片雲の風に誘われて

自転車で行ったところ、ことなどを思いつくままに写真と文で綴る。

3/24 孫との1日。

2017-03-24 23:31:52 | まごまご

アーモンドの花が咲いた。桜や桃と違って色っぽさがあるような。


  孫の世話をする娘の姿はかなり忙しそうだ。
ほとんど息を抜く暇がないように見える。
この一週間はそんな意識があって、出来るだけ家にいて手助けできるならと思っていた。
しかし、よく見ていると、娘も母になって3ヶ月近く、かなり要領よく動いている。
文ちゃんは眠りから覚め、ミルクを飲み、排泄を済ませたタイミングで機嫌が好くなる。
その後、ベビーカーに乗せ、ランも連れて一緒に散歩することが出来るようになった。
車の中から周りの景色を見回すような素振り。
もし視覚が十分発達し始めているならそれなりに世界を認識し始めているのだろう。
ジジバカだが、私の顔を見つめてこちらの表情に反応して笑うように見える。
この一週間での変化は相当大きかったように思う。


残念ながらこの時はスヤスヤお眠りだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3/23 種イモ植え付け

2017-03-24 00:08:01 | 夢工房

ビニールハウス圃場に種イモを植付。
芋同士を繋げるように並べて土を掛ける。


  久し振りに夢工房の招集が掛かった。
種イモを植える季節が来た。
保温庫で保存していた種イモはそれほどの腐りもなく良い状態でこの時を迎えることができた。
創立者の前代表が亡くなって作業日が少なくなってきたせいか、ここのところ出てくるメンバーの顔が定まっている。
唯一女性で出てくるメンバーのNさんは私に発掘の仕事を紹介してくれた方だが、発掘の方は70歳を超して体力的に辛くなったと言って今シーズンの途中で辞められた。
その後数ヶ月お目に掛からなかったが、今日伺うところでは、その間に介護士の資格を取得され、今は老人介護施設で働き始めたとのこと。
ご主人は会社を経営されていたので経済的な必要はないだろうと思う。
その意欲に驚く。
その老人施設は、新規に施設を増やしているところで、求人しても中々必要数を満たせていない。
70歳越えでも採用してもらえるし頼りにされているそうだ。
今後の高齢社会ではこの状況はさらに続くのだろう。
仕事内容は人間関係が濃密な仕事で、今までの緩い対人関係ではなく気を遣うそうだ。
しかし、時間給はアップしたとのこと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3/22 初孫の来宅

2017-03-22 17:51:15 | まごまご

春の陽気に誘われて庭を散歩。


  先週の土曜日から文ちゃんが来宅している。
今週末まで一週間の予定だ。
生後二ヶ月半だが、大分表情が出てきた。
機嫌のよい時には口角を挙げて笑顔を見せる。
授乳後には発語しているような声も出す。
世話している娘を見ていると、二時間ごとぐらいに授乳したり、襁褓を替えたりと休む間もない。
自分たちの育児の経験はもうほとんど記憶していないことに気付く。


亀たちが眠りから覚め、甲羅干しに出てきている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3/15 スマートフォン更新

2017-03-15 20:39:39 | 日記

春が来た。

  数日前に新しいスマホが届いた。
狙いはZENFHONE3、DSDS(デュアルシム・デュアルスタンバイ)機だ。
出来るだけ安く手に入れようと、春のキャンペーンを待っていた。
楽天モバイルがシムとセット購入なら3万円ほどで手に入る。
安いといっても5千円程度だ。
ただし、ネット購入だけ。
届いたが、電話帳の移行がうまくゆかない。
前回のようにSDカードに移して、新しいスマホでインポートしようとしたができない。
ネット上にある幾つかの方法にトライしたがダメ。
仕方ないので静岡の楽天モバイルショップまで走った。
店員が簡単にやってくれた。
方法を訊くと、音声を通してやるという。
細かく訊こうかと思ったが理解できないだろうと止めた。
東名通行料、燃料費、お礼代わりの備品購入などで、安くなった分以上出費した。
新しく手に入れたシムは古いスマホに入れて、母のアイフォンに代えた。
今までアイフォンの使い方で相談を受けても解決出来なかった。
これで少しは手助けできる。

  上の写真が新しいスマホの写真だ。
前のより性能は上らしい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3/5 大江戸骨董市

2017-03-09 00:15:28 | 旅行

東京フォーラムでの骨董市。

  妻が3月の土日で用事が無いのはこの日曜だけだということで東京へ出かけた。
妻が文太郎と会うのは一ヶ月振りぐらいだろう。
前日の土曜には娘夫婦の元同僚たちがお祝いに駆けつけてくれていたそうだ。
3・4組の夫婦がそれぞれお互いが皆知り合いだというのは私には経験のない付き合い方だ。

 昼前に訪ねた時は直前まで起きていたのに、眠りに入ったばかりだということで笑顔は見ることが出来なかった。
外に買い物に行くという娘夫婦と別れて、東京フォーラムの周りで、毎月第一。第三日曜日に開かれるという骨董市に出かけた。
妻はこれまでも何度か来て、数千円のアクセサリーなどを見付けている。
私は初めてだ。
ほとんどガラクタだと思われるものから、これはと思えるものまでさまざまなものが並べられている。
観ていると、数百円の値段のものでも客が出店者と会話しながら楽しんでいる。
その客の顔や姿、また店主の身なりや風貌を見ていると、とても金儲けでやっているとは思えない。
皆さんこの瞬間を楽しんでいるように見える。
外国人も多い。
店主も流ちょうな英語やフランス語で対応している。
また外国人も巧みな日本語を操る人が多い。
私はもう自分の年のことを思うのでかつてほど欲しくなるものがない。
そんな中で、腕時計が目に着いた。
現在私が使っている2個の時計はそれぞれモード切替が壊れている。
通常時間表示は問題ないが、アラームだとかクロノメータは使えない。
そんな意識がその時計に目を向けさせた。
その店主は1メートルに満たない台に数点のおもちゃと時計を並べていた。
気を引いたのはそのデザインと値段だ。
ひとつは現在のUSBスイス銀行が顧客に配ったノべりティーだという。
スイス製のクオーツ時計だ。
もう一つはインドの軍隊が隊員用に制作した時計で、ムーブメントはシチズン製の手巻きだ。
店主は私と同年代の至っておっとりしたジェントルマンだ。
私も店主との会話を楽しみながら品定めをした。
しかし決断が出来ずに、昼食のためその場を離れた。
妻も何も買わずに出てきた。
昼食後、妻にも気になったものがあったようでもう一度市に戻った。
現在私の欲しいものは、DSDS(デユアルsim、デユアルスタンバイ)のスマホで3万か4万で買えるものだ。
それをこの春のキャンペーンでさらに安く手に入らないかと検討している。
ビックカメラで訊いてみると、1万円ちょっとで買えるキャンペーンもあった。
しかし、縛りが2年で、トータルするとそれほど変わらない。
そんなことを悩んでいるのに、全く予定しなかった腕時計を買うことになった。


真ん中がスイス時計。右は2カ国の時間が表示できる。左はソーラー、二つとも20年以上前のものだ。

結局、クオーツの方を購入した。
デザインがシンプルなことと、スイス製だということが理由だ。
値段は8千5百円を8千円にしてもらった。
新品だ。
妻も数千円のものを数点手に入れた。
充分皆さんと同じようにこの骨董市を楽しむことができた。

 帰りにはまた娘の部屋に寄り、楽しそうに朗らかにしている文太郎と対面することができた。
夕食をごちそうになって帰宅した。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加