南方歴史発見伝・仙人の呟き・未来予測に挑戦

独断と法則で提供する予測と思考内容
貴方は幾つの真実を見つけられるか
其れは全て貴方次第です
   竜宮城便り

待てば海路の日和あり・彼らお山の大将”も、やがて来るUSAの内戦で終焉を迎えます・

2017年05月17日 09時58分08秒 | 軍国主義の国
★ http://blog.goo.ne.jp/nvno/e/a3daf722a3dae03cb5fca6e79a78a781

プーチン大統領:世界のテロ攻撃の95%が、CIAによって指揮されている
2017年05月15日 | 記事
プーチン大統領が4月3日に起こったサンクトペテルブルグのテロの黒幕について言及しています。

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

プーチン大統領:世界のテロ攻撃の95%が、CIAによって指揮されている(リンクより転載)

Putin: 95% Of World Terrorist Attacks Are Orchestrated By The CIA
リンク

ロシアのウラジミールプーチン大統領が「世界のテロ攻撃の95%が、CIAによって指揮されている」と述べた、昨日の臨時会談の後、ショックウェーブはクレムリン周辺で反響を呼んでいる。サンクトペテルブルグで起きた地下鉄の爆発は、「これを念頭に置いて」調査されなければならない。

政府の最高幹部と彼の故郷の街である職員に、非公開のフォーラムで語ったプーチン大統領は、地下鉄の爆発についての質問に対して、世界のテロ攻撃の大部分を誰が指揮しているのかを指摘、米国の影の政府が、世界の主要地域を不安定化させるために、過激なイスラム集団を後援している

プーチン大統領は、拳をテーブルにぶつけて叫んだ。「もしCIAが、ロシア人の血で手を汚すならば、彼らは、ロシアのクマを穏やかな眠りから覚ましたことを、永遠に後悔することになるだろう」プーチン大統領は、テロリストに対する捜査をさらに進めていくことを誓った。

95%の数字が正確かどうかについて、トップの補佐官が質問すると、プーチン大統領は一歩踏み出し、「説明をする前に、世界がどのように運営されているかに関して、どのように見えるかを考えなければなりません」

プーチン大統領は、CIAこそが、影の政府の謀略機関であり、そして「世界寡占と、NWO新世界秩序」の意志を表明していると主張する。

プーチン大統領は、補佐官の制止に抵抗しつつさらに続ける。大統領は、証拠はどこにでもあり、個人的には、取引に関する徹底的な知識を持っていると述べた。

CIAは、今日アメリカの一部として存在していますが、確かにアメリカ人ではありません。「CIAは、アメリカ人のために働くことも、利益になることもやらない」

サンクトペテルブルクの爆弾が、プーチン大統領を権力から追い出すための、CIAの陰謀とメディアが示唆していることについて、プーチン大統領は、「地下鉄で、私を瞬きさせるためには、ありとあらゆる策略が必要だ」と述べた。

プーチン大統領はまた、人類はメディアと政治によるプログラミングの使用を通じて 「無意識」になるように操作されており、その完璧なサンプルは、最近のWikiLeaks Vault7の漏洩に対する、社会の従順な反応です。

主流のメディアは、CIAのやりすぎや違法行為について、世界的な抗議行動を開始するのではなく、積極的に大衆を黙らせ従属状態に陥れてしまった。

via:yournewswire.com

瀬部倫一郎

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

● どちらにしろ、2046年にUSA/大西洋先進先輩資本主義諸国は崩壊し、そして
  内戦へと移りますから、今後は忙しくて海外には手は回らないでしょう。

● その隙を狙って誰が暗躍するのか、勿論1に中共、2にロシア、3に日独でしょう。

● 嵐の前の静けさ、そして夜明け前。覚醒した大衆が暴力的になるのは、武人の時代。
  ヨーロッパとUSAの大衆が、再び野獣へと覚醒するのです。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 問題は世界大戦の規模である... | トップ | 西洋医学の大崩壊は近い・BDO... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。