初めてのブログ体験記

これからブログで大活躍

松本市散策

2017年05月29日 13時47分25秒 | Weblog

松本市散策

松本市は400年に及ぶ城下町です。

中町通りには白壁の土蔵造りの商家や、
店舗が数多く残っています。

松本城下町湧水群 平成の名水百選に選定されており、
特に源智の井戸は
市の特別史跡になっています。

松本市美術館の前には
草間弥生(世界を舞台に活躍する前衛芸術家)のオブジェがあります。

松本城の夜景 丁度ライトアップしていました。(pm7:30~10:00)


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

春日部藤通りの藤

2017年05月05日 16時42分02秒 | Weblog


5月5日天候に恵まれ、
春日部市藤通りの藤を見て来ました。
  (自宅から車で50分)

春日部市の藤は市の花に指定されていて、
街中がフジ棚で飾られていました。
藤通りは延べ1100mの藤棚が続き
220本の藤が咲いていました。
またツツジも満開でした。 

平成25年より藤のそれぞれの木には名札がつけられ、
観光客にサービスをしていました。
実際に藤を見に来ている人が沢山いて
スマートフォンで写真を撮っていました。

以下に藤に関する説明をしますが、
必要のない方は飛ばして下さい。(写真36枚)

藤は縁起物の木です。
マメ科のつる性植物で、日本固有種として2つ別れます。
(カッコ内の数字は春日部藤通りの本数)

ヤマフジ系(房は短く、開花が早い)
  シロカピタン(白花美短)(20)
  
アカカピタン(赤花美短)(5)
  
ムラサキカピタン(紫花美短)(50)

ノダフジ系(房は長めで、遅咲き)
  ムラサキナガフジ(紫長藤)(70)
  
シロナガフジ(白長藤)(1)
  
コクリュウフジ(黑竜藤)(70)
  
クチベニフジ(口紅藤)(2)
  
ヤエコクリュウフジ(八重黑竜藤)

春日部藤通りには、このうち7種類が咲いていました。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

大宮盆栽美術館

2017年04月30日 19時31分41秒 | Weblog

4月30日(日)大宮盆栽美術館で盆栽を見てきました。

世界盆栽大会の最終日で沢山の人で賑わいました。

大宮駅の一つ先、宇都宮線土呂駅で降り、
歩いて5分くらいのところでした。

素晴らしい庭園がありましたが、ここは撮影禁止でした。
ところがこの庭園を見渡す二階のレストランのベランダからは
撮影が許可されていました。

私のデジカメは20倍のズームがあるのでこれを使うと
撮影禁止の庭園が大分見えてきました。
ベランダから撮った写真は最後の12枚です。

全部で写真は48枚です。

 

ボランティアのガイドさんから盆栽の見方のポイントを
聞きました。
既にご存知の方は飛ばして写真を見て下さい。

 盆栽は自然を凝縮して70cmくらいにし、
小さいものを大きく見せるものです。
120~450年かけて作り、1000年になるものもある。

正面から見たり、後ろから見たり角度を変えて見る。
(挨拶をするとき相手の状態を観察するのと同じである)
見方には     4つのポイントがある。
①根 根の張り方 盆栽の鉢は変えないから、根が盛り上がり、
 くっついてやがて平になっていく。盆栽を下から見る。 
②幹 幹の形態は直幹と模様木(幹が曲がっている)
がある。
 溝の深いものがよい 
③枝 枝ぶり 盆栽の輪郭を形づくる。
 枝・葉は全体のイメージを左右する。 
④ジン(神)、シャリ(舎利) 
 枝や幹の一部が枯れたもので白い肌を見せる。
 枝の枯れたものをジン、幹のかれたものをシャリという。

 これらの点をポイントに見ると更に興味が出てくる。


コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

秩父市羊山公園の桜と芝桜

2017年04月16日 10時29分25秒 | Weblog

秩父市羊山公園の桜4月15日(土)天候に恵まれ、

秩父市羊山公園、秩父神社を見て来ました。 

羊山公園では桜が満開で、
芝桜の丘は未完成なまだ3部咲きでしたが
満開時が想像でき楽しむことができました。
(写真23枚)

 

秩父神社は秩父夜祭りで知られている
日本三大曳山(ひきやま)祭りで
ユネスコ無形文化遺産にも登録されています。
(日本三大曳山祭りとは京都祇園祭り、飛騨高山祭り)
隣にある秩父祭り資料会館にも寄ってきました。(写真20枚)

 

 

                   羊山公園

       秩父神社

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

上野公園の桜は満開

2017年04月03日 20時00分04秒 | Weblog

上野公園の桜満開

 4月3日天候に恵まれ上野公園の桜を見て来ました。

上野の山は観光客で賑わい,出店も賑やかで楽しい花見が
できました。不忍池にはカモメが飛んでいました。

驚いたことは二つで、まず公園の道路に全くゴミが落ちていないこと
ごみ捨て場が完備していることもあるが、観光客のマナーの良さに感心しました。
二ツ目は”月の松“で上野公園には何回も行っていましたが、
今回初めて気がつきました。

