南方歴史発見伝・仙人の呟き・未来予測に挑戦

独断と法則で提供する予測と思考内容
貴方は幾つの真実を見つけられるか
其れは全て貴方次第です
   竜宮城便り

癌の治療の最終的解決//軍配は何処に上がるか?

2017年07月14日 04時58分25秒 | 健康・医療
★ http://www.natureasia.com/ja-jp/nature/highlights/87432

免疫学: 個別化がんワクチンの臨床試験ブックマーク
Nature 547, 7662
2017年7月13日

ネオアンチゲンは、抗腫瘍ワクチンの最適な標的だと長い間考えられており、最近のコード領域の変異解読技術および予測技術は、それらの発見や選択の効率化を目的としてきた。今週号には、がん患者での個別化ネオアンチゲンワクチンの臨床試験に基づく結果を示した2本の論文が掲載されている。C Wuたちは、20種類に及ぶ患者ネオアンチゲンを標的とした、個別化がんワクチンの第I相試験の結果を報告している。このワクチンは安全であり、腫瘍抗原特異的な免疫応答を誘導することが示された。6人の患者のうち4人は25か月間にわたり再発を起こさず、プログレッションの起きた患者は、チェックポイント阻害剤による追加治療に応答した。一方U Sahinたちは、黒色腫患者を対象に行った個別化ネオアンチゲンワクチンのヒトでの初めての試験について報告している。彼らのワクチン接種戦略は、患者由来のネオアンチゲンの配列決定と計算による特定、および治療のためのポリアンチゲンRNAワクチンの設計と製造からなる。13人の患者で、このワクチンは個々の患者由来の選択した腫瘍抗原のいくつかに対する免疫を増強し、また2人の患者では腫瘍反応性T細胞の浸潤が見られた。これらの結果は、個別化ワクチンは改良と調整が可能であり、がん免疫療法として臨床的な利益をもたらし得ることを示唆している。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

● このように癌の治療は段々と費用の掛かる治療へと変化しています。USAでもわずかな薬を
  もらうにも膨大な費用が掛かり、事実上保険制度も崩壊しています。保険金を集めて、
  治療代を十分患者に払わない保険会社が大繁栄をしているのです。

● つまり、病気を治す事を本分とするのではなく、いかに費用対効果の世界で保険会社が儲かるのか
  と云う領域のみが、資本主義末期の企業社会の興味の対象と云うことなのです。
   本末転倒の世界です。滅びるのが必然です。

● 癌になれば殆どの人は貧困化に陥りますから、このような高価な治療は経済的にも国民の
  望む方向ではないはずです。つまり、一部の金持ちしか利用できない治療となるのです。

● 97%の癌は、HPV-16(ヒューマンパピローマウイルス)の感染とアスベストの蓄積が
  原因であることは、DR.大村恵昭の研究で既に分かっているのですから、
  現代西洋医学は、段々と全く無駄な世界へと変化しつつあります。

● BDORTの広がりと、上記の方向が相まって、西洋医学は必然的に崩壊するのです。
  タウリンとビタミンDの併用で副作用なく簡単に安くで癌を含めたあらゆる治療ができるのです。

● DR.大村恵昭の研究では、健康と思われる人でも、ビタミンDの一日400 IUの摂取が
  望まれるとの事です
。勿論普通に食事したうえでの、追加の量です。これは
  現代の食事は十分でないとの事を意味します。

● これらの事を総合すれば、人類は野良仕事を前提として健康が保たれることを意味します。
  言い換えれば、毎日太陽の紫外線を浴びて、皮膚でビタミンDを合成することで
  必要なビタミンが供給されることを意味します


● 人類の歴史は10万年以上ありますが、この期間の人類は毎日野良仕事する事で生活してきた
  のです。殆どの人は農家でした。それが一変したのが、産業社会の到来と屋内での
  生活や仕事です。殆ど外に出なくても仕事が出来るようになったのは、
 
● 実は、高々100年にもならないのです。人類の歴史から見れば、ほんの一瞬です。これが
  現代病の主背景にあるものと思われます。つまり、紫外線は皮膚がんのもとと騒ぐのは、
  紫外線のない北欧の世界に適応した白人のたわ言に過ぎない
ということです。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

● ALSが感染症と云うのは、発表されたDR.大村恵昭の研究からは、私も見つける事は出来ません。
  しかし、彼の指導でBDORTを行っている、東欧のDRの研究ですから、信じるしかないでしょう。
  このような発表を許していることは、言い換えればDR.大村恵昭の暗黙の了承と云うことです。

● 80歳過ぎても、DR.大村が毎度のように、優れた研究を発表されている事は素晴らしい事でもあり、
  同時に後に続く人たちの研究成果は、まだまだ限られているということなのでしょう。

● 日常診療で、簡単にBDORTを用いての、薬の効果がわかり、簡単に診療できることが、
  逆に言えばその発展を制限している可能性があります。つまりDR.大村恵昭の
  研究のような素晴らしい俯瞰的な研究が少ない
ということです。

● 癌やアルツハイマーや自閉症にアスベストが関与していることが分かったのは、
  DR.大村恵昭の最近の研究結果からですので、ALSももしかしたら、
  アスベストの蓄積が関与しているのかもしれません


● DR.大村恵昭のALSの鳥瞰的な研究を是非お願いしたいものです





『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徐々に武人独裁化(又は共産... | トップ | 北極圏の開発とアラスカ購入/... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。