南方歴史発見伝・仙人の呟き・未来予測に挑戦

独断と法則で提供する予測と思考内容
貴方は幾つの真実を見つけられるか
其れは全て貴方次第です
   竜宮城便り

ついに始まった極右の反撃の序章//歴史は内戦を欲している

2017年08月13日 18時05分49秒 | USA/大西洋資本主義の大崩壊
★ http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK13H0G_T10C17A8000000/?ap=1&dg=1


米で白人至上主義デモ 衝突とヘリ墜落で3人死亡
2017/8/13 11:44

 【ニューヨーク=高橋里奈】米バージニア州シャーロッツビルで12日、白人至上主義者や極右団体のデモがあり、これに抗議する人たちとの間で大規模な衝突が発生したバージニア州のマコーリフ知事は非常事態を宣言したが衝突は続き、反対派の群衆に車が突入して女性1人が死亡した。デモでは少なくとも35人が負傷。このほかパトロール中の州当局のヘリコプターが墜落してパイロットら2人が死亡した。

米南部バージニア州シャーロッツビルで開かれた白人至上主義のグループの集会に車が突っ込んだ後、周囲を警戒する警察車両(12日)=ゲッティ共同

 デモは南北戦争で南軍を率いたロバート・リー将軍の銅像の撤去計画に反対するもので11日夜から続いていた。将軍の銅像は白人至上主義の象徴と至上主義団体からみなされている。米国では黒人差別を連想させるとの理由で、南軍を象徴するモニュメントや旗の撤去が進んでいる。7月にも白人至上主義団体のクー・クラックス・クラン(KKK)がシャーロッツビルで抗議デモをした

 反対派の集団に突っ込んだ車の運転者は身柄を拘束された。米メディアによるとオハイオ州出身の20歳の男だという。車の突入では32歳の女性が死亡、19人が負傷した。
 トランプ米大統領は同日午後に記者会見を開き、「様々な立場の人の言語道断の憎悪と偏見、暴力を最もひどい言葉で非難する」と訴えた。一方でマコーリフ知事は白人至上主義者や右翼団体に対し、「家に帰れ、恥を知れ」と記者会見で非難した。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

● いくらなんでも、黒人差別を連想させるから、将軍の像を撤去するとは行き過ぎでしょう。
  歴史はこのように、言葉狩りや連想させるから駄目だとかの極端の逆差別で
  逆差別された側が怒りとともに反撃するのです。

● 虫ではないが、一寸の虫にも五分の魂があることを知るべきです。南北戦争直後であれば
  撤去する理由も分かるが、何をいまさら歴史的な事をぶり返して、逆差別するのです。
  このように、時代の末期は物事が全て極端へと動き、大衝突へと進むのです。

● どちらも相手の存在が許せないのです。残る手段は、もう殺し合いしかないでしょう。
  全ては数年前から私が予想した通りに進んでいます。つまり、今後の
  大激突の繰り返しと、資本主義の大崩壊も軌道に乗っているのです


● 数理歴史経済波動学は、予想できるのです。歴史は暗黒へと進むのです
ジャンル:
海外
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 問題は2046年までに解放され... | トップ | 生きるべきか滅びるべきか//... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
逆差別への反撃 (kashin)
2017-08-13 22:20:34
日本でも在日朝鮮人や女権屋(フェミニスト)どもが地祭りになるかな。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。