 東京国立博物館が春の庭園開放をしたので見て来ました。
(3月14日~5月7日)

上野公園の東端にあり本館、東館、平成館、法隆寺宝物館等があります。
本館を見ましたが、条件付きで撮影が許されていました。

庭園のしだれ桜が印象に残りました。

写真は2つに分けて載せました。

 1)上野公園の桜 (20枚)

 2)東京国立博物館の桜庭園 (23枚)



           上野公園の桜


            東京国立博物館の庭園

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

グリーンセンター植物園

2017年03月31日 10時00分22秒 | Weblog

グリーンセンター

川口市立グリーンセンターは1967年11月(昭和42年)開園されました。

面積は約16ヘクタール、武蔵野の自然を残した公園で、

四季の花が見られます。

園内には滝、大噴水、熱帯・サボテン温室、梅林、モデル庭園など有り

入園者も多く賑やかでした。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

水戸偕楽園の梅

2017年02月26日 10時28分54秒 | Weblog

2月25日(土)天候に恵まれ水戸の偕楽園の梅林を見てきました。

私の居る,さいたま市より電車で約2時間。

土曜日のため観光客が多く、第121回(2.18 ~3.31)の梅まつりが
開かれていて、
出店や、イベントもあり賑やかでした。

園内の広さは300ヘクタール (1ヘクタール≒3、000坪 東京ドームの64個分)。
約100種類3、000本の梅林があり、また孟宗竹林、大杉森もありました。
インターネットによると樹齢100年以上の梅が120本あるとあり、それらの木には添え木がしてありました。

 約50枚の写真は梅林を中心にして、弘文亭,孟宗竹林、
大杉森、イベント等を撮りました。
アルバムは偕楽園梅林(30枚)と好文亭(20枚)の2つに分けました。

好文亭の2階より千波湖を望む風景は素晴らしいかったです。
(好文亭は水戸斉昭公により休憩所として建てられたあずまや
中国の故事「文を好めば則ち梅開き,学を廃すれば則ち梅開かずより命名されたとのこと
梅の異名を「好文木」という)

 

偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園の並ぶ「日本三名園」です。
1842年水戸九代藩主徳川斉昭公により造園されました。

水戸藩は尾張、紀州と共に徳川御三家です。  以上

 

              水戸の偕楽園

 

         偕楽園の」好文亭

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

第37回 話し方祭り開催

2017年01月08日 22時58分14秒 | Weblog
NPO法人話し方HR研究所主催(墨田区教育委員会後援)の
第37回話し方まつり開かれました。
 
場所 曳舟文化センター(東武スカイツリーライン)
日時 平成28年12月25日 11:30~19:30
内容 1)話し方コンテストの部
   
イ) 一部 課題 話し方を学んで   
(話し方を学んで40時間未満の人 スピーチ時間3分)
出場者 20名
 発表者の全体的な感想 
今まで大勢の前で話す時、緊張した。
それが少しずつ克服できた。)
         
 ロ)二部 課題 話方と人生
(話し方を学んで40時間以上の人 スピーチ時間3分)
出場者 15人
 発表者の全体的な感想
話し方が生活の中でどのように役に立ったか、
また自分の考え方が変わったか等が話された。
   
2)懇親会 
 
一部コンテストの参加者、その関係者、HR会員、
その関係者等初めての出会い、久々の出会い、
また沢山のイベントが用意されていてもっと
時間が欲しかった。 (約60名)
 
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

月の砂漠公園

2016年12月06日 23時18分26秒 | Weblog

12月4(日)、5(月)日 房総半島に1泊で紅葉を見に行きました。
(南浦和駅より約3時間)

御宿(おんじゅく)町の月の砂漠記念館、月の砂漠公園、
近傍の幻の滝、粟又の滝を散策して
小湊鉄道で五井、南船橋、南浦和と帰宅しました。

やはり信州の紅葉を見てきた者にとっては
少し物足りないところもありましたが、
今年最後の紅葉見学でした。

写真は約35枚です。見てください。

月の砂漠記念館・・・ 月の砂漠記念館には月の砂漠の音楽の作詞者加藤まさおの絵画作品がたくさん展示されていました。(撮影禁止)
素敵な絵葉書を買ったので紹介します。

月の砂漠公園にはアラビア風のラクダに乗った王子様と王女様の銅像が建っていました。

粟又の滝は養老渓谷駅の傍で素敵な滝でした。

その近傍には幻の瀧という名前の滝もありました。
紅葉は終わりに近づいていました。
帰りの養老渓谷駅には2匹の猫がいました。


それにつけても信州諏訪の霧ヶ峰、蓼科などの紅葉が
思い出されました。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

南区ふるさとふれあいフェア

2016年11月08日 14時20分26秒 | Weblog

11月15日 浦和競馬場で
南区ふるさとふれあいフェアが開かれました。

近隣の子ども連れの家族が沢山参加しました。
ふれあいステージでのイベント、熱気球搭乗体験、
飲食ブース、フリーマーケットなど賑やかなお祭りでした。

 熱気球搭乗体験

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加