南方歴史発見伝・仙人の呟き・未来予測に挑戦

独断と法則で提供する予測と思考内容
貴方は幾つの真実を見つけられるか
其れは全て貴方次第です
   竜宮城便り

呪われた教授室か・それとも呪われた住宅か?//知らぬと仏になります。

2017年07月16日 20時21分55秒 | 健康・医療
HAUTED HOUSE


★ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170716-00000011-jij_afp-int

天才数学者ミルザハニさん死去 40歳、女性初のフィールズ賞
7/16(日) 12:25配信

韓国・ソウルで、フィールズ賞を受賞し記者会見するマリアム・ミルザハニ氏(2014年8月13日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】「数学のノーベル賞」と称されるフィールズ賞(Fields Medal)を女性で初めて受賞したイラン出身の数学者、マリアム・ミルザハニ(Maryam Mirzakhani)さんが15日、米国内の病院で死去した。40歳。ミルザハニさんはがんを患っていた。

【関連写真】朴槿恵大統領(当時)からフィールズ賞を授与されるミルザハニ氏

 ミルザハニさんの訃報は、友人で米航空宇宙局(NASA)の太陽光システム探査(Solar Systems Exploration)の元ディレクター、フィルーズ・ナデリ(Firouz Naderi)氏がインスタグラム(Instagram)で明らかにした。

 イランメディアによると、米スタンフォード大学(Stanford University)教授のミルザハニさんは4年前からがんの治療を受けていたが、がんは脊髄に転移していたという

 ミルザハニさんは1977年、イランの首都テヘラン(Tehran)生まれ。育ったのもテヘランで、当初の夢は作家になることだったが、高校に入学する頃には数学に親近感を覚えるようになり進路を変更。2008年にスタンフォード大教授に就任し、2014年に国際数学者会議(International Congress of Mathematicians)からフィールズ賞を授与された。

 ミルザハニさんには同じスタンフォード大の数学者である夫と幼い娘がいる。【翻訳編集】 AFPBB News

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

● 知らぬが仏。一般的に、一個の癌細胞が成長をしてから10年前後で、今の西洋医学的な
  診断が出来ると言われます
。早い話が、今の医学では殆ど手遅れと云うことです。

● 従って彼女の経歴から、つまり2008年にスタンフォード大学の教授になった段階で
  癌が増殖を開始している可能性が大です。USAの古い建物は殆どがアスベストを
  使っていると想定できます。寒い地方では、アスベストの断熱性と

● 安い手ごろな値段と建材としての使いやすさが相まって、膨大な量が使われています

  それが古くなると、少しづつ剥がれて、部屋にいる人の呼吸器や皮膚から
  吸収されると言われます。(DR.大村恵昭の研究から


● 教授室などは、まさに古さの象徴ですから、結果として、渡米したのは癌になるために
  行ったようなものです。殆どの癌は、アスベストなどの汚染物質の体内蓄積と
  パピローマウイルスー16の感染が相まって発症する
事は

● DR.大村恵昭の研究で分かっています。ヒューマンパピローマウイルスは
  何処にでもいるウイルスですから、問題は教授室と云うことです。
  その教授室から、癌やアルツハイマー等の人が出ているのなら

● 映画ではないが、呪われた教授室と云うことになります。もし子供や夫にも何らかの問題が
  出ていれば、原因は住居
にあるということになります。子供はまずは自閉症か又は腫瘍、
  旦那はアルツハイマーか癌、又は何らかの難病等が有れば、住居ということです。

● 二人が全くの健康であれば、やはり呪われた教授室と云うことです。USAに渡ったので
  本国が怒り、彼女に放射性物質をくっつけて、癌を起こしたと考えるのは
  いくらイランでも少し邪推し過ぎでしょう。

● 10年前後に癌になって死ぬような計算で何らかの物質を彼女に投与したと考えるのは、
  やはり出来すぎです。素直にアスベストが体内にたまり始めてから
  10年前後で発症して死んだと考えるのが、理にかなっています


● 正に知らぬが仏と云うことです。貴方もUSAに教授職で招待を受けているのなら、
  真新しい部屋や住宅を求めるべきです。古い家や部屋は映画にもあるように、
  HAUNTED HOUSE(ROOM) なのでしょう??。
  

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだ役にも立たない分析を繰... | トップ | 1にタウリンとビタミンD、2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

健康・医療」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。