乗車券を買った。
よく見ずに発券ボタンを押したらしく二枚出てきた。
窓口で一枚キャンセルを申し出ると、めんどくさそうにやってくれた。
往復で25ポンドが片道で21ポンドだった。
手数料などが含まれているのだろうが、おばさんの不親切そうな早口で聞き取れない。
キューガーデンでの嘘つきおじさんとか何処にもいることはいるが、UKでは珍しい。


車両の自転車スペースはドイツに比べるとささやかだ。


ソールズベリー駅、良い姿だ。

  ソールズベリーに着いたら宿に向かう前にインフォーメーションでストーンヘンジ行きのバスやらチケットのことを教えてもらった。
宿はお屋敷を改造したような落ち着いたところだ。
自転車を置いて町にでる。
歩いて10分程でインフォーメーションに着く。
バスと入場券がセットになって13ポンド。
個人で行って別々にすると3倍近くなるようだ。
  
  ストーンヘンジもこの旅の目的の1つだった。

たまたま人影が少ないが、実際は多くの人が遠巻きにしている。

   社内で入場券をもらいバスを降りる。
ビジターセンターでシャトルバスの列に並ぶ。
バスはひっきりなしに来るが、百メートルほどの列で乗るまでに15分程かかった。
遺跡は2キロほど離れている。
歩いてゆく人も大勢いる。
バスを降りればそのまま遺跡になる。
ここまで一度も入場券のチェックがない。
ビジターセンターまでマイカーで来ている人も大勢いるのにどうしてだろうか。
ずるをする人がいても人件費と比べればそうなるのか。


夏至の朝男の子の横の隙間から日の光が射して来るそうだ。

  帰りはオールド・セーラムという、今のソールズベリーに町が移る13世紀まで栄えた遺跡に寄った。
今は石の基礎が所々残るだけ。


遺跡の全景(看板の写真)

  市中には4時過ぎに戻った。
3時間の観光だった。
インフォーメーションのある中心部はレストラン、カフェ、土産物屋、一般の店が固まる繁華街だ。
その近くに大聖堂がある。
街をぶらつきながら向かった。
先に礼拝堂を覗き、練習なのか聖歌隊が歌っているのを聞いた。


大聖堂。


尖塔を支える柱がその重みで湾曲している。


どうも左側が低音部で右が高音のようだ。

そしてマグナカルタが置かれている隣接のチャプターハウスに向かった。
入ろうとすると入り口で止められたら。
閉館時間ですと。
何時だと聞くと、もう2分過ぎてますと。
1215年に制定されて、現存する4点の現物で一番状態が良いものだそうだ。
残念だ。明日の朝は9時半からだ。
どうしようか。


チャプターハウス。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加