南方歴史発見伝・仙人の呟き・未来予測に挑戦

独断と法則で提供する予測と思考内容
貴方は幾つの真実を見つけられるか
其れは全て貴方次第です
   竜宮城便り

このような日常の事が、革命の導火線にもなるのです。

2017年06月17日 21時34分44秒 | 崩壊
★ https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170617-00000025-jnn-int

ロンドン高層住宅火災、地域住民らが行政に抗議
TBS系(JNN) 6/17(土) 12:30配信

 ロンドンで起きた高層住宅火災で、地元メディアは犠牲者は70人以上に達するとの見方を報じました。一方、行政の対応に怒った住民など数百人が地元の役所になだれ込みました。

 ロンドンの低所得者向け高層公営住宅で起きた火災では、これまでに30人の死亡が確認されていますが、複数の地元メディアは「犠牲者が70人以上に達する見通しだ」と伝えました。

 こうした中、火災が起きた地区の役所に数百人の住民らが押し寄せました。

 「正義を、正義を」(住民)

 住民らは以前から求めていた防火対策が施されなかったことや、改修工事で燃えやすい外壁が取り付けられたことが被害の拡大を招いたと抗議の声を上げ、低所得者が見殺しにされたと訴えました

 「多くの犠牲者を出した責任を誰かが負うべきです。これは殺人です」(デモ参加者)

 メイ首相は火災の被害者のためおよそ7億円の支援を行うと約束しましたが、訪れた避難所でやじを浴びる一幕もありました。(17日11:06)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

● 金がなくなり、老いたシステムは、これっぽちも尊敬されないのです。やがて
  次はやじではなく、Bulletsが飛んでくるでしょう
  怖いですぞ、庶民が本当に怒れば・・・。

● 資本主義の末期は、貧富の差が広がり、金持ちは税金を払うことには全く興味を
  見せず、税金の安い地方や国(タックスヘイブン)に住所を移すのです
  ロンドンなどの目ぼしい住宅街は投機の対象になり、

● 企業は東洋の勃興国に勝てず、公庫には金はなく、貧乏人を助けること等は、
  夢のまた夢です。これらとテロが相まって、政治家は軽蔑の対象となり、
  少しづつ革命状況へと移行するのです


● そして、わずかな災難をきっかけとして、国は崩壊の轟音を立てるのです
  誰にも止める事は出来ません。フランスはまだ夢を見続けています、
  つまり、1年にも満たない政党の党首に全権を与えて、

● 国が変わることを期待しているのです。勿論最後の夢ですので、見させてあげましょう。
  このやり方は、前回の革命後のナポレオンの時のような状況を思い起こせます。
  つまり夢を見る国民が、全権を一人の若造に与えるという賭け心です。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 資本主義的西洋医学的現代医... | トップ | 外交と防衛、歴史と現状につ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。