南方歴史発見伝・仙人の呟き・未来予測に挑戦

独断と法則で提供する予測と思考内容
貴方は幾つの真実を見つけられるか
其れは全て貴方次第です
   竜宮城便り

徐々に武人独裁化(又は共産主義化)の方向へと進むUSA

2017年07月13日 15時40分08秒 | 崩壊
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN13H1E_T10C17A7000000/?n_cid=NMAIL001

「ネットの中立性」撤回方針に一斉抗議 米ネット大手
2017/7/13 7:58

 【ニューヨーク=清水石珠実】米ネット大手は12日、米連邦通信委員会(FCC)による「ネットの中立性」の規制撤廃の動きに対し、一斉に抗議活動した。ネットの中立性は、インターネット接続業者に、ネット上を流れるすべての情報を平等に扱うことを求めたもので、2015年にオバマ前政権下でFCCが導入。トランプ政権下で就任したアジット・パイ新委員長が5月、撤廃の方向で手続きを始める方針を明らかにしていた。
 抗議活動には、動画配信サービスのネットフリックス、ネット通販のアマゾン・ドット・コム、アルファベット傘下でネット検索を手がけるグーグルなどが参加した。
 ネットフリックスは表紙画面に接続の待ち時間が長いときに出る円形の記号を表示。撤廃されるとネット接続業者による不当な配信速度の遅延などが起きうるとして、ネットの中立性の維持を訴えた。グーグルはブログで「開かれたネットのおかげで、大企業から新興企業までが平等に競争することができる」との見解を示し、利用者に対してFCCにネットの中立性を支持するコメントを寄せるように求めた。
 フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は「フェイスブックは(ネットの中立性の)規則を強く支持する」と表明し、「ネットの中立性を守るために議会のメンバーなどと協力する準備がある」と述べた。

 ネットの中立性は、ネット接続サービスを提供する企業に

(1)合法的なコンテンツの流れを不当に遮る
(2)通信速度を遅くしたり解像度を下げたりする
(3)追加料金を払った一部大口顧客を通信環境で優遇する――などの行為を禁じた


ネット回線を「公共財」と扱う裁定で、CATV・通信会社からは「規制強化で投資意欲をそがれた」との批判の声が上がっていた。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

● 2001年の自作自演と想定できるテロ後、愛国者法等に見られるように、急激にUSAは
  国家の監視が個人の日常まで及ぶようになっています。このような動きはむしろ
  オバマ政権でも加速しました。トランプ大統領誕生にも見られるように、

● 国民個人にも感染が広がっています。段々と国民は監視の世界に慣らされてゆくのです。
  徐々に体制は、資本主義的自由と民主主義の体制の崩壊と、来る武人時代へと
  変化しているのです。人生のスパンから見ると流れは緩慢ですが、

● 一歩一歩と、確実に変化している様子が見られます。政権が民主党系か共和党系かには
  全く関係なく、時代は確実に変化しています。武人時代(北朝鮮や中共、旧ソ連)
  への変化と見れば、全てが鳥瞰的に見れるはずです
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国人のUSA浸食と///USAの共... | トップ | 癌の治療の最終的解決//軍配... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。