南方歴史発見伝・仙人の呟き・未来予測に挑戦

独断と法則で提供する予測と思考内容
貴方は幾つの真実を見つけられるか
其れは全て貴方次第です
   竜宮城便り

MR.VAL KILMER//Just take The Taurine & VD3・& with Friction of Hand like a pray・

2017年05月19日 09時42分33秒 | 健康・医療
★ https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170519-39371680-techinq

ヴァル・キルマー、がん闘病につき「祈りで治癒する人が多い」発言で物議
2017/5/19 00:55 Techinsight

「祈りのパワー」を信じるヴァル・キルマー


2015年のこと、映画『トップガン』や『ドアーズ』で知られる人気俳優ヴァル・キルマー(57)につき、「口腔内の腫瘍から出血があり救急搬送された」という報道が浮上した。そのヴァルは“ある宗教”に傾倒し、口腔内の異常に気付きながら「祈れば治る」と言い張り家族・関係者を心配させたという。結果的には病院で治療は受けたが、今も「信仰と祈りのおかげ」という思いに揺るぎはないもようだ。
このほどヴァル・キルマーが「reddit」のQ&Aコーナーに登場し、「信仰心がいかに回復に役立ったか」との質問にこう答えた。
「僕はすごく感謝しているんだ。それこそ世界中の人達に祈って貰えたんだから。」
「僕がクリスチャンサイエンスの信者だと知っている人は、こう考えているんだ。僕は自分のことを危険に晒したんじゃないかって。」
「でも多くの人達が祈りにより癒されてきた。その一方で、多くの人が現代医学によって命を落としたのさ。」
ちなみにヴァルは「入院した際にも“世界中の人々に支えられている”となぜか感じた」という。また、自身の信仰を批判する人達については「僕の信仰と過激主義をゴチャマゼにしているんじゃないか」との見解を明かし、「(過激主義者のような行動は)僕の考えるキリスト教信仰とは別物」とも伝えた。
そんなヴァルが病院で受けたとされる処置内容は、出血していた腫瘍の除去。その際に呼吸が楽になる手術も併せて受けたものの、2年経つ今も舌は腫れ元のような話し方ができないという。
「もう少し早く病院に行っていれば…。」
そう思うファンも決して少なくないが、ヴァルを病院に行かせることは相当困難だったもよう。「どうしても病院へ」と迫る人々とは縁を切ったヴァルは、祈りのパワーを否定したくないがため「痛い」とすら認めなかったという。現在の体調について詳細は不明だが、ヴァルは仕事を積極的にこなしTwitterも頻繁に更新している。これも手術を受けた結果に違いないが、ヴァルは「信仰心、そして祈りがあったおかげ」と信じているようだ。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

● 病は気からということでしょうが、それほどまでに西洋医学は無視され・無力なのです。

● Mr.Val Kilmer. See my Blog before pray ,

http://blog.goo.ne.jp/nobuokohama/e/a35c6db98c87787263c54ac6a27b7952



ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人生万事塞翁が馬・武人の時... | トップ | 武人の厚顔・傲慢とはこのよ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。