南方歴史発見伝・仙人の呟き・未来予測に挑戦

独断と法則で提供する予測と思考内容
貴方は幾つの真実を見つけられるか
其れは全て貴方次第です
   竜宮城便り

USA資本主義の崩壊/ミイラ取りがミイラになる米国=独裁国家へ一歩一歩と近づく

2017年04月21日 11時52分47秒 | 崩壊
★ https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170420-00000025-jnn-int

[ 前の映像 | 次の映像 ]
日本のヘヴィメタルバンド、米への入国拒否される
TBS系(JNN) 4/20(木) 7:43配信
 日本のヘヴィメタルバンド「ラウドネス」がアメリカツアーのために向かったロサンゼルスの空港で入国を拒否されました。

 「ラウドネス」は19日から始まる全米ツアーのため、イリノイ州シカゴに向かいましたが、ロサンゼルスの空港で入国を拒否され、そのまま帰国しました。シカゴ公演の主催元はトランプ政権の「外国人に対する入国審査が厳しくなったことが理由」だと主張しています。

 また、「彼らが入国拒否されるのは2度目」としていますが、メンバーの1人は「過去に入国拒否されたことは一度もない」としています。

 日本のヘヴィメタルの第一人者として知られる「ラウドネス」は過去にアメリカのビルボード誌のランキングで最高74位に入るなど世界的にヒットし、今も根強い人気を誇っています。(20日04:25)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

● これが資本主義の崩壊の姿です。序の口ですから、いまから基本的には酷くなります
  勿論崩壊は2046年前後ですから、USA民主党の権力の再奪還はあり得ますが
   それでも基本的流れは変わりません。

● 全てが排外主義になるとは、このようなことです。彼らには最早イスラムの事は
  どうでもよいのです。すべてを受け入れたくないのです。判断は
   USA第一で、USAの特に利益になるとは思えない場合や

● 気分的に好きになれない人や集団は、現場の判断で拒否できるのです。いちいちバンドの
  入国を大統領にお伺い立てることはしません。現場の官僚・公務員などが決めるのです

● 大統領だけではないのです。少なくとも半分の国民がこのように排外主義となり、
  心の余裕のなさを暴露するのです
。イスラム入国拒否は単なる隠れ蓑です。
  USA以外すべてが嫌いになるのです

● 日本の世界的に有名なバンドが拒否されたという意味をしっかり理解すべきです。
  資本主義が崩壊して、武人時代≒戦国時代≒内戦の時代に突入する
   ということの予測の意味を知るべき時です。冗談では書けません。

● 本当は、日本人の貴方も嫌われているのです。白人が世界一と思っているのに、それを
  見事に打ち砕いているのが日本人です
。本当は憎らしく思っているのでしょう。

●  どうですか、数年前からの私の予想は段々と、本物らしくなってくるでしょう?
   2046~2059年、USA/大西洋先進資本主義が崩壊するという予想です。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 情報を制する者は全てを制す... | トップ | 国民も時代の申し子とは/この... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

崩壊」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。