南方歴史発見伝・仙人の呟き・未来予測に挑戦

独断と法則で提供する予測と思考内容
貴方は幾つの真実を見つけられるか
其れは全て貴方次第です
   竜宮城便り

排外主義第二弾・ユダヤ人への攻撃

2017年02月22日 10時43分26秒 | 崩壊
★ http://www.afpbb.com/articles/-/3118652?utm_source=yahoo&utm_medium=news

全米11のユダヤ人施設に爆破脅迫、トランプ大統領就任後に相次ぐ
2017年02月21日 15:37 
発信地:ワシントンD.C./米国

米ニューヨークのブルックリンで、ユダヤ暦の新年「ロシュ・ハシャナ」を祝う行事に参加する男性(2016年10月3日撮影、資料写真)。(c)AFP/KENA BETANCUR

【2月21日 AFP】全米11か所のユダヤ人のコミュニティーセンターで20日、爆破予告の脅迫電話を受け関係者が避難する騒ぎが起きた。ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の就任後1か月の間に、同様の事件が相次いでいる

 ユダヤ系組織のJCCアソシエーション・オブ・ノースアメリカ(JCC Association of North America)によると、今回の事件を含め、先月から米27州とカナダ1州にある54か所のユダヤ人のコミュニティーセンターが計69回の爆破予告を受けたという。
 先月は9日、18日、31日に爆破予告があったが、今回の件も含めすべていたずらとみられ、標的になった全施設は平常通り運営されている。

 米連邦捜査局(FBI)と司法省の市民権局が一連の爆破予告の捜査に当たっていると伝えられている。
 一方、米ミズーリ(Missouri)州セントルイス(St. Louis)にあるユダヤ人の墓地では、この週末の間に100以上の墓石が倒されているのが見つかったと、地元メディアが報じた。

 人種差別問題の調査や対策に取り組む「南部貧困法律センター(Southern Poverty Law Center)」は最近の報告書で、ヘイトグループの数が増加し、過去最高の水準に近づいていると指摘。接戦となった昨年の大統領選で「右派のポピュリズム(大衆迎合主義)」が台頭し、極右思想をかき立て、最終的にトランプ氏を勝利に導いたことと関連があると説明している。(c)AFP

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

● 排外主義とは、読んで字のごとく、自分たちとは異質なものに対する拒否である。
  それは何も、イスラムやメキシカン達が対象とは限らない。
  上記の言うことは、そういうことである。

● 清朝末でも外国勢に対する無差別な攻撃が見られました。イスラムやメキシコに対する
  拒絶が第一弾とすれば、ユダヤ人・中国・日本に対する排撃は、第二弾と言えるでしょう。
  トランプ氏のユダヤびいきにかかわらず、必ず起こるのです。
  大西洋ヨーロッパでも既に起こっています。

● そうすると、将来、第二のトランプ氏の誕生2032年前後の誕生時は、第三の排撃が
  見られると予想できます。それは何処か? 歴史の流れから言えば、それは
  全ての外国人に対する排撃と言えるでしょう。特に白人よりも良く働き
  頭もよい、日本人を含めての黄色人種を含めた全外国人と言えます。

● 資本主義の崩壊は、2046年ですから、やはりまだまだこれからということでしょう。
  つまり、今はまだ急激な変化に対応できない=本格的な革命は先ということです。
  しかし、トランプ氏は今後の方向性は示しました。

● イスラム・メキシコへの虐めと、ロシアへの接近、中国敵視、自国の製造業の活性化。
  そこで忘れてはならないのは、彼は日本に対してはロシア以上に攻撃したと
  いうことです。経済問題=為替問題を通して、しつこく攻撃しました。

● それも、ロシアや中国に対すると同様に、一時的に封印されていますが、次も必ず
  出てくるということです。同盟国と油断しているとトンデモナイしっぺ返しを
  食らいます。オバマ政権が日本をしつこく卑しめたのを忘れてはいけません。

● 日本への攻撃は、潜行しているように見えますが、必ず公然となるときが来ます。
  トランプ政権で顔を見せて、次回の民主党政権で公然とするでしょう。
  民主党も武人時代の流れには逆らえない・武人になるのです。
  韓国が右も左も反日になるようなものです。

● つまり、今までの歴史の流れから行くと、次回民主党政権が対日攻撃を本格化すると
  思われます。そして将来2032年前後の、第二のトランプ政権で、すべての外国人を排撃する
  醜いUSA
が見られるでしょう。それは、政権がしなくても庶民が行うのです。

● トランプ氏は自分の置かれている歴史的流れに正直ですが、つまり排外主義の流れに
  正直ですが、しかし、それが同時に彼が好きなユダヤ人への排撃を伴う
  いうことを知らないようです。だから資本主義末期であり、イスラエルの
  最終的な帝国の拡大と崩壊と云う過程が予想できるのです。

● 彼が排外主義の流れを作っているように見えますが、ユダヤ人への攻撃に見られるように、
  彼の予想を超えて、排外主義は時代の流れが作るのです。そこが彼と歴史の流れにある
  ずれです。従って、イスラエルへの過度な支援が、彼の命取りになる
  可能性が高くなってきました。

● 99%の国民が、ウオール街を嫌っているというのに、ゴールドマンを経済の
  キーパーソンにするには、全く時代の流れに合いません。やはり
  革命はまだまだ先ということ⁼2046年でしょう。

● クリントン大統領の時に、民主党はウオール街に乗っ取られ変質しましたが、
  トランプ氏もウオール街の支援なしではやっていけないという処に、
  正に資本主義最後の様相が見られます。支配層はまだまだ健全です。

● 言い換えれば、2046年に崩壊するまでは、国際金融機関を中心にする現支配層は
  全てを握り、結果としてオバマもトランプ氏も99%の圧倒的国民を
  裏切り、現支配層と一緒に、2046年前後から大崩壊する
ということです。

● それまでは、右も左も右往左往しながら、大混乱へと移行して、カオスの世界が
  出現して、未来への希望が持てない時代が来るのです。
  新時代の生みの苦しみということでしょう。

● それは、内戦型第三次大戦を経て、世界戦国時代へ移行する幕開けを意味するのです。
  日本は四面楚歌で苦しむのでしょうか?
 
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 典型的知恵者の国・鎖国・江... | トップ | 分からないときは感染を疑え... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ユダヤ財閥による世界支配の結果 (kashin)
2017-02-22 15:50:55
全米を支配し、やりたい放題を繰り返し、多くの米国民を貧しくしてきたツケが回ってきたのです。仕方ないね。自業自得だね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

崩壊」カテゴリの最新記事