片雲の風に誘われて

自転車で行ったところ、ことなどを思いつくままに写真と文で綴る。

5/29 パガテル公園再び

2016-05-30 20:06:32 | バラ

パガテル公園正面入り口から。


  土曜日は妻の甥の結婚式だった。
日曜日は妻の用事が無かった。
パガテル公園のバラを見たいという。
まだ盛りが続いているか心配だったが出かけた。
株によっては終わってしまった花があったが、今咲き始めている株もある。


ツルバラのタワーが効果的にバラの華やかさを引き立てている。

またバラの苗を購入してしてしまった。
公園で3株、外の伊豆バラ園で3株。
伊豆バラ園は以前も寄って購入したが、素性のよい苗が多く、よく育つように思う。
今回はご主人が在店していて、消毒薬などアドバイスを受けた。



行きの途中でトイレ休憩に寄った浄蓮の滝。


  帰途、修善寺温泉の公営風呂、筥(はこ)の湯に浸かった。
休憩施設がないので350円と格安だ。
外にはベンチが設置されているので、火照った身体を冷ますことはできる。


  数日前にロンドン行きのチケットを予約した。
6月28日成田発、7月7日ロンドン発だ。
行き帰りの日を含め10日間だ。
妻の強硬な反対で2週間の日程が取れなかった。
ロンドン到着後のホテルは事前に予約していくつもりだが、ホテルの値段の高さに驚く。
ドミトリーの宿でも3・4千円以上する。
まだ決めかねている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/24 芝刈り機入手

2016-05-24 20:02:21 | 庭仕事

バロネスLM26型芝刈り機。

  現在使用している芝刈り機は刈幅が40センチ弱で能率が上がらない。
前からもう少し大きい刈幅の芝刈り機が欲しいと思っていた。
時々ネットでオークションをチェックしていたが今回集中的に出店されていた。
ただし、大きいのはゴルフ場のパッテインググリーン用であまり長く伸びた芝はうまく刈れないらしい。
メーカーに電話で問い合わせた。
頼りない担当者の答えだったが、何とか試してみる価値はありそうだと判断した。
それからネットの商品を注意していると、60センチ程度の刈幅の機械が10万円前後で落札されている。
ただし多くの機械が、本体のみで刈り取った芝を収容するバケット(グラスキャッチャー)が付いていない。
流通の過程で離ればなれになっているようだ。
メーカーに問い合わせると、この部品だけで5万円前後する。
たとえ10万円で本体を落札したとしても使えるようにするには15万円前後かかる。
そんな時、下田からの出店で故障があるためジャンク品で出展されている機械を見付けた。
これにはキャッターが付いている。
電話して、よくわかっていない店主に説明して確認すると一部部品が曲がったり、壊れているだけで使えそうだ。
現物確認に向かうというと、7万5千円なら即決で決めるという。
見てからだが納得すれば買うと答えると、オークションから下しておくという。
今日下田まで出向き確認すると、壊れているのはブレーキレバー、他には高さ調整のボルトが曲がっているだけだった。
金を払ってもらってきた。
帰りにいつも世話になっている農機具やによってレバーを交換してもらった。
庭で試すと、完全に使える。
いい買い物だった。
ただし今までより、作業スピードが速く、機械も大きいため慣れるのには少し時間がかかるかもしれない。
刈幅は現在の1.5倍、64センチだ。


  帰りに通り道にある河津のパガテル公園のバラを見てきた。
今が盛りだった。





日曜に平塚の花菜バラ園を見に行ったが、河津の方がずっと広く株も多い。


英国のガイドブックを枕に眠るラン。

昨夜は夕食後また腸閉塞の症状が出た。
すぐに妻の車で浜松まで走った。
車中でも七転八倒して痛みを堪えた。
1時間ほどで着いた。
病院に入った頃から痛みが薄らぎ始めた。
去年の5月以来の2度目だった。
今日の下田行は無理かと思ったが、朝には完全に回復していた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/15・16 横浜・東京

2016-05-16 16:16:07 | 旅行


若冲展180分待ちの看板。

  横浜の保土ヶ谷で上海グリーの練習があったので出かけた。
B会員(日本在住)の指導をしてくれているN氏がこの秋からまた上海に戻ることになったと報告があった。
現在監査役をしている会社の任期が終了して晴れて音楽三昧の生活にはいれると楽しみにしていたところ、退任を聞きつけたほかの会社から上海にある現地法人の手助けを要請されたとのこと。
来年のアジ祭開催を引き受けた上海A会員にとっては心強いことだろう。

  練習の後、横浜駅西口で打ち上げ。
二次会でカラオケに行ったりしたので、そのまま西口のホテルに泊まった。
翌日月曜日は、上野で若冲展を見ようと思ったのだ。
朝早めに目は覚めたのだが、身体が中々しっくりこず、ぐずぐずしていてチェックアウトが9時になった。
上野には10時前に着いた。
公園口の出口は普段の日曜並みの人出。
他の博物館、美術館は月曜閉館なのに、もしやと思ったら案の定若冲展目当ての人波だった。
動物園手前で180分待ちの看板が掲げられていた。
9時半の開館なのにこの状態だった。
諦めた。

  そのまま上野始発の熱海行きに乗った。
熱海での乗り換えで隣に若い白人カップルが座った。


アンデルと絵美さん。

心配そうだったので話しかけた。
名古屋まで行くがこれでよいかと聞く。
名古屋までの乗り換え順をネットで調べて教えてあげた。
ハネムーン旅行だそうだ。
二人は音楽家、コロラドのデンバーから来た。
奥さんの絵美は少し日本語も勉強しているようで、自分のEmiに漢字を当てている。
親切にしたお礼だといって、彼女手造りの石鹸を頂いた。


袋には日本語でメッセージが書かれている。


彼女のネームカード裏のデザイン、シルクスクリーンだそうだ。
ピアニストだと名乗ったが、デザインもやっている。



  一日空けただけだが庭のバラは更に多く開いていた。


西側。


東側。


壁際のピエール・ド・ロンサール、今年は少し他より遅れている。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/9 バラが咲いた

2016-05-09 16:16:27 | 日記

富士五湖の1つ本栖湖から見る富士山。


  連休が終わった。
妻も半分ぐらいは休めたので、どこか泊りがけで行こうかなどと話していたが実現できなかった。
連休らしいといえば、3日に東京の娘夫婦が加賀の白山登山の帰りだといって寄ってくれ、庭でバーベキューをしたことと、最後の8日静岡で自転車屋に寄った後、富士山の周りを一周したことぐらいだ。

  自転車屋では妻がBuromptonという英国の小径車を契約した。
16インチの車輪で、簡単に前後輪とハンドルがたためる。
たたんだサイズは中型のスーツケース程度なので日本国内でもバスや電車の車内に容易に持ち込むことができる。
輪行には大変便利だ。
ただし大荷物を積むことはできない。
妻との輪行では私が2台組み立てなければならないので時間がかかる。
これなら数分で組み上がる。
この夏に計画している英国自転車の旅に借りていけるかもしれない。


アーチのバラも蔓が伸びてきた。


ノックアウトは病気にも虫にも強い。


においウツギ。

  キューバでお会いした沖縄の伊の三木さんが台湾へ行くという。
ピーチアヴィエーションのプロモーションチケットで那覇−桃園が往復6千円だという。
調べてみたら羽田−桃園でも今7千円で往復できる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4/20  インフルエンザ治癒

2016-04-20 15:42:06 | 日記

モッコウバラ


ピエール・ドュ・ロンサーン


ツルうらら

  期待した通り熱は、18日夜下がってからはもう上がらなくなった。
19日は一日本を読んで過ごした。
しかし、妻が昨日から鼻水を流し始め、19日受診したところインフルエンザと診断された。
娘も若干症状が出ていると受信するもまだ発症していないとの診断だった。
88歳の母は安全のようだ。
古文書のクラスメイトに移していなければよいがと心配している。

  今朝は早くから芝を刈った。
肉体労働してもいつもと変わらないので、普段の体調に戻ったようだ。
気が付くとバラの蕾がふくらみ始めている。
数輪が咲きだした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加